FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
日本通運専用線(高山本線上麻生駅)~その2~
間が開きましたが高山本線上麻生駅の側線、専用線の後編~。

P1110538.jpg
駅前側の富山方にある貨物ホームと側線。
60年近く前に貨物側線、専用線としては使用されなくなっているはずですが保線用側線として現役。
この先高山本線は飛水峡の険を抜けるためか保線の最前線基地としての役割もあるよう。
応急処置用のガーダーが2本置かれています。
かつてはガーダーが積まれている側にも側線があったように見受けられます。

P1110539.jpg
上に積まれた桁には鐵道省、日本橋梁株式会社製作、昭和十四年などの文字が入った銘板が付いています。

P1110541.jpg
貨物ホームの奥にはコミュニティバスの車庫が見られますがここも土場の跡地?

P1110542.jpg
富山方で下り本線と合流する側線。

kamiaso.png
岐阜県統計書(岐阜県)を元に作成した年度別の上麻生駅貨物取扱量。
七宗森林鉄道縮小期以後のデータしかないためか発着量ともに非常に少ない状態。
それも1960(昭和35)年度を最後に無くなり、翌1961(昭和36)年8月1日には貨物営業廃止となっています。

●七宗御料林と七宗森林鉄道
七宗町には江戸時代尾張藩領の御林山がありました。
名古屋城が火災に遭ったときなど非常時のための備蓄林があり、明治には皇室財産の御料林に指定。
御料林の規模は小さいものの1935(昭和10)年には室兼~佐口谷4,852mの森林鉄道も敷設されてガソリン機関車による運材が始まっています。

DSC_0573_201912052214530fc.jpg
七宗森林鉄道が岩の間を縫うように通っていた「空のふさがり」。
このアングルで加藤製作所製の代燃装置付ガソリン機関車が写された写真があった。


七宗の御料林は太田出張所、戦時中に統廃合が行われた結果1941(昭和16)年1月1日には下呂出張所所管となり戦局が悪化している中でも御料林から袋坂方面に出る林道が開通し飛騨金山方面へ搬出するルートが完成。
恐らくこの林道開通により森林鉄道→トラック→上麻生駅のルートからトラック→飛騨金山駅のルートへの移管が進んだ結果上麻生駅の貨物取り扱い量が減ったのではないかと思われます。

戦後1947(昭和22)年4月1日の林政統一により七宗御料林は国有林となり下呂出張所から岐阜営林署へと管轄が移っています。
旧帝室林野局系の御料林や林鉄は大抵そのまま元の帝室林野局の出張所が営林署に変わって引き継がれることが多いのに対し七宗の場合は下呂出張所改め下呂営林署に引き継がれることなく旧山林局の岐阜営林署に引き継がれました。
(国有林は林鉄廃止後1962(昭和37)年に下呂営林署へ再移管)

1935(昭和10)年度    七宗軌道4,852m開設
1941(昭和16)年1月1日 太田出張所廃止→下呂出張所へ移管
1943(昭和18)年7月1日 七宗軌道→七宗森林鉄道(乙)に改称
1945(昭和20)年頃    袋坂経由の道路林道開設
1947(昭和22)年4月1日 林政統一。七宗御料林、七宗森林鉄道は岐阜営林署に移管
1953(昭和28)年度    七宗森林鉄道1,676m撤去
1956(昭和31)年度    七宗森林鉄道440m撤去
1957(昭和32)年度    七宗森林鉄道全線撤去

車両は1954(昭和29)年度時点でガソリン機関車2台、運材貨車36台がありました。
路線撤去が進むと1956(昭和31)年度には半減してガソリン機関車1台、運材貨車18台、全線撤去後もそのまま車両はしばらく保管されていたのか1958(昭和33)年度まで在籍車両数はそのままでした。

スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 22:33:05 | Trackback(0) | Comments(0)
日本通運専用線(高山本線上麻生駅)~その1~
何を運んでいたのか調査が難しい通運会社名義の専用線。
専用線一覧表では1951(昭和26)、1953(昭和28)年版で確認しており、1957(昭和32)年版ではもうなくなっています。
七宗森林鉄道(1957(昭和32)年度全線撤去)があった七宗御料林→国有林の最寄駅なので木材搬出が最有力候補。
航空写真でも土場に木材が積んであるように見えなくもないです・・・(^ ^;)
あるいは近くの上麻生発電所資材輸送と言うのも考えられますが発電所建設は1926(大正15)年なので建設資材輸送と異なりメンテナンス資材搬入に専用線まで必要かはやや疑問。

