FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
加藤製作所製6.5tディーゼル機関車
身延線南甲府駅近くの倉庫会社さんが保存しているこの加藤製作所製6.5t機。
鋳鉄製台枠の前後にエンジンとキャブを載せており、森林鉄道の機関車と同様のスタイルです。
大体の林鉄機関車は5~10t程度なので大きさも似たようなものですが、上松運輸営林署にいた10t機の酒井C4何かと比べたらこちらの方がずっと小柄。

DSC_0567_201403192257447b8.jpg
製造は1952(昭和27)年。前面窓は3枚窓の内、両端の窓が天端を中心に前へ開く方式。
これ以前は引き違い式の2枚窓(その型のは鹿児島で保存されているはず)でしたが、窓が大きくなって明るい印象になりました。
機械式(自動車で言うとマニュアル)変速で動力伝達はチェーン、この機関車は貫通ブレーキも装備していなかったようでエアーの配管がありません。

DSC_0569_20140319225745b5a.jpg
昔は貨物扱いが盛んなところにはよくいた鋳物台枠の6.5~15t機。今や貴重な存在となってしまい、現役線路上で動ける状態のものは大井川鉄道井川線のDBくらいでしょうか。

DSC_0579_2014031922574640b.jpg
1067mmゲージ用ですが、車体幅は狭く1800mm弱(同型車で1778mmとあったので)しかありません。
そうなると困るのは入換で貨車を推進運転する時・・・貨車の車幅の方が大きいので運転手の視界を貨車の妻板が占めてしまい前が全く見えません(^ ^;)
操車さんが貨車の先頭に添乗するだけでは手旗合図が見えないので、もう1人機関車と並んで歩きながら先頭で振られる手旗を監視しながら運転士さんに手旗を振る係が必要になりますね。

スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

スイッチャー | 20:35:26 | Trackback(0) | Comments(0)