■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
米子近辺うろうろ~その3~
法勝寺鉄道の続きです。
DSC_1121.jpg
路盤が完璧に消えた田園地帯を抜けると手間駅跡。
西伯郡南部町の中心地に近い場所で、中間駅としては最大の駅だったようです。
最後までこの駅で列車交換も行われていました。

DSC_1123_20130916205553921.jpg
法勝寺までの本線はほぼ道路化と耕地化で面影が線形くらいなものですが、戦時中に廃止された母里支線にはかなりの遺跡が残ってます。
阿賀駅跡から島根県との境の峠に向かう途中
道路端に怪しげな石積みが見られます。

DSC_1124.jpg
草木に埋もれてはいますがパラペットもあり橋台だったことがわかります。
ということは電車は今の県道よりも若干高い場所を走っていたのでしょうかね。

DSC_1126.jpg
橋台脇の未舗装道路(というより廃道?)を150mくらい進むと県境を越えていた旧二重隧道が残ります。
かつては軽トラくらいは通っていたようですがまだ貫通してるのでしょうか?
伯耆大山入換昼の部撮影のこともあるのであまり深入りせずに帰って来てしまいました。

さて法勝寺駅跡近くの西伯小学校で保存されていた池上電鉄出身のデハ203ですが整備のため現在JR後藤工場に入場中らしいです。
鉄道現役時代も大規模な車両改造などは後藤工場で面倒を見てもらっていたようで、縁のある工場からどんな風になって出てくるか気になるところ。
前回来た時に撮った商店街のハフ50は今回場所を忘れてしまい寄る時間もなくなったのでパスしちゃいました。

スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

廃線跡(一般鉄道) | 20:00:15 | Trackback(0) | Comments(0)
米子近辺うろうろ~その2~
時間つぶしのため米子駅に戻ってレンタカーで日の丸自動車法勝寺鉄道跡へ。
鳥取県では戦後も残った唯一の電気鉄道でしたが1967(昭和42)年に廃止されています。
ここにいた電車のうちデハ205は元名鉄モ103。さらに元は尾西鉄道(現名鉄尾西線など)デボ103で、僕のHNの由来たる「西宮後駅」に実際止まっていた電車・・・ってことで行っておかねば♪(何のこっちゃ^^;)
末期まで残った電車は他に池上、目蒲電鉄出身(何れも現東急)、客車も怪しげなものが揃ってましたがここでは省略。

DSC_1115.jpg
米子駅裏手から廃線跡は路地になってますが、山陰道米子南IC付近までは開発で鉄道らしい面影がありません。
米子病院の辺りからようやく廃線跡らしい道になり法勝寺川の堤防下に出ます。

DSC_1118.jpg
青木駅跡には駅名板らしきものがつくられてます。

DSC_1119.jpg
法勝寺川から少し離れ山の裏を回り法勝寺川に直交するように線路が敷かれてましたが耕地整理で道路化されなかった部分もあり、前後の道路の線形から想像するしかありません。
法勝寺川を渡る直前にあった大袋駅跡には建物(元工場?)があり、その横には橋台が。

DSC_1120_201309162055493c0.jpg
法勝寺川には昭和50年頃にはまだ橋脚も建っていたそうですが今は何もなし。
法勝寺方面の路盤も耕地整理で完全に消え失せてます。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

廃線跡(一般鉄道) | 21:09:10 | Trackback(0) | Comments(0)
米子近辺うろうろ~その1~
一夜明けて朝は伯耆大山のスイッチャー。
初めて訪れる専用線なので勝手がよくわからず、駅の周りをぐるりと回ってから取り敢えずホームで待つことに。
コキが側線一杯に止まっており、工場からスイッチャーが出て来てもすぐ戻るだけっぽいなあ・・・と思っていたら日立25tのNo.9が出て来ました。
案の定すぐに引っ込んでしまいあまりろくなカットで撮れず~次に出てきたのは1時間後。
DSC_1101.jpg
JR貨物の20t移動機と並びます。

DSC_1103.jpg
元々山陽本線万富のキリン麦酒専用線にいた機関車らしいですが・・・

DSC_1.jpg
ってことは加悦に保存されてる加藤6.5t機の後輩ってことですね。

DSC_1108.jpg
1時間後にまた出て来てコキ車を引き込み。
次動くのはお昼頃らしく、かなり時間が空くので時間つぶしにどこへ行こうかな?

