FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
東濃鉄道駄知線下石駅貨物側線
東濃鉄道駄知線下石駅の貨物側線跡。
駄知線内では難読地名の下石(おろし)。
現在土岐市に含まれますが旧土岐津町の土岐市中心街からは南隣の盆地で、1955(昭和30)年2月1日に昭和の大合併で土岐市が成立する前は下石町でした。
東濃鉄道沿線はどこも美濃焼の産地ですが盆地ごとに得意分野が異なり駄知はどんぶり、下石は徳利の産地でした。
貨物取扱量は発送量より到着量が多目。
到着貨物の内訳は分かりませんが窯元で使う燃料の石炭や木炭が中心でしょうか?

oroshi-map1961.jpg
東濃鉄道駄知線現役時の国土地理院が撮影した下石駅空中写真。
妻木川をかすめるように駄知線が通っており、川と接する個所に下石駅がありました。
旅客ホームは島式で駅舎から改札を通ると構内踏切で貨物側線と下り線を渡って旅客用の島式ホームに上がる構造。
駅舎の東駄知側に貨物倉庫が載った貨物ホームが配置されており、貨物倉庫の前には貨車が留置されているのも見えます。

P1060170.jpg
土岐口から渓谷と言うほどではないものの丘陵の間を流れる妻木川に沿って抜けると下石の盆地。
下石川を渡ると下石駅構内です。鉄橋は橋台まで改修されて鉄道時代の面影は皆無。

P1060181.jpg
旧下石駅構内を土岐市側から見た様子。かつての構内踏切から島式ホームに上がる辺りから撮影。
左の駅舎から順に貨物側線下り線、島式ホーム、上り線が並んでいました。

P1060174.jpg
駅前。貨物倉庫跡には下石郵便局と東濃鉄道バス、タクシーのターミナルがありますが「東鉄ターミナル」の看板が剥ぎ取られています。
右(土岐市方)の駐車場の位置に駅舎がありました。

P1060183.jpg
駅当時の遺物がありませんが駅構内のNTT電話線は今でも駅前幹線を名乗っています。

oroshi_ed1001.jpg
はーさんの鉄道・旅・よしなし草(別館)40年前の鉄道風景管理人様より下石駅停車中の下り貨物列車の貴重な画像をお借りしました。
土岐市行き上り電車が下石駅に入線するときに車内から撮影なさったものと見られます。
牽引機ED1001の前面通風口の蓋が開けられていますが勾配路線の重量物輸送で抵抗器がオーバーヒート気味なのでしょうか?
右には貨物側線と貨物ホーム、その上に建つ木造倉庫の作りまでもが窺えます。
1965(昭和40)年1月16日撮影

P1060176.jpg
上の現役時代画像とほぼ同じ位置から撮影。住宅や郵便局が建ち竹林が育ってバックの山もよく見えなくなりました。
当時と変わっていないのは横の妻木川と駅前広場くらいでしょうか?

P1060172.jpg
下石駅構内を東駄知側から見た様子。
貨物側線は下石公民館の付近まで入っていたようです。

oroshi.png
下石駅の貨物取扱量の変遷。
全般的に到着量が発送量より多いのですが1955(昭和30)年度より廃止まで右肩下がり。
発送量は少ないながら1961(昭和36)年度まで伸びているもののその後は発送量と一緒に下がってます。
最盛期の1955(昭和30)年度で見ると1日平均ワム車換算で3車程度が入っていたようですね。

参考文献:
RM LIBRARY72 東濃鉄道(清水 武/著 ネコ・パブリッシング/刊)
岐阜県統計書(岐阜県総務部統計課)

スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

貨物側線跡 | 21:50:45 | Trackback(0) | Comments(0)
東濃鉄道駄知線土岐口駅貨物側線
貨物到着量はさして多くないものの発送量が駄知線最大だった土岐口駅。
神明口駅からは900mしかありませんがこちらは交換駅。
P1060149.jpg
土岐市側から歩いてくると白い柵の左に下り場内信号機の台座が残っています。
突き当たりに立ちはだかる住宅の位置ら辺で線路が3つ又(左から貨物側線、下り線、上り線)に分岐していたはず。