作業キロ:0.1km
作業方法:手押

P1110557.jpg
現在の上麻生駅。
駅舎は極小レベルになっています。待合室も密閉構造でなく冬場にこれはちときついのでは(- -)

P1110558.jpg
駅前はかつて駅前旅館や商店だったのだろうなと思われる家屋やその跡地になって閑散としています。
上麻生は飛騨川と神淵(かぶち)川が合流する谷間に開けた町で七宗町の中心地。
美濃加茂市や可児市のある盆地に飛騨川が流れ込む入口に当たります。

P1110547.jpg
跨線橋より岐阜側を見た様子。

P1110548.jpg
同じく跨線橋上より富山側を見た様子。
専用線があったのは左のガーダーが積んである場所と見られます。

P1110533.jpg
駅前広場の富山側にはC12 163を保存した展示館が建っています。

P1110534.jpg
この辺だと越美南線はC10、11で、C12は中央本線各駅の入換や明知線のイメージ。
なお一番違いのC12 164が大井川で動態保存されていましたがそちらは木曽福島区配置が長く主に中央西線各駅の入換機として活躍していました。

P1110535.jpg
C12 163の説明板。
補足すると新製時は広島局配備、その後は小松島や徳島、高松、松山など1967(昭和42)年頃まで四国を中心に活躍していましたが1939(昭和14)年頃に滝川機関区(函館本線)、1941(昭和16)~1942(昭和17)年頃に美濃太田機関区に配備されていたことがあるようです。
その後は北関東、南東北方面に移り平機関区配備、その後の高崎第一機関区時代には無煙化直前の足尾線で活躍。
1970(昭和45)年の足尾線無煙化後は小郡機関区に移り1971(昭和46)年に休車、最後は保存のため名義を稲沢第一機関区に移して3月15日に廃車されています。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 23:15:31 | Trackback(0) | Comments(0)
長良川鉄道関駅の専用線~その3~
長良川鉄道関駅の側線、専用線の北濃側。

P1110057.jpg
以前は留置線として使われていた元の貨物側線跡に新しい自転車置き場を整備中。
画面奥自転車置き場の向こうが名鉄美濃町線関駅の跡です。

P1110056.jpg
その反対側には短縮されながらも留置線として現役の3番線。
次の美濃市行きになるナガラ306がエンジンを掛け2番線への転線待ち。
3番線はホームに面しているものの旅客の乗降は出来ない仕様。

P1110051.jpg
北濃方から3番線を見た様子。

P1110052.jpg
北濃方を見た様子。
左に貨物倉庫やホームがあったようです。

P1110222.jpg
今は岐阜バスの関シティターミナルや駐車場になっています。
停車中のバスは美濃町線代替の岐阜駅前行。
施設は立派なものの電車時代と比べて本数が減ってます(- -)
貨物ホームをこちらに置いたのはこちらの方が道路からアクセスし易いためでしょうか。
関駅前の道は狭いですが
ここから美濃町線の元電車通りに出て国道418号線を通れば中部電力、関西電力の岐阜開閉所まで行けます。
その跡にバスターミナルができるのも必然的と言えそう。

P1110059.jpg
長良川鉄道で荷物貨物関係と言えば今期待したいのはこれ。
ヤマト運輸の宅配物を積む客貨混載のナガラ305。
関~美並苅安で荷物輸送を運んでいます。かつてのキハニのように区分された荷物室があるわけでは無くコンテナを車内の片隅に固定して運ぶもの。
今でも名古屋近辺のJR、近鉄、名鉄などで行っている新聞輸送に近いかも知れません。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 23:20:34 | Trackback(0) | Comments(0)
長良川鉄道関駅の専用線~その2~
長良川鉄道関駅の貨物扱い跡、美濃太田側。

P1110207.jpg
引上げ線。
貨物ホームがあった時代から使われているのか車庫設置時に復活したのかは不明。
出庫するナガラ304が停車中。

P1110209.jpg
引上げ線から1番線へ転線するナガラ304のサイドビュー。
こうして見るとどこかレッドトレイン50系客車を思い起こさせる側面スタイル。

P1110063.jpg
美濃太田側から分岐した駅西側の貨物側線跡の線路敷には1999(平成11)年4月1日~2005(平成17)年4月1日の6年間名鉄美濃町線が乗り入れてました。
駐輪場になっていますがここだけ何故かレールが残っています。

