■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
東邦瓦斯(東邦ガス)港明工場専用線(東海道本線(名古屋港線・東臨港線)名古屋港駅)
東邦瓦斯(東邦ガス)港明工場の原料供給に使われた専用線。
金城埠頭の空見工場や知多工場に主力が移り閉鎖され今秋には工場跡地にららぽーと名古屋みなとアクルスができるそうです。

作業キロ:0.7km
総延長キロ:1.1km
作業方法:国鉄機

1940(昭和15)年にできた熱田製造所を拡張して生まれた港明工場。名古屋市内だけでなく衛星都市へもガス管を介して都市ガスを供給していました。
名古屋市内からガスが送られること周辺部の小工場が整理され、その一つ一宮製造所が不要となり専用線(東海道本線尾張一宮駅)が使用停止になっています。

港明工場操業開始は1958(昭和33)年9月ですが専用線は熱田製造所時代からあったようで専用線一覧1951(昭和26)年版にも載っています。
当時の都市ガスは石炭を蒸し焼きにして発生するガスを使用していました。
専用線には原料の石炭が到着、副産物のコークスの発送もあったものと思われます。
港明工場は名古屋港駅より北に位置し中川運河の支線の先にありました。
平行する地下鉄名港線では2駅分くらい離れてることになります。

P1000822.jpg
名古屋港駅北端付近。
低い築堤のアンダーパスの上は名古屋港線の本線と東邦瓦斯専用線に続いていた側線が2本並んで複線区間のようになっています。

P1000821.jpg
専用線へのレールはすぐに車止めに突き当たり終わっています。
かつてはこの先(右側)が専用線でした。

P1000828.jpg
中川運河の支線の鉄橋をDE10 1557が単機で渡って行くところ。
この日はキヤ97の到着、発送ともなくレールの錆び落としのために走ったのでしょうか?
運河のガーダー橋は複線分あり手前のガーダーが専用線のもの。

P1000832.jpg
巨大なららぽーと建設現場とのんびりトコトコ走って行くDE10のミスマッチ感が面白いですね。
DE10の横辺りから専用線は築堤から降りて地平のヤードに入っていました。

P1000835.jpg
専用線は既に跡形も無く工事が進んでいます。
東臨港線は開発後も走り続けますが一体どんな光景になるのでしょうね。

P1000495.jpg
名古屋方から専用線北端付近を見た様子。
フェンスの向こうが東邦ガスの貨物ヤードでした。
かつてはこの辺から入換機の日車15t機などが見えたようです。

P1000493.jpg
踏切上から名古屋港方向を見た様子。
名古屋港線自体も複線分の用地が確保されてましたが今では駐車場になったり宅地として売却された場所も多いようです。

専用線一覧の上では作業方法が国鉄機となっていますが東邦ガス構内の入換用に日車標準型15t機が配置されていました。
 D151 日本車両1964(昭和39)年11月製造
日車15t標準型初期タイプの初期型で名鉄DB75と同型でした。

貨車は石炭輸送にトキ25000が入っていたようです。
石炭は西名古屋港の石炭埠頭から来ていたのでしょうかね。

スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 22:44:40 | Trackback(0) | Comments(0)
大井川発電所と大井川鐡道~その8 崎平構外側線大井川発電所~
大井川沿いに続く構外側線跡の道。

P1000211.jpg
大井川ダムで取水した水が右の山の中を水路トンネルで通っているため大井川の水量は少ないです。
この側線があった頃は大井川発電所で放水していたのが1943(昭和18)年に久野脇発電所までさらに地下トンネルで導水することになり大井川本流は枯れた状態のまま続きます。

P1000210.jpg
構外側線には大きな沢もないので橋梁は無く小さな暗渠程度しかありません。
側壁の石積みも鉄道とも道路とも見える構造で今一つ廃線跡の雰囲気が感じられないですね。
右奥には静岡県道77号(国道362号狭隘区間のバイパスとしてトンネル建設中)の橋とその後ろに大鉄本線の大井川第二橋梁の橋脚が見えてます。

P1000206.jpg
発電所直前まで来るといかにも単線鉄道用らしい断面のトンネルがあります。
延長は100mあるかないかくらいかでそんなに長くはないのですが右カーブしてるので出口が見えません。

