FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
古川営林署大谷山森林鉄道~大谷製品事業所付近~
神岡の金木戸森林鉄道巡りが短時間で終わってしまったため春に少し寄った古川営林署大谷山森林鉄道を再訪しました。
<前回>
古川営林署大谷山森林鉄道~その1~
古川営林署大谷山森林鉄道~その2~

前回は林道を横断する溝が掘られていた場所で引き返しましたが、あれは工事中だったようで今回行ってみると真新しいコンクリート溝と蓋が設置されていました。
そしてゲート前へ~。

DSC_0757_20141108232443d13.jpg
チェーンと「一般車両進入禁止」の札を掛けた簡易ゲート。
車両通行止めなだけで歩行者まで立入禁止とはなっていません。
ゲートの鉄柱がレール利用では・・・と期待していたのですがただの四角断面鉄柱でした(- -)

DSC_0754.jpg
よくある水源かん養保安林の看板ですが林鉄跡巡りでは重要な情報源~。

DSC_0754_1.jpg
しかも名古屋営林局時代のものなので有難いです。
林鉄は3路線あったようですがどの支線林道が該当するのかまだわかりません。
1本は線名が大谷山11林班支線・・・もう1本は数字の上で出てくるだけで線名も区間も不明。
1952(昭和27)年度に廃止になった4㎞程度の路線ということがわかっているのみ。

DSC_0759.jpg
ゲート横の片野川に橋脚が2本残っています。
右の橋脚は構造的に林鉄の木橋のものと思われますが・・・左の橋脚は何か立派過ぎでは?
右の橋脚は角張って細いのですが左の橋脚は長円形の断面で太くなってます。コンクリートも右のより新しそうです。
途中で架け替えたのかな?
また、この対岸にはかつて片野集落があり集落跡らしい平場が見られます。

DSC_0765.jpg
ゲートの先すぐの場所に大谷製品事業所跡があります。現在残る建物はこれだけ。

DSC_0790.jpg
紅葉の綺麗な大谷山林道(今の名前は夏厩大谷林道?)を遡ること約40分・・・ただの林道で特に鉄道の遺跡はなし。


DSC_0782_201411082325190bb.jpg
金山谷出合には中央部を吹き飛ばされた砂防堰堤跡が。
左は大谷第5支線、右は大谷山林道、金山谷支線が続いています。

さてそろそろ日暮れになるので折り返すことに。

スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(名古屋営林局) | 23:52:28 | Trackback(0) | Comments(0)