■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
稲沢の半キャブ+ワムハチ
稲沢の半キャブ(機械番号:06-28-01-036)が最近建屋の外に出されて東海道線の電車内からよく見えます。
半キャブでも佐藤工業製の珍しい個体ですがどうなるのでしょうか?
この機関車についての詳細は稲沢の半キャブとアント をご覧ください。

P1020436.jpg
車輪削正所の建屋から出されたままの半キャブ10t機。
巨大なDD51 875と並ぶとますます小さく見えますね。因みにDD51の重量は84t。

P1020450.jpg
架線柱や柵などでゴチャゴチャしてる上に手前にコキやら機関車やらがよく止まってるのであまり良い写真は撮れません。
通勤中見てるとワム287419と少し離れて止まっていたのが現地へ撮影に行くといつの間にか連結されてました。

P1020446.jpg
半キャブと連結されたワムはJR貨物東海支社を示す「海」と「愛知機関区常備」の表記がいい味を出しています。
これが国鉄時代の名古屋鉄道管理局を示す「名」と「稲沢第二機関区常備」だったりしたらもうぶっ飛びます(笑)

P1020448.jpg
削正所の場所の都合でいつも非エンジン側からしか見えませんでしたが今はエンジン側も見れます。
見た目は協三工業製の同型機と変わりません。

P1020449.jpg
連結相手のワム287419。280000番台車ですがコロ軸受化されてるので380000番台車が鳶色に塗られてるような印象。
名古屋方(右)に280000番台車もう1両と380000番台車2両がいます。
今は車輪付き倉庫扱いなのでしょうか?

スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

スイッチャー | 22:25:03 | Trackback(0) | Comments(0)
速星入換~2017夏編~
速星の入換。
以前速星のスイッチャー で紹介したときと変わってはいませんがホームの側線側に柵ができていました。

P1000381_20170814203330618.jpg
この日の入換は251が担当。

P1000385.jpg
希硝酸タンクコンテナを載せたコキ200を入換。

P1000396.jpg
富山貨~速星の牽引機は東新潟区のDE10 3505。
元は1976(昭和51)年日本車両製DE15 1523で仙台から転入してきた機関車。

P1000397.jpg
農業倉庫と一般貨物側線をバックに入換開始。

P1000388.jpg
前回の冬場と違って真夏に行ったので機関車の窓は全開。

P1000406.jpg
DE10 3505と251の一瞬の並び。

P1000416.jpg
コキ100系列のコンテナを押し込み中。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

スイッチャー | 20:58:58 | Trackback(0) | Comments(0)
速星の謎貨車
P1000363.jpg
高山本線速星駅。
駅舎は高山本線JR西日本区間標準(?)の塗り分け。
今も有人駅、JR東海区間と違ってまだ有人駅が多いですね。

P1000371.jpg
跨線橋から見た岐阜方。
右に現役の日産化学側線があるほか左には農業倉庫と一般貨物用側線が残ってます。

P1000373.jpg
富山方は橋梁架け替え中で一部仮設線になってます。
左には日産化学のスイッチャーたちが見えます。

P1000368.jpg
専用線には機関車やJRコンテナ車のほかタキのタンク体を取り払ったアヤシゲな車両とコキ50000の番号を塗りつぶしたものがいます。
中央はコキ50000で前後の車両は化成品タンク車の再利用のようです。
手前の車両は台車がTR41Dでかなり短い車体。。
後ろの車両は台車がTR213かTR225辺りか?種車はタキ10700?さすがに遠過ぎて分かりません。
右奥の方にも同じような貨車がもう1台見えてます。


速星駅常備のタンク車は現役時代僅かながら撮ってますがこの中に種車となった型式がいるかどうか?
031016.jpg
タキ4200形タキ14291
東海道本線米原 2003(平成15)年10月16日

040115.jpg
タキ10700形タキ10729
東海道本線近江長岡~柏原 2004(平成16)年1月15日

030910.jpg
タキ8100形タキ8135、8136他(左の銀タキ)
大阪環状線(浪速貨物線)浪速(貨) 2003(平成15)年9月10日

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

スイッチャー | 22:24:14 | Trackback(0) | Comments(0)
那珂川の関西電力→ユニチカ加藤7t機
名鉄八百津線八百津駅から延びていた関西電力丸山水力専用鉄道で使われたディーゼル機関車。
戦前に大同電力が計画、日本発送電により工事が始められ専用鉄道の敷設免許も得ていましたが実際に専用鉄道が敷かれたのは戦後日本発送電解体後に引き継いだ関西電力が本格的に工事を始めた後のことです。
当初は兼山水力専用鉄道(名鉄八百津線兼山駅)からガソリン機関車2台を転用するはずが兼山多忙のため実現せず、6tバッテリー機関車2台の導入を計画。1951(昭和26)年にはかなり具体的なところまで設計も進んでいたようですが専用鉄道開業直前に土壇場でディーゼル機関車2台を新製する方針に変えたようです。