P1060150.jpg
ここに腕木式信号機が建っていました。
右(東駄知側)には点検梯子の切れ端もありますが最初見た時から比べると短くなっている気が・・・。

P1060152.jpg
続いて上り出発信号機の台座がブロックに浸食されながらも残っています。

P1060154.jpg
宅地化された駅構内を迂回するように道路は左右に分かれますが手前左には・・・。

P1060155.jpg
かつての駅前倉庫が一棟だけ残っています。

img108.jpg
宅地化される前の土岐口駅旅客ホーム(土岐市側)。
旅客用の島式ホームが残っていました。こちらは延長されたのかコンクリート造り。
2002(平成14)年5月4日撮影

img108-2.jpg
駄知よりは元来の石積みホーム。
貨物ホームはこの島式ホームを挟んで向こうですが既に埋もれて残ってなかったと思います。
2002(平成14)年5月4日撮影

P1060159.jpg
↑の過去画像で中央に見える防災無線スピーカーの下辺りから構内を振り返ったところ。
防腐剤臭い木枕木の線路や石積みホーム、木造駅舎、貨物倉庫といった泥臭いものが一切合財消え失せた街並み。

P1060161.jpg
東駄知側には上り場内信号機の台座(右)だけが残っています。

P1060165.jpg
その先の踏切跡を越えると柵代わりに軽レールが刺さっていました。
高さが45mmしかなく6㎏レールよりも細い規格外レール。
かつては粘土や窯業製品を運ぶ工場のトロッコ軌道に使われていたのでしょうか。

tokiguchi.png
土岐口駅の貨物取扱量。
神明口駅と同じく発送が主で1955(昭和30)年度は30,000tを越えていましたが1971(昭和46)年度にはほぼ半減。
1955(昭和30)年度の1日平均発送量は83.8t・・・ワム車6台分というところでしょうか。

参考文献:
RM LIBRARY72 東濃鉄道(清水 武/著 ネコ・パブリッシング/刊)
岐阜県統計書(岐阜県総務部統計課)

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

貨物側線跡 | 23:28:20 | Trackback(0) | Comments(0)
東濃鉄道駄知線神明口駅貨物側線・貨物ホーム跡
あけましておめでとうございます。
今年もまた変わらずアヤシゲな林鉄や側線跡を中心にお送りしま~す♪

東濃鉄道駄知線で土岐市から土岐川を渡り1つ目の神明口駅。
交換設備はありませんが貨物扱い量が多い貨主客従の駅だったようです。
貨物発送量は主要駅の駄知駅を凌ぎ最盛期の1960(昭和35)年度の発送量は19,839t、1日当たり54.3t・・・ワム車で4車相当です。

P1060140.jpg
神明口駅構内を土岐市側から見たところ。
自転車・歩行者専用道部分が駄知線本線跡と思ったのですが現役時代の航空写真で見るとこちらが貨物側線のようで貨車が止められているのが見えます。
右のトラックが止まっているところが貨物ホームの跡で旅客列車は左に分岐して柵の向こうの駐車場になっているところにあった旅客ホームに止まっていたものと思われます。

P1060141.jpg
切り石積みの貨物ホームはトラックの足元に現存。

P1060142.jpg
右にあったと見られる旅客ホーム跡は痕跡がありません。
道路に面しない不自然な位置に線路に沿って長方形の駐車場があるので旅客ホーム線と旅客ホーム跡ではないかと想像させるくらい。

P1060143.jpg
旅客ホーム跡の駐車場から道路に出る道。かつての神明口駅前通りだったのでしょうかね。

P1060145.jpg
貨物ホーム上は駄知線廃止後名鉄急配の敷地となっており貨物ホームと高さを合わせて土地を盛ったためかコンクリート製のプラットホーム状擁壁が続いています。この辺では既に貨物側線と旅客ホーム線が合流していたものと思われます。
右に見える枯草が絡まったコンテナは国鉄C10形コンテナでした。