P1000205.jpg
トンネル内から崎平方面を振り向いて撮影。
使われていた時期が短い上に廃止から75年も経っているためか天井に蒸機の煤などは見られませんね。

P1000221.jpg
トンネルを抜けるともうそこは大井川発電所構内です。
左に見えるのは古い水圧鉄管の輪切りを"0"に使用した利用した50周年記念オブジェのようです。

P1000225.jpg
大井川発電所側ポータルを拡大。
飾り気のないコンクリート製ですがわざわざ笠石、迫石、要石を彫刻で再現しているところにまだ煉瓦、石積トンネルの伝統が残っていた昭和初期のトンネルらしさがあります。

P1000194.jpg
振り返るとそこには大井川発電所の本屋。
直進すると発電所の建屋に突っ込んでしまうので構外側線は左に曲がって放水口の木材放流場に至っていたものと思われます。
とは言え建屋に発電所機材を搬入する側線と言うのもありそう。



大井川発電所と大井川鐡道 その1~その8で扱った廃線跡のマップをまとめました。

オレンジ:大井川専用軌道旧線(奥泉~堰堤) その2その3
水色:千頭構外側線(リバーサイド線) その4その5
:崎平構外側線 その6その7、その8



参考文献:
鉄道省文書 鉄道免許・大井川鉄道6・昭和11~12年(大井川鉄道、鉄道省)
動力 第50号(日本動力協会)
シンポジウム「中部の電力のあゆみ」第6回講演報告資料集(中部産業遺産研究会) 大井川鉄道と電気事業(白井 昭)
大井川その歴史と開発(中部電力)

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 22:01:59 | Trackback(0) | Comments(0)
大井川発電所と大井川鐡道~その7 崎平構外側線分岐付近~
大井川本線としばらく平行して続く構外側線。

P1000251.jpg
崎平構外側線跡沿いをC56 44牽引の急行かわね路新金谷行が通過。
カーブ内側の道路が元の構外側線です。
C56はC12のテンダー機関車版でこのカマの現在のボイラーもC12 208のものだそうです。
C12 164が引退した今となっては大井川オリジナルのC121の姿に最も近いカマと言えそう。

P1000252_201803012210499ee.jpg
殿はE101でした。
右に緩やかに分岐していく道路が構外側線の線形そのままです。

P1000235.jpg
大井川第二橋梁を渡って来た蒸機と並走するシーンが撮れるためCM撮影なんかにも使われる良く知られたポイントです。
この道路が線路に合流して来るような線形になったのは元が構外側線跡だったため。

P1000239_20180301221049147.jpg
構外側線側から見た大井川本線の元南海210001系。

P1000256.jpg
現在は川根本町の町道ですが茶畑との境には中部電力の旧社章が入った用地境界標があります。
大井川発電所へのアクセス道路のため側線撤去後も暫くは電力会社所有の道路だったのでしょうか。
なお側線は発電所ごと大井川電力から日本発送電へ移管。1943(昭和18)年頃に側線廃止、道路となってから中部電力所有となったのでしょう。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 21:12:00 | Trackback(0) | Comments(0)
大井川発電所と大井川鐡道~その6 崎平駅交換設備、構外側線~
●崎平駅構外側線
大井川鐡道大井川本線崎平~大井川発電所1.98kmの側線。
大井川本流筋を流送していた木材を水力発電のため水量が無い区間のみ鉄道輸送するため設けられました。
大井川発電所で使う水は上流の大井川ダムで取水されトンネル水路で大井川発電所まで流れ発電後放水されていました。
1943(昭和18)年にはさらに下流、塩郷駅上流側の久野脇発電所までトンネル水路がつくられ大井川の断流区間がさらに延びたため久野脇発電所対岸に松島側線を設け崎平側線は役目を終えました。
島田まで鉄道輸送する案もあったものの連絡する東海道本線の輸送量が飽和状態で運材列車を島田まで運転することができなかったそうです。
他にも五和側線から索道で大井川を渡して島田軌道に連絡、新金谷からトラックで島田へ木材を運ぶなど木材の大井川越えに苦心しており昭和に入ってからも「越すに越されぬ大井川」の状態でした。

DSC_0918_2018022721242370b.jpg
崎平駅方面を千頭方から見た様子。カーブの先が崎平駅。
左の架線柱根元に元の場内信号機と見られるポールが転がされてます。

