FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
多治見耐火工業専用線(太多線小泉駅)
東濃の中心都市多治見市郊外の小泉駅にあった耐火レンガ工場の専用線。
会社は1937(昭和12)年設立で溶鉱炉の内張りなどに使う耐火レンガを製造しているそうです。
専用線一覧表には国鉄側線とあり、既存の一般貨物用側線を共用していたものと思われます。
専用線は1957(昭和32)年版~1970(昭和45)年版に記載が見られますが、専用線指定以前からも一般貨物扱いで鉄道貨物を使っていたのではないかと思います。
原料の木節粘土は周辺で調達していたようなので専用線は製品出荷や或いは燃料の石炭・コークスなどの搬入に使っていたのでしょうか。

作業キロ:0.1km、総延長:0.1km
作業方法:国鉄機、手押

DSC_0861_20160107235527336.jpg
多治見駅から1駅、市街地の中の駅ですがかつては耐火レンガ工場の背後には田園風景が拡がっていたようです。
利用者も多いためこのクラスの駅としては珍しく有人駅です。
太平洋戦争敗戦間近の1945(昭和20)年7月15日の連合軍戦闘機による多治見空襲では追撃された太多線列車や多治見駅周辺で多くの方が犠牲になっていますがその直前には小泉駅も機銃掃射を受けており、駅長さんが殉職されています。
駅舎はリフォームされているものの当時からのものでしょう。

DSC_0869_20160107235546905.jpg
跨線橋上から多治見方を見た様子。
左が工場ですが古い航空写真で見ても現在と大きく線路配置は変わっていないようで工場に直接側線が入っていた様子は見られません。

DSC_0870_20160107235547326.jpg
跨線橋上から美濃太田方を見た様子。
となると左の貨物側線(現在は保線車の留置線)が専用線を兼ねていたものと思われます。

DSC_0871_201601072355497b1.jpg
逆光でわかり辛いですが貨物ホームが付け足されてます。二軸貨車2両分程度のところにもう2両分後付けした感じ。
ホームを延長してその分を専用線として2両分専用で使用したのでしょうかね?

DSC_0863_201601072355291cc.jpg
旧貨物ホーム側から見た様子。ホームの駅舎寄り部分は駅前広場の歩道の一部となっています。
増設部分は歩道にされず、囲いのコンクリート部分以外は未舗装状態。

スポンサーサイト



テーマ:写真 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 23:46:24 | Trackback(0) | Comments(2)