P1060147.jpg
神明口駅より東駄知側で交通量の多い岐阜県道421号を渡ります。
貨車の入換を行うと踏切で長時間塞いで渋滞になりそうですね。
なお駄知線の代替バスはこの道を通っていますが神明口というバス停は存在せず最寄は津路町バス停になります。
名鉄急配の営業所は県道を挟んで駅と反対側。

shinmeiguchi.png
岐阜県統計書を元に作成した神明口駅の貨物取扱量の推移。
1972(昭和47)年度分は駅別の統計がないので不明。
最後の時期に急に到着量が伸びた以外は全般に発送量が多く窯業メーカーの焼き物製品や陶土などの発送が多かったものと思われます。

参考文献:
RM LIBRARY72 東濃鉄道(清水 武/著 ネコ・パブリッシング/刊)
岐阜県統計書(岐阜県総務部統計課)

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

貨物側線跡 | 17:26:42 | Trackback(0) | Comments(0)
樽見線美濃神海駅貨物側線・ホーム跡
樽見鉄道神海(こうみ)駅は国鉄時代は樽見線美濃神海駅を名乗っていました。
今でも駅表に掲げられた駅名表記には「美濃」の跡が見え当時の名残りを感じさせます。
P1050501.jpg
「美濃神海駅」表示から「美濃」だけ外した跡が残る。

大垣~谷汲口で開業していた樽見線が1958(昭和33)年4月29日に1区間延伸開業して樽見鉄道転換後の1989(平成元)年3月25日樽見まで延伸開業するまで終着駅でした。
美濃神海駅では当初貨物営業も行っていましたが取扱量は僅かで最盛期の1960(昭和35)年度でも発送5,162t、到着1,591tで365日で割ると1日平均は発送14.1t、到着4.3tとワム車1台分で済んでしまいます。
当時の樽見線は旅客はキハ07、貨物はC11牽引で貨客分離されてましたがC11で神海まで入っていたのでしょうか?
キハ07が貨車をぶら下げて行っても間に合いそうな貨物量ですが。

P1050476.jpg
昭和30年代開業なので駅舎はどこも共通デザインであまり面白味は有りません。
樽見鉄道でTOICA、SUICA等のICカードは使えませんが駅前の樽見鉄道気動車色の自動販売機はICカード対応でした。

P1050499.jpg
改札(但し無人駅)を入ると島式ホームへ構内踏切で渡ります。
線路手前の空きスペースが貨物側線跡。

P1050512.jpg
神海駅大垣方を見た様子。ハイモ330-701樽見行が進入。
側線は左端の大垣方出発信号機付近から左手前へ延びていたものと思われます。

P1050497.jpg
構内踏切の側線跡上から樽見方を見た様子。
側線、貨物ホーム跡地には樽見鉄道転換後にアパートが建ちました。
側線は国鉄時代にレールが撤去されてましたが貨物ホームはアパートが建つまではそのまま残っていたようです。

P1050491.jpg
神海駅樽見方。
国鉄時代貨物取扱廃止後は右の1番線が一部撤されて2番線のみ使用だった様子。
右に見える2棟の建物は国鉄時代の官舎らしい。
奥の棟が1番線に近接しており貨物側線は手前の棟辺りまでしか敷いていなかったものと思われます。

P1050470.jpg
ハイモ295-516大垣行が1番線に停車中。
貨物側線がいつ頃撤去されたのか正確な時期は分かりませんが私が初めて樽見鉄道に乗った1995(平成7)年時点で既にアパートが建っていたような記憶があります。

minokomi.png
美濃神海駅の貨物取扱量。まともな量があったのは最初の4年だけで1962(昭和37)年度以降はほんの僅かの取り扱いとなり1968(昭和43)年度以降は発着量ともゼロ。