DSC_0915_20180227212421f02.jpg
崎平駅から千頭方を見た様子。
線路の左にも開渠の橋台、橋脚があり線路が分岐していたことが窺われます。

DSC_0916_201802272124229df.jpg
同じ場所から振り返ると1面1線の崎平駅プラットホームがあります。
かつては右にも線路が入って島式ホームだった様子。

P1000243.jpg
金谷側から見た崎平駅。左の線路が撤去されたのはいつ頃だったのか。
線路跡に丸石を積んで畑になっています。

P1000244.jpg
崎平駅より金谷方を見た様子。
線路撤去跡は花壇になっています。構外側線はここで本線と合流せずに金谷側へ並行して続いていた様子。

P1000233.jpg
崎平駅の金谷方。
左の道路が崎平構外側線跡。
カーブの奥が崎平駅で右には場内信号機の台座らしきものが残っています。
同じような台座がすぐ傍にもう一つあるのですがそれぞれ腕木式信号機と色灯信号機化後の台座でしょうか?

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 21:16:39 | Trackback(0) | Comments(0)
大井川発電所と大井川鐡道~その5 非電化時代の大井川鉄道蒸機~
●大井川電力~大井川鉄道直通運材列車の運用
鉄道省への提出書類を見る限りでは大井川ダム~千頭貯木場または千頭駅までは大井川専用軌道GS1が貨車を牽引、両国貯木場または千頭~崎平~大井川発電所では大鉄の蒸機に付替えて運転を行っています。
大井川電力機の大鉄千頭駅構内への乗入許認可申請ではGS1形1~8と8台の乗入が申請されてますが1936(昭和11)年当時6台しかいなかったはず・・・後の2台は一体(・ ・?)
大井川専用軌道の貨車は朝顔カプラーなので自動連結器の大井川鉄道機は連結できず、コフ形に両方の連結器を装備して連結させていたようです。
千頭~崎平1駅間だけなので大井川専用軌道のGLを崎平まで乗入とした方が効率は良いですがスイッチャーが旅客鉄道の本線を走って行っちゃうのは法規的に難しかったのでしょうかね?

運材列車は当時の森林鉄道と同じでエアブレーキ非装備。
制動手が乗務して手巻きブレーキを操作していました。
制動手も両国貯木場または千頭駅で交代しており大鉄線内では大鉄社員が乗務していました。
1936(昭和11)年当時大井川鉄道にいた蒸機は4両。
 5(コッペル1922(大正11)年9月製造29tCタンク機 元伊賀鉄道5)
 6(コッペル1923(大正12)年11月製造27tCタンク機 元伊賀鉄道6)
 15(日立1929(昭和4)年8月製造46t1C1タンク機 東邦電力名義で購入?)
 16(川重1932(昭和7)年2月製造48t1C1タンク機 自社発注)
崎平行きの運材列車は空制無しの短距離運転なので両国貯木~千頭~崎平運用では小形のコッペル機が使われていたのではないかと思われます。

DSC_0555_20180224224016901.jpg
大井川鉄道6号機と同型の日本カーバイド魚津工場専用線(車籍:富山地方鉄道)1号機。
鹿島参宮鉄道から魚津に転じて1969(昭和44)年まで使われ魚津市立材木小学校に保存中。(公道上より撮影)
2号機も隣の滑川市行田公園で保存中。
同じ1923(大正12)年製造で2号機は製番10615と大鉄6号の製番10613と2番違い。
コッペルの工場でほぼ同時に生まれたと言って良さそうです。

大井川鉄道の貨物は寸又川沿いからの御料林材、発電所建設の資材到着など輸送量が追い付かず大井川発電所建設中の1936(昭和11)年には国鉄C12と同型の日車製C121を自社発注で導入。
それでも足りず国鉄からC11、C12、B6や1000形を借り入れていたとか。
何だか動態保存機と似たような面子ですね~。
DSC_0502_2018022621481117e.jpg
かつて自社発注したC121と同じ日車製のC12 164。こちらは1937(昭和12)年9月製造と少し新しいです。
なお1946(昭和21)年頃に2番違いのC12 166を借り入れ使用していたところ脱線事故を起こしたことがあるそうで・・・。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 21:56:20 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