FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
奥羽本線神町駅駐留軍専用線(奥羽本線神町駅)
昨年の東北旅行で奥羽本線に乗った際にただごとならぬ雰囲気を纏った駅がありました。
神町駅・・・東根市内ながら交換設備は撤去され棒線一本だけの小駅なのに巨大な木造駅舎があります。

DSC_0017.jpg
車内から見て異様な雰囲気を感じたこの重厚な雰囲気を感じる駅舎。
この駅舎ができたのは進駐軍占領下にあった1947(昭和22)年、近くに進駐軍の駐屯地(現在は陸上自衛隊の神町駐屯地)があることから神町駅~駐屯地に専用線が敷かれ、神町駅構内にはRTO(連合軍鉄道司令部= Railroad Transportation Office)が置かれており、駅名標下の重厚な扉がその入り口だったとか。

DSC_0008_20150722211255fc7.jpg
片流れの屋根で駅表側から見るとさらに巨大なイメージ。
駅入り口の「神町駅」の漢字表記より2階の「JINMACHI STATION」の文字のが遥かに目立つのも占領下の名残。
現在では駅が無人化され、奥羽本線を共用する山形新幹線は止まりませんがタクシーは常駐していますね。

DSC_0014_2015072221125858f.jpg
駅入り口から入ると天井は吹き抜け、しかし2階部の明り取りには波板が貼られて何だか残念なことに・・・。

DSC_0011_20150722211257407.jpg
閉鎖された駅窓口の隣には一段低いチッキ(小荷物)扱いの窓口も残ってますね。

DSC_0020.jpg
肝心の専用線は福島方の乱川の手前で東へ分岐して駐屯地へ続いていたものの1956(昭和31)年の進駐軍駐屯地返還により廃止。跡地も農地や宅地、道路になってほとんど残ってないようで、現在の自衛隊駐屯地までは実際に見に行ってません。

DSC_0021.jpg
名残りは神町駅舎横にある貨物側線の車止め跡くらいでしょうか。

DSC_0022_20150722225658d58.jpg
戦前は駅舎の反対からナローの谷地軌道が分かれていましたがその後は工場かと山形空港(海軍航空隊の飛行場として置かれた)により跡形もありません。
反対側にあるのは列車交換ができた頃のホームをつぶした跡と複線用架線柱くらい。



スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 23:00:07 | Trackback(0) | Comments(0)