20030629-1.jpg
美濃町線関駅乗入時代の様子。モ870形が停車中。
長良川鉄道平行区間の新関~美濃市を廃止する代わりに同区間の代替駅を長良川鉄道線上に新設(関市役所前、関下有知、松森)し鉄道連絡の利便を図ったものでしたが短期間で美濃町線そのものが廃止されてしまいました(T T)
2003(平成15)年6月29日撮影

P1110067.jpg
美濃町線利用部分より北濃寄りは長良川鉄道の気動車留置線として使用されていましたが側線が短縮、一部撤去されています。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 22:48:55 | Trackback(0) | Comments(0)
長良川鉄道関駅の専用線~その1~
長良川鉄道越美南線の関駅。国鉄時代は旧国名が頭に付いて付いて美濃関駅でした。
専用線一覧表によると1951(昭和26)、1953(昭和28)、1957(昭和32)、1964(昭和39)、1967(昭和42)、1970(昭和45)年版で専用線があったことがわかります。
使用者は2者存在するものの作業キロが一緒なので同じ側線を使い回していたような感じ。

①中濃製粉専用線
作業方法:手押
作業キロ:0.2km
1951(昭和26)、1953(昭和28)年版で確認
会社名などから調べて見たものの詳細不明(- -)

②関市専用線
作業方法:手押
作業キロ:0.2km
総延長キロ:0.1km
1957(昭和32)~1970(昭和45)年版で確認
1957~1970年版でずっと使用休止という異様な存在。
1957(昭和32)年版では第3者使用関西電力とある。
岐阜県で関西電力と言うと木曽川に複数のダム、水力発電所を持っていますが関市がある長良川は中部電力のイメージ。
しかし木曽川や九頭竜川、庄川で発電された電力を関西へ中継する関開閉所が関市内に存在しています。

P1100396.jpg
長良川鉄道関駅から北西約4km、東海環状道関広見IC前にある関開閉所
中部電力、関西電力、電源開発の発電所で発電された電力の送電をコントロールする開閉所。
木曽川の丸山水力発電所(関西電力)、九頭竜川の長野発電所(電源開発)、庄川の御母衣発電所(電源開発)などからの電力が集まっています。
こういう施設と鉄道貨物のつながりを考えるとまず出て来るのが大物車による変圧器輸送ですが開閉所では変圧器は使わない模様。
送電線や開閉所機器の資材輸送に使われたのでしょうか?

minoseki-map.jpg
国土地理院の空中写真1975(昭和50)年9月10日撮影より
既に越美南線の貨物営業は前年の1974(昭和49)年に廃止されていますがまだ貨物側線や貨物ホームは残っています。
美濃関駅の表側・・・現在車両基地がある場所には一般貨物用と見られる貨物ホーム、旅客ホームの北濃寄りには今は無い跨線橋も写っています。
駅裏手には側線や専用線があったと思しき跡や倉庫群、さらにその西側の通りには懐かしの名鉄美濃町線の併用軌道が健在です。

P1110085.jpg
長良川鉄道関駅。
駅舎は国鉄越美南線時代からの木造駅舎ですが外板はリフォーム済み。

P1110087.jpg
駅舎に向かって左、貨物ホームや上屋があった場所は長良川鉄道本社や車両基地に変わっています。

P1110081.jpg
2番線から見た駅舎。
こちらの方が木造らしい雰囲気がよく残っています。
向かいの1番ホームには腕木式信号機を操作するワイヤーが駅舎から出ていた穴も残存。
相対式のホームの行き来は国鉄時代には跨線橋が設けられていたようですが現在は構内踏切で行っています。
跨線橋を撤去して踏切に変わるのは珍しいパターンですが、国鉄末期には2番線もレールが撤去され棒線化されていたらしく、その際不要となった跨線橋も撤去されたものと思われます。
第3セクター長良川鉄道転換時に交換設備が復活したものの跨線橋までは再設置できなかったということでしょうか。

P1110074.jpg
1番線から発車する上り美濃太田行のチャギントン仕様ナガラ501。
右隣が貨物扱い跡の車両基地。

P1110064.jpg
貨物扱いの遺跡はきれいさっぱり無くなっている様子。
ナガラ502とナガラ304が留置されています。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 23:07:37 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