■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
川崎重工業岐阜工場専用線(高山本線蘇原)
高山本線蘇原駅は各務原市の工場街にあります。
裏手には川重の大きな工場があり、その向こうは名鉄各務原線を挟んで航空自衛隊岐阜基地。
元は陸軍の航空隊が置かれ、そこに関連工場が集まった航空機の町と言えます。
高山線は1920(大正9年)11月1日に岐阜~各務原が開通してますが、まだ蘇原駅は置かれませんでした。
専用線は蘇原駅開業以前から存在していたようですが、駅開業により大幅に敷き直したものと見られます。

作業キロ:0.2km 総延長キロ:0.3km
作業方法:国鉄機

専用線一覧では1957(昭和32)年版から記載があり1983(昭和58)年版で消えています。
蘇原駅の貨物扱い廃止が1978(昭和53)年なので専用線もその頃無くなったものと見られます。

sohara.gif
蘇原駅開業前の1937(昭和12)年には既に本線分岐の専用線が敷かれていたようです(緑の線路)。
1942(昭和17)年6月1日に蘇原駅が開業。
1944(昭和19)年には現在の構内配線+専用線(黒線)がほぼ出来上がっています。

配線図参考:川崎重工業岐阜工場50年のあゆみ

DSC_0560.jpg
以前は木造の立派な駅舎があったのですが今では小さな無人駅。
バックの川重の工場の巨大さの方が目立ちます。

DSC_0545.jpg
蘇原駅を通過する上りのワイドビューひだ。
通過列車は直線になっている2番線を通ります。
下り停車列車用の1番線と待避線の3番線があり、普通同士の交換+特急通過待ちの場合3列車が並びます。

DSC_0549.jpg
もう1つ本屋側にも貨物側線が。
かつては2本あったようですが、今は1本で保線車のバラスト積込線になってます。

DSC_0547_20121212160507.jpg
3番線の川重側には側線を撤去したスペースあり。

DSC_0555.jpg
手前の2棟の前に貨物ホームがあり、今でもその雰囲気は残っていますね。

スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 22:47:06 | Trackback(0) | Comments(0)
八田駅の専用線群3
●三菱重工岩塚工場、秩父セメント八田SS専用線
ようやく廃線画像です。
現在は高架化により関西本線の八田駅は名古屋寄りに移動しており、専用線分岐跡は現在の八田駅から亀山寄り500mほどの場所にあります。

DSC_0670_20121219212433.jpg
左の高架は近鉄名古屋線。
近鉄名古屋線が地上を走っていた時代もここだけ築堤を上っており、専用線をオーバークロスしてました。
近鉄線より専用線の方が先に敷かれていたのでそうなったと思われます。
フェンス部分が専用線跡。

DSC_0671.jpg
分岐した廃線跡はフェンスに囲まれた敷地に。
向こうのカーマがSSの跡。

DSC_0672.jpg
三菱重工専用線はカーマの向こうに続きます。
カーブした敷地に辛うじて名残が感じられる程度。
SSは左の方、前回UPの現役時写真はもう少し左から撮ったことになります。
新旧比較写真も撮れますが自転車置き場が写るだけなので没(笑)

DSC_0673.jpg
専用線現役時はまだできていなかった道路を横断すると市バスの「竪出」バス停。
バス停後ろの駐車場そして奥の白い壁の工場が線路跡。
バス停の後ろで敷地が少し斜めになっているのが専用線の線形でしょうか?