神海は本巣以遠で貨物取扱いがあった唯一の駅ですが樽見開業後に樽見まで特大貨物が走ったことがあると聞いています。
恐らく中部電力奥美濃水力発電所(1995(平成7)年竣工)の発電機か変圧器輸送ではないかと思いますが樽見行きの積車シキのみ運転だったそうです。
帰りの空車は樽見駅でシキをバラしてトラックで運んでしまったそうで追っ掛け撮影をしていた某先輩をがっかりさせています(^ ^;)


ではでは今年も1年お付き合いいただきありがとうございました。
皆様良いお年を~♪

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

貨物側線跡 | 22:08:45 | Trackback(0) | Comments(0)
名古屋鉄道平坂支線港前駅(旧・平坂臨港駅を含む)
平坂港は矢作川本流よりも狭い入江の奥のささやかな港ですが現在も船溜まりがあります。
この港に岡崎から延びて来た西尾鉄道が1914(大正3)年10月30日に西尾~港前~平坂臨港(貨)を762mm軌間、蒸気動力で開業しています。
港前駅と平坂臨港駅は営業距離0.2kmしか離れていなかったためか2年後の1916(大正5)年10月5日には平坂臨港を港前に統合。
同じ西尾鉄道が建設した吉良吉田~吉田港(貨)と似たような経緯です。
1926(大正15)年9月1日にはライバルの三河鉄道の大浜港(碧南)~神谷(後の松木島)が1067mm軌間、直流1500V電化で開業、港前駅北方に三河平坂駅が開業しますが平坂港からは離れていました。
同年12月1日には西尾鉄道が愛知電気鉄道に合併し、1928(昭和3)年10月1日には1067mm改軌、直流600V電化されています。

P1050239.jpg
港前駅跡。
左側のバス停の位置に駅舎とホーム1面、道路に2本の線路があり、右の1本はホームと接していない側線でした。
昭和30年代の写真を見ると港前から奥の旧平坂臨港へ線路2本で続いていた様子。

P1050231.jpg
旧旅客ホーム跡から西尾方を見た様子。
末期の駅名、現バス停名の読みは「みなとまえ」ですが当初は「みなとさき」。
その間に一時期平坂(へいさか)駅を名乗っていたこともあります。

IMG_3405.jpg
以前は一部に古レールが利用された上屋がありましたがいつの間にか無くなりました。
バスの運行会社も名鉄東部交通ではなく名鉄バス本体でした。
2004(平成16)年3月16日撮影

P1050233.jpg
愛知県道383号線を挟み旧・平坂臨港側から港前駅旅客駅側を見た様子。

P1050237.jpg
道路として続いてきた平坂支線ですが港に突き当たる手前で左カーブが始まっていた付近に古めかしいコンクリート造りの危険品庫があります。
重厚な鉄扉など港前駅現役当時は線路に接して建っていたものと思われます。

P1050236.jpg
右が旅客ホーム側、線路は画像右寄りでカーブしながら右手前方向へ続いていたようですが面影なし。

P1050235.jpg
平坂入江の三河湾方を見た様子。
線路は左の住宅地付近で途切れていたものと思われます。

minatomae.png
平坂支線港前駅の貨物発着量(愛知県統計書(愛知県)を元に作成)
1953(昭和28)~1959(昭和34)年度しかデータがありませんが意外と量が多いなと感じました。
1956(昭和31)年度の発送量22,793tを365日で割ると1日平均62.45t・・・15t積みのワム車なら日に5台は発着していたことになります。
旧・岡崎電気軌道のモ460形や旧・尾西鉄道モ200形など電車が単行で走り、貨車は電車が牽いていたようです。
ミキストに当たる率は意外と高かったのかもですね。

mei-mc461.gif
末期は平坂支線専属になっていたモ461。
平坂支線は本線に当たる西尾線の架線電圧1500V昇圧時に追加投資を行わず処分されることになり1960(昭和35)年3月27日に廃止されました。モ461も同時に役目を終え廃車になりました。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

貨物側線跡 | 23:59:28 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