FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
名古屋営林局久々野営林署青屋森林鉄道(二級線)~その1~
帝室林野局高山出張所が1937(昭和12)年度に建設した森林軌道青屋線。
現在の岐阜県高山市朝日九蔵集落の九蔵土場から飛騨川の支流である青屋川を遡り青屋伐木事業所を結ぶ5,764.9mの路線でした。
1938(昭和13)~1939(昭和14)年度には青屋事業所より先に2,600mの作業軌道もできて、ガソリン機関車が作業軌道まで直通運転していました。
太平洋戦争が泥沼化する1943(昭和18)年には燃料節約のため作業軌道への機関車乗入を中止、牛曳きへと後退。
1944(昭和19)年には青屋伐木事業所が閉鎖され、野麦峠寄りに丁子口伐木事業所が開設。
官業伐木事業の主力が野麦・日陰沢へ移ったようです。林鉄自体は残務処理のため戦後の林政統一後も名古屋営林局高山第二営林署→久々野営林署の青屋森林鉄道(二級線)としてしばらく残っていたようですが、1950(昭和25)年度より丁子口事業所の野麦・日陰沢森林鉄道へ資材や車両を転用するため撤去作業が始まります。
次第に短縮されて1954(昭和29)年度には撤去が完了するのですが、一方の野麦・日陰沢森林鉄道も短命に終わり青屋森林鉄道と同時期に廃止となってしまっています。

DSC_1371_20150505215925358.jpg
高山本線久々野駅から15㎞ほど東へ行った九蔵集落入り口付近が九蔵土場跡のようですが。
右の牧草地(?)が広さや平坦に造成された感じが貯木場っぽいような・・・。
なおリンク先のくるまや軽便鉄道さんが聞き取り調査されたときはもっと奥が土場跡という地元の方の証言があったそうです。
九蔵本谷軌道 その1
久蔵本谷軌道 その2

DSC_1368.jpg
今回は通ったのがお昼時で農繁期とは言え人の姿が一切なく聞き取りできず(- -)

DSC_1366.jpg
さっきの場所が土場ではないかと思う根拠がこの場所で撮られたと見られる運材列車の写真の存在。
この道の右端に併用軌道(?)が敷かれ、木材を単車積みした山トロを牽いて下って行く列車の写真が「くぐの地域と共にあゆんで(久々野営林署/編)」に載っているのです。

DSC_1325.jpg
くるまや軽便鉄道さんが聞き取り調査された際に土場跡と証言があった位置から九蔵集落中心部を望んだ様子。
こちらが土場と推定した場所から700mくらい山側の場所です。
ここが野麦・日陰沢森林鉄道へ資材供出のためレール撤去した際に置かれた中継土場ではないかとも考えられそうです。
集落内を貫く併用軌道なので地元から早く撤去して欲しいという要望が上がってたとしても不思議ではありませんし。

DSC_1326.jpg
ここから未舗装道になります。
勾配がきついですが戦前に敷設された森林軌道では60‰や66‰など碓氷峠並みの勾配が存在するのはざらだったようで。よく戦前製の非力なガソリン機関車で上れたものと感心します。

DSC_1358_201505052254097a7.jpg
切通し入口の絶景ポイント。九蔵本谷にそそり立つ岩壁の向こうに九蔵集落が見下ろせます。
が、ここで早速障害が・・・

DSC_1332.jpg
林道上にアカマツが倒れ、落石がゴロゴロ。
確かに脆そうな岩盤ですが倒れているアカマツが若々しくてまだ自然に倒れるような木には見えず。
何か釈然としないものを感じながらも落石に注意しながら乗り越え。
ところでこの切通し、軌道時代はトンネルだったのではないかという感じがします。

スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(名古屋営林局) | 23:12:19 | Trackback(0) | Comments(0)