FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
大阪営林局船津営林署笠谷森林軌道~その2~
前回に引き続き笠谷森林軌道です。

DSC_0472_20150611220130239.jpg
林道脇に軌道時代からのものと見られる丸石の土留め擁壁がちらほら。

DSC_0476.jpg
現笠谷林道はすぐにヘアピンで高度を稼ぎにかかります。
その1つ目のカーブの奥を見ると・・・。

DSC_0484_201506112201359f9.jpg
石積みの路盤があり、その末端は橋台になっています。

DSC_0487.jpg
林道との高度差からすると林鉄はこの手前で2回ヘアピンカーブをしていたはず。
というわけで起点方向を振り返っても・・・跡形もないです。
以前は廃棄物処理場だったようで地形が残っていません。

DSC_0480_2.jpg
橋台より山側は斜面に木造の桟橋が連なっていたのでしょう。
橋脚は土の斜面から直接木材を建てていたようでコンクリートの橋脚跡などは見当たりません。
奥には路盤が続いているようですが、地形図で見るとすぐに崩壊地へ突入するようなので深入りしてません。

<笠谷森林軌道の機関車>
笠谷森林軌道に何台のガソリン機関車が導入されていたかは分かりませんが、1台は1930(昭和5)年藤原製作所製の4.5t機でした。
後に蒸機改造の地方私鉄向けディーゼル機関車製造で名を馳せる森製作所創業者の森貫一氏がこの機関車製作にも携わっていたようで、機関車表フルコンプリート版(沖田 祐作編)では1935(昭和10)年森製作所製、納入先は高山営林署笠ヶ岳事業所となっています。
笠谷は営林署では船津営林署(戦後神岡営林署に改称)所属で高山営林署に属していたことはありません。メーカーとしては飛騨の中心地にある高山署に納品して、その後船津署笠谷へ配属したということでしょうかね?
鋳物台枠で加藤製作所や酒井工作所の機関車と見掛けは大差ありません。
kasatani.png
藤原製作所製4.5t機牽引の笠谷森林軌道運材列車のイメージ。
現車の写真は見付けられなかったので同型の帝室林野木曽支局三殿22号機の写真(改訂新版 木曽谷の森林鉄道(西裕之・著/ネコ・パブリッシング))を元に描いています。フードカバーの形状は不明ですが林鉄はオーバーヒート防止のため外してる姿のが通常モード(?)なので良しとしてます。元写真ではフードカバーどころか運転席ドアも取っ払われていました(^ ^;)
塗装は分からないので取り敢えず旧・帝室林野機の茶色にしてあります。なお、キャブの窓下には製造銘版と思われる長方形の銘板が付いていました。
山トロは同じ船津営林署(林政統一後に名古屋営林局へ移管し神岡営林署に改称)の金木戸森林鉄道でも見られたロープやワイヤでブレーキてこ操作する方式としました。
笠谷と隣の下佐谷とも軌道は通常1編成で10~12台の山トロを牽いて1日2往復。国有林材だけでなく木炭や民間の一般貨物(民材、干し草など)もあったようですが笠谷は隣の下佐谷の軌道と比べ沿線に集落がないことから笠谷だけで民間貨物がどの程度あったかは不明です。

kasatan_gl2i.png
藤原4.5t機正面からの姿。窓は両サイドが縦長で外側に開く方式、中央は引違式の2枚窓かな?
同時期の加藤の機関車でも見られた窓配置。
特徴はフード上部をR仕上げとするのではなく、Milwaukee社製の機関車のように尖らせてあるというくらいでしょうか。

同型の機関車は大阪営林局日原営林署(島根県)に1台、帝室林野局木曽支局に2台納品されています。
購入から廃車まで分かっている限りでは以下の通り。
 ・大阪営林局1931.3購入    日原署(鈴の大谷林鉄?)→山崎署音水林鉄No.25→1950年頃廃車
 ・帝室林野木曽支局1930購入 ?出張所No.22→長野営林局?署No.22→No.18に改番→長野署(御巣鷹林鉄?)1957.7廃車
 ・帝室林野木曽支局1930購入 ?出張所No.23→長野営林局?署No.23→三殿署(与川・蘭林鉄)1949廃車
エンジンの型式は大阪局機は不明ながら木曽は2台ともアメリカのBUDA製KTUという4気筒のガソリンエンジンを搭載していました。当時のガソリンカー、機関車でやポピュラーなエンジンで、笠谷のも同エンジンを搭載してたのではないかと思います。

参考文献:
船津営林署概況書 昭和九年、昭和一二年(船津営林署)
大阪営林局統計書 各年度(大阪営林局)
飛騨の山々(岡本胡伊治・著/飛騨観光連盟)
機関車表 フル・コンプリート版(沖田 祐作・著/ネコ・パブリッシング)
林鉄の軌跡(伊藤 誠一・著/ないねん出版)
改訂新版 木曽谷の森林鉄道(西裕之・著/ネコ・パブリッシング)
森製作所の機関車たち(名取紀之/ネコ・パブリッシング)

スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(大阪営林局) | 23:31:00 | Trackback(0) | Comments(0)