FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
旧名鉄柳橋駅跡 補遺 ~137号の仲間~
柳橋交差点の歩道タイルに図案化されている137号は昭和初期早々に廃車されてますが、鋼体化や電動貨車化されて生き延びたものもいました。
市営化後、このグループはSSA型と呼称されていましたが、1926(大正15)年にそのうちの60,118号が改造され電動貨車1,2号となっていました。
内2号は専用軌道が多い下之一色線で保線作業や除草剤散布に1969(昭和44)年の廃線まで使われた後に保存されていました。

1995(平成7)年ですからもう18年も昔・・・(^ ^;)
当時中学生で、金沢から引っ越して半年ばかり経ち名古屋近辺をあちこち見て回ってました。

950507-1.jpg
東山動植物園で保存されていた頃の電動貨車2号。
オープンデッキですが前面窓が付き多少は運転環境が改善していた様子。

950507-2.jpg
客室部を取っ払い、モニタールーフが消え失せ無蓋化、下之一色線での架線保守用に天蓋(と言うより足場?)が付いています。
台枠は切り詰められ、台車も履き替え原型を留めている部分がどれ程かは全くもって不明・・・。
妻板も丸みを帯びていますが原型は平妻のはず、台車はBrill21-Eでしたが原型はPeckham・・・札幌市交通資料館の10号が履いているのと同じだったようです。

950507-3.jpg
運転台は至ってシンプル。

950507-4.jpg
この撮影から間もなく解体されてしまったのですが、この妻板下部は去年赤池のレトロ電車館に置いてあるのを見掛けました。

950507-5.jpg
大正15年5月改造とありますが製造年は書いてありませんでした。
古過ぎてあまりよくわからなかったのでしょうか。

スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

名古屋市交 | 23:52:57 | Trackback(0) | Comments(0)