FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
東京営林局気田営林署熊切森林鉄道(2級線)~1~
1938(昭和13)年に帝室林野局名古屋支局気田出張所が敷設した路線。
1947(昭和22)年の林政統一後は東京営林局気田営林署管轄下となっています。
路線は麦島貯木場~川上国有林に敷かれており、長い時で6,697mあったようです。
同じ営林署内の本線格(?)に当たる気田森林鉄道とは線路はつながっていない離れ小島的な存在の小さな森林鉄道でした。
それでも気田森林鉄道廃線後も残り1966(昭和41)年まで運材列車が走っていたようです。

大井川鉄道下泉駅側(静岡方面)から国道362号線でハナヅラ峠、久保尾辻(峠の上に交差点がある)を越えて杉川を渡るところに起点となる麦島土場がありました。
この地は林鉄が開業した頃は静岡県周智郡熊切村、1956(昭和31)年の昭和の大合併で春野町、平成の大合併を経た今日では浜松市天竜区となっています。

DSC_0251.jpg
麦島土場の跡。
以前は建物などが残っていたようですが今となってはただの広場に・・・ちょっと来るのが遅かったかな?(^ ^;)

土場を出るとすぐに杉川を渡って右岸の集落を通り抜けます。
しばらくは併用林道なのかゲートも何もなくフラットダートの走りやすい道が続きます。
ところが次に杉川を渡る薬師橋の手前で倒木が道を塞いでました。
そう太くはないけど人力では退かせないので、歩いてちょっくら先まで行こうかと・・・。

DSC_0212.jpg
車を止めた横を見ると林道上に枕木?
いやいや・・・こういう場合はどうせ砂利流出防止用のゴム版を嵌めてた土台跡とかでしょう(- -)
でも念のため少し地表を削ると

DSC_0245_20150112184237e75.jpg
あっさり犬釘が出てきた・・・枕木に砂利を被せて埋めただけですね。
車であっさり通過したら気が付かなかったことでしょう。

DSC_0215_20150112184234377.jpg
薬師橋の下流側にある林鉄の橋梁跡。麦島側の橋台は現林道建設の際に壊されたようで、コンクリート橋脚も1基は倒壊。終点側の橋脚1本が見えますが構造は気田森林鉄道で見たのとよく似ています。

DSC_0217_201501121842357a5.jpg
薬師橋の終点側橋台、木橋だったようです。
ひょっとしたら新線の鉄橋が現林道の側に架かっていたかもしれませんが日暮れ近い時間だったこともありよく見ていません(_ _)

DSC_0219_201501121852449df.jpg
林道起点から2kmのキロポスト。
鉄道用と同じ根元が黒で上が白地に黒文字のキロポストも良いですが、この八角形のキロポストもなかなか味がありますねえ。
こちらも0.5㎞毎に立てられています。

スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(前橋、東京営林局) | 19:23:34 | Trackback(0) | Comments(0)