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

スイッチャー | 22:27:43 | Trackback(0) | Comments(0)
沖ノ山森林鉄道の協三5t機
阪神電車など撮りつつ移動し上郡から智頭急に乗車。

智頭急行恋山形駅から徒歩20分くらいの旧智頭町立山形小学校に保存されている沖ノ山森林鉄道の協三5t機を訪ねました。
ココの保存車は雨曝しで行く末が心配されていましたが、訪ねたところ何と上屋工事の真っ最中!
現地で伺ったところ「8月25日に屋根が付くよ」とのことでしたので、今頃は目出度く屋根の下に落ち着いていることでしょう。
状態が悪いと言われてましたが寸又峡の4.8t機ほど欠品もなく、手遅れにはなっていない様子。

沖ノ山森林鉄道は大阪営林局鳥取営林署の森林鉄道2級線で1967(昭和42)年頃に廃止されているようです。

DSC_0986.jpg
上回り黄色、台枠赤の塗装はJOINさん発刊の「三重県の森林鉄道」に写っていた尾鷲営林署大杉谷林鉄の機関車と同じです。ということはこれが「大阪営林局標準塗装」ということでしょうか?

寸又峡と同じキャブ上にエアタンクを担いだエアブレーキ装備機ですが引き通し管がなく、貫通ブレーキにはなっていなかったようです。
コンプレッサも無くなっていますが、保存後無くなったのではなくあるいは沖ノ山転属時に撤去したのかも?

DSC_0987.jpg
協三5t機は大阪営林局に直接納入されたものはないそうで、1956(昭和31)年時点の鳥取営林署所属機関車にもそれらしいのはいません。
加藤、松岡、野村組機と岩手富士の特殊軽量機がいたようです。

DSC_0997.jpg
窓枠はHゴム押さえでなく金属押さえの古いバージョン。
寸又峡や青森、津軽中里で保存されているのよりも古いタイプで、このタイプで他に現存するものは未確認。
昭和20年代後半に製作されたものと思われます。

東北や東京、名古屋局管内には結構多くいましたが、昭和30年代半ば頃に路線の廃止が進んでいるのでその辺からの転属機とも考えられそうですね。
今のところ現存機が全くいない僕の地元の名古屋局機だったら大発見なのですが(^ ^)
年代的には名古屋局小坂、付知林鉄に候補になりそうなのが4両いますね~(笑)

DSC_1012.jpg
ラジエターグリル上にある協三工業の陽刻に緑の塗装片が。
かつては根利のホイットコムのような緑単色塗りだったのかも知れませんね。

DSC_1001.jpg
後ろにはトロが2台。
貫通制動付きモノコックトロなぞは配置されていなかったのでしょうか。
よく見ると手前のトロには梁側面中央に穴が開いてます。
もしかするとここにブレーキ用の梃子が付いていたのかも?
ブレーキを掛けるときはトロに乗車したブレーキ手が機関車のブレーキ合図(警笛)により手綱操作してたものです。

ところで協三「4.8t機」、「5t機」と書かれることがありますが当方違いが分かっていません(爆)
5t機と言っても5.000tきっかりと言うわけでもないですし、同じものを指していると思っていますが仕様が違うのでしょうか。
撮影時にメジャーを持ってなかったのでふと気になったのでした~。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(大阪営林局) | 22:40:54 | Trackback(0) | Comments(0)
摂津本山の神戸市電1155号
元四日市塩浜のスイッチャー(蒸機ですが)の取材に行ったとき一緒にいた車輌です。
こちらの市電も保存されていることはすっかり失念してました。

場所は摂津本山駅から南へ阪神国道を渡って阪神青木駅へ向かい徒歩10分弱の小寄公園。
距離的には青木駅の方が若干近いでしょうか。

DSC_0937_20130901212657686.jpg
1956(昭和31)年川崎車両製の1150形1155号です。
窓上部にRが入った優雅な感じのデザインは如何にも神戸市電らしいですね。
現在はちょっと色褪せて錆が目立ち始めた感じ。
3,4年前に綺麗に塗り直された写真を見た気がしますが屋根無し野晒しではこうなってしまうようで。

DSC_0939.jpg
1150形は8両おり、神戸市電廃止後1150形は7両が広島で再就職が適ったのですが何故かこの1155号だけ廃車になってしまいました。
神戸市が1両くらいは手元に置いときたかったのかな?

DSC_0943_2013090121270061d.jpg
広島に行った仲間も現在では廃車が進み、現役は1156号だけとなったようです。

DSC_0947.jpg
系統版差上部には蛍光灯が付いていたと思しきカバーが付いてます。
そこらの路面電車とは何か一味違いますね。

神戸市電と言えば映画「少年H」で出てくるカットが結構ありましたね。
車内のシーンでは700形と思しきクロスシートの市電が出てきました。
電灯カバーのデザインも凝っててさすがは洒落た神戸の電車です。
その撮影には名谷車庫で保存されている705号を使ったとか。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

撮影行 | 21:55:38 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

まとめ