FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
日本車輌大江輸出車輌留置線(?)(名古屋鉄道東名古屋港駅)
昭和20年代の市街地図で東名古屋港駅の辺りを見ると今でも盛業中の三菱重工の工場一角に「日本車輌」の文字があり引込み線がありました。
東名古屋港駅の北西にはかつて日本車輌大江工場(橋梁や高圧タンク、タンク車などを製造。現在は衣浦工場に統合)がありましたが同工場は1961(昭和36)年に置かれたもので昭和20年代にはまだなし。となるとこの「日本車輌」とは?

DSC_0473_201602270000236d0.jpg
現在の東名古屋港貨物ヤード。線路は激減し架線も取り払われて名鉄線ですが入って来れるのは名古屋臨海鉄道のDLのみ。
右には三菱重工、左には中部電力や日本車輌大江工場、大協石油の専用線が分かれてましたが線路が分岐していた面影はなし。

DSC_0468_20160227000020577.jpg
東名古屋港貨物ヤードの南側にはかつ三菱商事専用線がありました。こちらは電化されており直接名鉄のデキが乗り入れていたようです。輸送品はわかりませんが三菱自動車の工場があるので自動車部品でしょうか?
現在では道路に対して斜めに建つプレハブとカーブして続くフェンスに側線があったことが窺われるくらい。
こちらは名鉄貨物末期まで使われていたようです。

DSC_0471_20160227000020d66.jpg
そしてこの海側にもう1本踏切を埋めて舗装した跡。こちらが日本車輌の大江留置線(?)につながっていた線路跡のようです。

1950(昭和25)年6月に勃発した朝鮮戦争で朝鮮民主主義人民共和国軍に攻め込まれた大韓民国軍支援のため米軍を中心とした国連軍が朝鮮半島へ派兵されました。
占領下の日本が補給基地とされ物資の調達のため日本各地の工場がフル操業・・・いわゆる朝鮮特需の状態に。
日本車輌も例外ではなく、国連軍向けの蒸気機関車、貨車を中心とした輸出車輌が大量発注されます。
熱田の本社工場で製造された車両は名鉄常滑線、築港線経由で東名古屋港で船積みされるのですが、これらの車輌は東名古屋港の側線に納まりきらず東名古屋港駅より道路を挟ん新三菱重工の工場一角の敷地を買い取り輸出車輌の留置線を置きました。

DSC_0474_20160227001138a28.jpg
国連軍向けに旧・朝鮮総督府鉄道以来の型式で新製されたミカイ型蒸気機関車や冷蔵貨車などが一時留置され戦場へ送られて行ったのでしょう。これらの車両が戦後まで生き延び韓国国鉄の車両として平和に使われていて欲しいものですが実態はどんなものだったのでしょう。

大江の留置線は後に大江工場を置くときに候補地としていたようですが、三菱側から土地の交換の要望があったようで留置線の土地は三菱に返還。道路を隔て北寄りの土地に大江工場が建設されることになりました。
こちらにも当然専用線が敷かれ、構内用の入換機関車も在籍していました。

スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 00:25:39 | Trackback(0) | Comments(0)