FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
名古屋鉄道瀬戸線小幡駅の貨物側線~その1~
名鉄瀬戸線は名古屋と瀬戸市をつなぐ路線ですが元は瀬戸電気鉄道で現在も他の名鉄線と接続が無いため独特の雰囲気があり近隣の人には今も「せとでん」の愛称で親しまれています。
磁器が瀬戸物と言われるだけあって焼き物の産地瀬戸市から瀬戸電による陶磁器輸送が盛んでしたが途中駅からも貨物輸送が行われていました。

P1070792.jpg
小幡駅はかつて近くの竜泉寺をイメージしたという味のある丸い駅舎が名物でしたが今は典型的な大都市近郊駅。
現在は名古屋市守山区で名古屋市バスも発着しますが貨物輸送が行われていた頃は守山市という別個の市でした。

obata.png
国土地理院の1948(昭和23)年米軍撮影空中写真より小幡駅付近を見た様子。
駅の南にかつては山田タイル(現・KYタイル)守山工場が存在し原材料の搬入や製品の搬出に使われていたとのこと。
貨物側線の入換機として電動貨車や電車改造電機も配置されていました。

obata-map.png
1943(昭和18)年当時の小幡駅配線図。
名古屋鉄道車両史 上巻(清水 武、田中 義人/著 アルファベータブックス/刊)掲載の名鉄線配線図を元に作成。
昭和30年代の写真を見ても駅東側の配線は変わっていなかった様子。
戦前の瀬戸電は軌道線で電車も大型ステップ付きの路面電車タイプで、電車は単行かサや貨車を1両を牽く程度のため旅客ホームも短いものでした。

P1070774.jpg
現在の小幡駅。今では乗降客も増え全列車が4両編成。
準急尾張瀬戸行4000系が止まっている辺りかその若干手前がかつての下り(尾張瀬戸方面)旅客ホーム末端と思われます。
留置線はその手前側(尾張瀬戸側)にありました。

P1070778.jpg
橋上駅舎上から尾張瀬戸方面を見た様子。
小幡~大森金城学院前は交通量の多い瀬戸街道(愛知県道15号名古屋多治見線)や国道302号線と交差するため高架化工事が進められていますが踏切の奥に留置線が分岐していた線形が残っています。
手前の自転車置き場辺りに1960(昭和35)年まではデキ31が留置されていたのでしょう。

P1070781.jpg
留置線分岐部。
貨物側線(引上線)は踏切を挟んで向かいの線路沿いに細長く続く駐車場(跡?)になっています。

P1070780.jpg
留置線跡を尾張瀬戸寄りから見た様子。
跡地はホームの延伸スペースや駐輪場に利用されています。

mei-deki31-1.gif  mei-deki31-2.gif
かつての小幡駅のヌシだったデキ30形31。
元は名古屋電気鉄道の1912(大正元)年名古屋電車製作所製168号型193号。
番号は以下のように変遷しています。
193→526→デシ526→デワ52(?)→デキ52→デキ31 1960(昭和35)年8月廃車
竹鼻線西笠松駅の側線入換に使われたデキ32とは同形式ですがパンタが中央に設けられていたり前照灯の位置が違ったりと微妙に形態に違いが出ていました。
本線系から瀬戸線に移ってきたのは戦後だったようです。

スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

貨物側線跡 | 23:33:54 | Trackback(0) | Comments(0)
長良川鉄道母野駅の貨物側線(越美南線美濃洲原駅→木尾駅→長良川鉄道母野駅)~その2~
長良川鉄道母野駅の貨物側線2回目。
なお実際に貨物営業が廃止されたのは1959(昭和34)年木尾(こんの)駅を名乗っていた時代です。

