FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
2020年3月21日ひめしゃがの湯活動報告
ひめしゃがの湯のNo.118復元作業ですがコロナの影響で事前の発表は行わず作業も規模を縮小して行いました。
P1120782.jpg
暖かくなってきたので外板塗装の剥離を考えていましたが人数も少ないので発電機を持ち込んでの作業は無し~。
ということで新規購入の充電式グラインダがどれくらい使えるかを実験。

P1120784.jpg
片側の扉を外して扉のガイドレールの塗装を剥がしました。
フル充電で40分くらい可動、この2枚の錆を落としたらバッテリー切れでした。

P1120790.jpg
シートを被せなければならないので塗装も午前中に塗れる程度でお終い。

P1120791.jpg
扉を付け直すだけで意外と苦労することになりました。
気を付けないと線路のバラストの上にスペーサーやボルトを落っことしてしまうので大変なことに~(^ ^;)

大々的に塗装を落として錆止めを塗ってしまいたいのですがコロナで大ブレーキですね。
まあ気長に見るしか無いですがコロナが終息したところで今度は景気がそれどころでなくなってそうなのが気掛かり。

スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

小坂森林鉄道保存活動情報 | 21:57:06 | Trackback(0) | Comments(0)
No.118公開日情報 2020年2月9日(日)
No.118公開日情報
2月9日(日) に岐阜県下呂市小坂町のひめしゃがの湯で機関車、運材貨車の整備作業を行います。

P1080275.jpg
当日は日頃カバーを掛けているNo.118の覆いを取って展示、キャブ内のケレン&塗装、山トロ、運材台車の軸受部整備作業等を行います。
作業は10:00頃~15:00頃(12:00~13:00頃に昼休み)に実施予定です。
冬季の放電防止でバッテリーを降ろしているためNo.118のエンジンは掛かりませんのでご了承下さい。

※No.118は3月から車体外部の塗装作業に入るため野辺山SLランド色での展示は今回で最後となる見込みです。

No118-1.png

塗り替えは↑のようなイメージで昭和30年代に木曽の小川森林鉄道で使われていた頃の塗装を想定しています。

ひめしゃがの湯マップ


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

小坂森林鉄道保存活動情報 | 22:56:52 | Trackback(0) | Comments(0)
No.118公開日情報 2020年1月19日(日)
No.118公開日情報
1月19日(日) に岐阜県下呂市小坂町のひめしゃがの湯で機関車、運材貨車の整備作業を行います。

P1080275.jpg
当日は日頃カバーを掛けているNo.118の覆いを取って展示、キャブ内の塗装準備、た山トロの軸受部整備作業を行います。
作業は10:00頃~15:00頃(12:00~13:00頃に昼休み)に実施予定です。
冬季の放電防止でバッテリーを降ろしているためNo.118のエンジンは掛かりませんのでご了承下さい。

P1120035.jpg
山トロの整備作業では展示車両中唯一小坂森林鉄道の生き残りにも整備の手を入れます。

P1120036.jpg
油を指す前に前回試しに開けて見たところ用途廃止後長年油差しが行われていなかった割に状態の良い軸もあれば・・・。

P1120038.jpg
油が乾いてカッサカサになってる軸もあったり。

<酒井5t機No.118塗装変更について>
2020(令和2)年3月頃よりNo.118は外板塗装作業に入ります。
従って完全な野辺山SLランド色での展示も今回と2月の作業日で最後となる見込みです。

No118-1.png

塗り替えは↑のようなイメージで昭和30年代に木曽の小川森林鉄道で使われていた頃の塗装を想定しています。

ひめしゃがの湯マップ



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

小坂森林鉄道保存活動情報 | 00:13:24 | Trackback(0) | Comments(0)
12月7日ひめしゃがの湯活動報告
12月7日(土)の作業風景~
酒井5t機No.118整備で運転室の床下の御開帳。

P1110825.jpg
運転室が高床式で狭くなっている原因が露わに~。

P1110828.jpg
エンジンと逆転機の間にトルクコンバータが挟まっているためマニュアル機ではエンジンルーム内に収まっている逆転機が運転室のスペースを侵略しています。
上の画像はニュートラルになっている状態。
2本見えるパイプはブレーキ管。
右の太い方が元空気だめから運転席のブレーキ弁へのパイプ。
左の細い方はブレーキ弁からエアホースを介して他の車両と連結される自動空気ブレーキのパイプ・・・現在は使っていません。

P1110834.jpg
ブレーキ管の上に続くブレーキハンドル。
三菱電機1963(昭和38)年製のSA型自動空気ブレーキという森林鉄道用のブレーキ装置。
SAはShinrinAirの頭文字を取ったものだそうな。
3本のパイプは左から自車に効く直通ブレーキ(単弁)、自動空気ブレーキ(自弁)、元空気だめ管。
機関車の製造年1957(昭和32)年より6年新しいです。最初から自動空気ブレーキ付きだと思ってましたが後でエアブレーキ化改造されたのか、ブレーキ弁装置だけ交換したのかは不明~。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

小坂森林鉄道保存活動情報 | 14:50:23 | Trackback(0) | Comments(0)
No.118公開日情報 2019年12月7日(土)
No.118公開日情報
12月7日(土)に岐阜県下呂市小坂町のひめしゃがの湯で機関車、運材貨車の整備作業を行います。

P1110567.jpg
当日は日頃カバーを掛けているNo.118の覆いを取って展示、キャブ内の一部塗装、錆びて固着した運材貨車の復旧作業などを行います。
作業は10:00頃~15:00頃(12:00~13:00頃に昼休み)に実施予定です。
※悪天候の場合はNo.118のカバーを取って公開することができませんので悪しからず(_ _)

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

小坂森林鉄道保存活動情報 | 22:46:02 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