1952(昭和27)年2月には専用鉄道の運行が開始されますが機関車の新製は間に合わず仮に7tガソリン機関車で運用を開始。
このガソリン機関車は兼山水力専用鉄道で余裕ができて借用した物かどうかわかりませんが写真で見るとピンリンク連結器装備の機関車に無理やり仮の自連を取り付けたような機関車でした。

八百津~錦織~丸山ダムの内、八百津~錦織は9月に600Vで電化、関電私有機のデキ250形2台で新広見(現在の新可児)、又は新鵜沼から貨車を継走していました。加藤7t機は非電化の錦織以遠の区間で貨車の牽引、入換を行っていたようです。

DSC_1433_201705312319528c5.jpg
関西電力私有機デキ250から錦織で引き継ぐ貨車は国鉄、名鉄から入る貨車なので自動連結器。
一方で丸山発電所建屋へ搬入する機材は錦織で丸山発電所インクライン直通用貨車に積み替えます。
この貨車(帝国車輌製のフラットカー)はインクラの巻き上げ機につなげるためピンリンク式連結器となっており、どちらの貨車とも連結できるように2つの連結器を備えています。
因みにこの丸山発電所インクラは2016(平成28)年に確認したときもレールが残っていました。最近は見てないけどまだあるかな?
なお1954(昭和29)年5月31日に丸山水力専用鉄道は資材輸送が終了し岡山のユニチカ常盤工場専用線(伯備線総社駅)に転じていました。

DSC_1434.jpg
那珂川では上松営林署色・・・と言うよりは長野営林局標準色と言うべき色にされています。
実際には八百津では単色塗り(エンジ色か?)、総社では上回り黄色、台枠黒に塗り分けられておりこの塗装に歴史的根拠は全くありません。

DSC_1436_2017053123195508e.jpg
なおダムサイトのバッチャープラント線(バンカー線とも)にも同タイプの加藤7t機が5両も導入されていましたがそちらは自動連結器が無くピンリンク式連結器のみ装備でした。バッチャープラント線はセメントミルクをつくるバッチャープラントから索道停車場まで容器入りのセメントミルクを運ぶための線路で距離的には100m程度しかありません。

DSC_1438.jpg
台枠には関西電力丸山発電所建設時の銘板が残っています。
因みにもう1台導入された専用鉄道時代の相棒とバッチャープラント軌道の5台は行方不明。
次のダム建設に転用されたのかも知れませんが。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

スイッチャー | 21:25:07 | Trackback(0) | Comments(0)
那珂川の尾小屋鉄道DC122
産業機が多い那珂川では唯一の旅客私鉄向け機関車。元・尾小屋鉄道DC122
1958(昭和33)年10月協三工業製12t機。
蒸機2号(1917(大正6)年大日本軌道鉄工部製)の部品流用と言いいますが実際に流用品があるのかは不明です。
尾小屋鉄道は石川県の尾小屋鉱山から小松まで銅鉱石輸送のために敷かれた鉄道でしたが鉱石輸送は1956(昭和31)年度でトラックに移行して実質終了しており、DC122はラッシュ時に客車列車牽引や僅かな一般貨物との混合列車牽引が主な役割だったようです。

DSC_1354_20170526225223434.jpg
那珂川清流鉄道保存会の係員さんによるとエアブレーキ用の圧搾空気供給に使うコンプレッサが不調で走らせられないとのこと。
森林鉄道の5t機程度なら手用ブレーキで止めますがさすがにこれだけ図体が大きいと手ブレーキのみでは不安があるのでしょう。
因みに貫通ブレーキはなく客車も機関車のブレーキのみで止めていたようです。
通勤通学列車では4、5両の客車を牽いていました。

img060.jpg
1977(昭和52)年3月20日の尾小屋鉄道廃止後も長らく赤門軽便鉄道保存会の手で旧・尾小屋駅構内にて保管されていました。
エンジン側から見た様子で奥が線路終端方向です。当時はまだクリーム色や端梁の赤塗装がよく分かりました。
尾小屋鉄道現役末期のDC122の写真を見るとエンジン側を尾小屋方、非エンジン側を新小松方に向けていたのでこの時には現役時と前後逆を向いていた事になります。
後方に見える車庫には動態保存のキハ2、ホハフ7が入っているとのこと。
赤門軽便鉄道保存会の活動も終了したようですがキハ2、ホハフ7は今どんな状態なのかも気になるところ。
撮影日:1994(平成6)年5月3日

DSC_1028.jpg
錆び具合がさらに進んでこのような状態に。
それでも上の写真の位置から留置場所が移動してます。
草生して分かり辛いですがレールの上には載ってます。
動態保存のキハ2で移動させたのでしょうか?
撮影日:2011(平成23)年9月11日

DSC_1032_20170526225308fbb.jpg
非エンジン側はラジエターグリルの代わりに3本のビードが目立っていました。
こんな状態から一枚目の写真の状態まで復元したんですねえ。
撮影日:2011(平成23)年9月11日

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

スイッチャー | 06:46:43 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