DSC_0676.jpg
日本毛織→三菱重工の工場に専用線が入っていた跡。
線路の跡地は別の会社の土地になっているようです。
かつてはこの辺で線路が分岐し複線になっていた模様。
会社の駐輪場入口ですがどうもこれが鉄道門を流用したような雰囲気。

DSC_0677_20121219212454.jpg
三菱の工場の万年塀沿いに線路が続いていたようです。
戦時中につくり掛けたという稲葉地工場への専用線が先に続いていましたが、
開発で路盤が消え失せたようなので現地調査してません(^ ^;)

★元八田のスイッチャー
DSC_0203.jpg
秩父セメント専用線の1969(昭和44)年製協三10t機D804。
坂祝に移って予備機(?)となっていたものの使われているのを見たことがないです(^ ^;)
2007(平成19)年に貨物が廃止になり失職し2012年現在も坂祝のSW庫に佇んでます。

DSC_0215.jpg
小野田セメント専用線三岐通運の1971(昭和46)年製日立25t機。
説明板にはDB25とありますが車体にそれらしい標記はないですね。
三岐通運の藤原事業所で保存された後、2001(平成13)年からは三岐鉄道西藤原駅のウィステリア公園で保存中。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 22:15:22 | Trackback(0) | Comments(0)
八田駅の専用線群2
●秩父セメント八田SS専用線(セメント線)
作業キロ0.2km 総延長0.4km
作業方法:私有機

三菱専用線から途中分岐していた専用線。
1969(昭和44)年9月に八田バラセメント倉庫(後に八田SS)が開設されました。
専用線も同時に敷かれたものと思われます。
「三菱重工業名古屋機器製作所三〇年史」では三菱専用線は1965(昭和40)年まで使用となっているので実質三菱専用線の列車運行が無くなった後に敷かれたのでしょうか?

機関車は1969(昭和44)年製の協三10t機の半キャブD804がいました。
恐らくSSができたときに新製配置となったのでしょう。

八田駅分岐の専用線では最後まで残っており、現役末期に線路を見に行ったことがあります。
wikipediaでは八田駅の貨物廃止は1997(平成9)年になってますが実際いつまで列車が運行されていたかはわかりません。
関西線や近鉄で八田を通るときはいつも見ていたのですが気が付いたら無くなってました。

002_20121215184122.jpg
1997(平成9)年5月11日の秩父セメント(当時は秩父小野田でした)専用線。
既にレールが錆びていて使われていない雰囲気でしたが・・・。
庫内に入換機の10t半キャブD804の影が見えてます。
現在はホームセンターになってこの面影は全くありません。
三菱線はこの画像右隅の建物辺りを通っていたはずですが既に撤去済みでした。

秩父セメントは別に製品線を持っていたようですがこちらはどこだったのか不明。

●小野田セメント名古屋SS専用線
作業キロ0.2km 総延長0.4km
作業方法:三岐通運動車

三菱重工・秩父セメント線とは反対の南側に延びていた専用線。
セメントは三岐鉄道東藤原の小野田セメントから到着。

小野田セメントで名古屋近辺となると三岐鉄道と関係が深く、入換作業も三岐鉄道系列の三岐通運が受け持ってました。
この記事のネタもRMライブラリ「三岐鉄道の車輌たち」やリンク先の南野さんのサイト三岐鉄道車輌大図鑑に負う部分が大きいです。
開設は1954(昭和29)年で名古屋市営地下鉄東山線建設のセメント供給基地でした。
1989(平成元)年8月のSS閉鎖で専用線も廃止されました。

機関車は年代順に
1.1945(昭和20)年日本車輌製15t 海軍→三岐鉄道DB152→
2.1954(昭和29)年汽車会社製30t 元北陸鉄道能登線DC301→
3.1971(昭和46)年日立製25t    DB25(新製配置)
の3台がいました。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 19:24:06 | Trackback(0) | Comments(0)
八田駅の専用線群1
今回の専用線は大して遺構は残っていないのですが歴史の長い専用線なのでテキスト主体となります。

iwatsuka.gif
※稲葉地工場への線路(ライトグリーン)は終戦直後の航空写真で路盤が確認できるものの使われていたかは不明。

●三菱重工岩塚工場専用線
作業キロ:1.0km(1970(昭和45)年版では作業キロ0.6km 総延長0.7km)
作業方法:私有機


元は日本毛織(以下ニッケ)名古屋工場専用線として建設された古い専用線。
ニッケ名古屋工場は1925(大正14)年建設、1926(大正15)年完成です。
専用線の開業も同時期と思われます。
「日本毛織百年史」には石炭を取り卸し作業中のバッファ付き無蓋車が写っているので、
自動連結器へ交換される1925(大正14)年7月以前には使われていたことになりますね。
石炭や原料の羊毛の搬入に使われていたのでしょう。

