FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
名古屋営林局金木戸森林鉄道(一級線)~1~
これまで3戦3敗している金木戸森林鉄道~。
林鉄行の強い味方SKW氏と4度目の挑戦です。

金木戸森林鉄道は1947(昭和22)年の林政統一前は大阪営林局の管轄で1931(昭和6)年度より建設されています。
双六・金木戸谷はブナが多い飛騨北部には珍しくヒノキや杉の輸送があったようです。

特に急峻な地を行く路線のため難工事による犠牲者もありましたが1935(昭和10)年度に砂場~終点18,846mが完成。
一方で神岡水電との協議が遅れたことから着工が遅れた起点側の浅井田貯木場~砂場2,861mも翌1936(昭和11)年度中に完成して本線に当たる部分が全通しています。
林政統一後はは名古屋営林局の管轄となり、1955(昭和30)年には浅井田貯木場~中ノ俣までが二級線から一級線に格上げされていますが10tのような大型機関車が入ったことはないようです。
名古屋局内では最後まで残った大規模森林鉄道でしたが1961(昭和36)年度の最終運材まで木製単車積みの運材貨車が主流で貫通エアブレーキも装備されませんでした。

DSC_0825_20151016000641df5.jpg
浅井田貯木場~双六ダムはトンネルなども残ってますが大部分が一般道になっているので一気に双六ダムまで来ちゃいました。
去年来たときと変わらず透き通ったダム湖。やはり紅葉が始まってからまた来たいところです。
紅葉と静寂の金木戸渓谷

DSC_0828_201510160006431e8.jpg
さて金木戸発電所まで来ると水圧鉄管の補修工事なのか仮設インクラインができていました。
実際に林鉄が通っていたのはこの水圧鉄管の上の方なんですがそこまで行く根性はない(爆)

DSC_0834_201510160006442c6.jpg
今日もゲート前には工事関係の車が何台か。
ゲート前の係の人に聞いたら「徒歩ならいいよ」とのこと。「車通りが多いから気を付けて」と送り出されていざ中ノ俣の分岐点へ物好き2人組が進入(笑)
一級森林鉄道跡なのですが勾配はかなりきつく、平均勾配33.3‰、最急勾配50‰とのこと。

金木戸森林鉄道の列車
森林鉄道の運行期間は積雪期を除く5~11月(積雪状況で前後)で現在の黒部峡谷鉄道並の運休期間がありました。
機関車1台当たり8~10台の堀田式ブレーキ装備の山トロを牽く列車が4、5編成仕立てられ続行運転で1日1往復。1編成に3、4名のブレーキ手が乗務していましたが、後に人件費の高騰や電力会社の工事要員の方が給与がいいと人が流れてしまったため、ブレーキ手1人で手綱操作により全運材貨車のブレーキを掛けられる装置を開発していたようですが廃止までに実用化されたのかは不明です。
機関車はホイットカム、加藤、協三など4~5t機の写真が見られますが末期は局内各地の廃線になった林鉄から機関車を集めていた様子。

DSC_0835_20151016000645ebe.jpg
一本目のトンネル。トンネルと言うよりは山腹につくられたガレージのようになってしまってます。

DSC_0836.jpg
だんだん山深くなりますが案外暑く、10月と言うのにミンミンゼミまでいました。
この日の朝には東海北陸道六厩付近で3℃を体験したのですが(笑)

DSC_0837.jpg
途中にも行き違いなど交通整理のため警備員さんが何か所かで無線機を持ってお仕事中でした。
挨拶をして通ると「もうすぐ車が高速で上がって来るからなるべく隅によって気を付けて歩いてね」とのこと。

・・・・・高速?(・ ・;)

スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(名古屋営林局) | 22:18:48 | Trackback(0) | Comments(0)