戦時中の1943(昭和18)年三菱重工業(初代)が稲葉地工場を建設するため専用線を延長。
しかし資材不足で建設工事が進まずニッケ名古屋工場を譲り受けて岩塚工場とします。
大曽根の大幸工場と共に戦闘機用のエンジン製造拠点になりました。
大幸工場や機体製造の大江工場(東名古屋港)が空襲で壊滅したのに対し、被害が少なかったこともあって戦争末期はここが本拠となっていたようです。

戦後は民需品の生産に変わり復興時には鍋、釜、農器具から始まり農業用小型エンジン、産業機械、冷熱製品製造へと変わって行ったそうです。
財閥解体を受け社名も変転(→中日本重工→新三菱重工→)、再度合併して1964(昭和39)年に三菱重工業(2代目)に戻ります。

「三菱重工業名古屋機器製作所三十年史」によると専用線は資材、製品輸送に1965(昭和40)年まで使われていたそうです。専用線一覧上では1970(昭和45)年版までは見られます(1975(昭和50)年版は持ってないので^ ^;)。

専用線一覧ではニッケ時代の1930(昭和5)年版で既に社機関車=私有機が使われていたことになってます。
同じ関西本線から分かれていたニッケ系の昭和毛絲弥富工場専用線も戦前から私有機が使われていたようで、こんなところからも毛織物が有力産業だったことが窺われます。
三菱となった後も私有機が使われています。三菱時代末期はやはり三菱のDLが使われていたものとは思いますが、写真などは見つかってません。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 22:12:00 | Trackback(0) | Comments(0)
長森駅の側線
高山本線で岐阜を出てすぐ次の駅。
金華山の見える田園地帯にある駅です。
専用線一覧によると1964(昭和39)、1967(昭和42)年版に記載があり、1970(昭和45)年ではもうなくなっています。
1.丸善石油
 作業キロ:0.1km 総延長キロ:0.3km
 作業方法:日通機

2.大平石油店
 作業キロ:0.1km 総延長キロ:0.3km
 作業方法:日通機

DSC_0539_20121212160414.jpg
岐阜方から見た様子。右(南)にスイッチャー庫のようなものが見えますが、実際にそうだったのかは不明。
今でもJAなどの石油関連施設があり、短い専用線がありそうな雰囲気はあります。

DSC_0540.jpg
スイッチャー庫?それともただの車庫??
古さ的には微妙なところ・・・

DSC_0543.jpg
跨線橋上から見た様子。
専用線の名残か保線車用の側線が1本存在。
線路と会社敷地の境にある壁は専用線廃止後につくられたものでしょうね。
左奥に見える雪山は伊吹山です。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 17:03:38 | Trackback(0) | Comments(0)
千頭森林鉄道寸又峡温泉の保存車2
こちらはだいぶ間が空いてしまいましたが千頭林鉄。
運材台車と客車です。

DSC_0731.jpg
運材台車は富士重製。円筒形のブレーキハンドル覆いは木曽の保存車では見掛けませんね。
木曽にもこのタイプはいたはずなのですが・・・。


DSC_0734.jpg
客車は岩崎レール製。車内にはちゃんと車内灯までありましたが電源はバッテリー?
もう日暮れが近くあまり観察する時間もなかったので次回はじっくり観察したいところ。
現役時の塗装は青とクリーム・・・言うなればスカ色(?)だったようです。
ドア配置や台車は違いますが丸瀬布で動態保存されている木曽のB型客車14号(元は北海道の林鉄から移籍したもの)と似たタイプです。

DSC_0849.jpg
7月16日にUPした↑の木曽の関電専用客車や「やまばと号」客車も同じ一族と言えそうですね。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(前橋、東京営林局) | 21:29:24 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

まとめ