P1070884.jpg
駅舎から貨物側線の方へ~。
後方に見える高架は東海北陸自動車道です。

P1070895.jpg
左に貨物ホーム右に旅客ホームがあります。
スペースの広さからすると側線を2線敷くことができそうな感じもします。

P1070887.jpg
旅客ホーム上から見た貨物ホーム。
裏側を通る国道156号線にホームが削られたのかホーム上のスペースは非常に狭くなっています。

P1070889.jpg
驚いたことに貨物ホーム横の側線は敷設されたまま朽ちかけています。
貨物側線と言うより保線車の留置側線として使っていたのが荒れ果てただけかもしれませんがなかなかの雰囲気。

hanno.png
越美南線木尾駅末期の貨物取扱量。
非常に少なく貨物ホームまで用意する必要があったのか疑問になるほど。
駅の立地条件からしても旅客貨物とも多くなさそうと思いましたが本当に少なかった(^ ^;)
何故こんなところに駅がつくられたのか・・・
住宅が多いのは前後の美濃市須原と美並村(現・郡上市)木尾、現在はどちらにも新たに駅が置かれています。
個人的な推測ですが両地区とも駅を誘致したものの置ける駅は1つだけ・・・恐らく公平を期すため両地区中間の人家疎らな場所に駅を置いたのではないかと思います。

参考文献:
岐阜県統計書(岐阜県総務部統計課)

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

貨物側線跡 | 22:10:36 | Trackback(0) | Comments(0)
長良川鉄道母野駅の貨物側線(越美南線美濃洲原駅→木尾駅→長良川鉄道母野駅)~その1~
長良川鉄道越美南線が美濃市から郡上市(旧・美並村)に入って最初の駅が母野駅。
「母野」と書いて「はんの」と読みます。

P1070883.jpg
国道156号線すぐ横のささやかな無人駅です。
乗降客数も貨物取扱量もさほど多くなさそう・・・実際本当に少なかったのですがちゃんとした貨物ホームが残っている妙な駅。

P1070897.jpg
越美南線開業時の駅名は美濃洲原でしたが駅名の元になっている人家の多い須原地区や参拝客でにぎわった洲原神社は近いとは言え隣の美濃市に位置します。
そのためか国鉄時代の1957(昭和32)年4月1日須原地区内に美濃洲原駅(2代目)が開業するのに当たり駅名を譲るため前もって改名。
1956(昭和31)年12月20日に木尾(こんの)駅になりました。
ところが越美南線の長良川鉄道移管時1986(昭和61)年12月11日に今度は木尾地区の中心部に木尾駅(2代目)が開業。
現在の母野駅に2度目の改名を行っています。
前後に新駅ができる度に駅名を奪われる何とも因果な駅(T T)。

P1070885.jpg
旅客ホームから北濃方を見た様子。
線形から向かいにもかつては線路が敷設されていたようです。

P1070901.jpg
交換駅だった名残りのようにも見えますが向かいにはホーム跡が見当たらず旅客列車同士の交換は不可能。

P1070888.jpg
美濃太田方。
こちらも交換駅のようにY字型にすべく線路を敷設していたようです。
手前には保線側線となった貨物側線の分岐跡。

hanno-map.png
下り(北濃方面行)列車で到着した貨車を貨物側線に押し込むには機関車を機回しする必要があるので向かいの線路は上の図のように機回し線としてのみ使っていた可能性も考えられます。

P1070902.jpg
駅舎があったと思われる付近から貨物側線方を見た様子。
地形からして駅舎は相当小さかったようです。



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

貨物側線跡 | 23:40:58 | Trackback(0) | Comments(0)
高山本線渚駅の貨物側線
山奥にありながら「渚」という地名で注目される渚駅。
因みに「渚」と言う名前の駅はもう一か所ありますがこちらも海から離れた松本市内のアルピコ交通(松本電鉄)島々線にあります。
岐阜県高山市久々野町渚の集落の片隅に位置し駅裏には国道41号線も通り秘境駅と言うほどのことはありませんが人気はありません。

P1070538.jpg
営林署の貯木場があり貨物発送量が多かった飛騨小坂久々野両駅に挟まれた小駅。
そう言えば特急ワイドビューひだも飛騨小坂、久々野には一部停車する列車がありますが渚は一部の普通列車にさえ通過されます。
裏手一段高いところに見えるガードレールは国道41号線。

P1070551.jpg
貨物ホームは駅舎向かって左(岐阜方)にあります。

P1070544.jpg
貨物ホーム、貨物側線は保線車留置線として健在。
草の状態からしてここで積込みを行うことは無いようですが。

P1070545.jpg
近所に鉱山もないので主な発送品は恐らく木材。
国有林の官材は飛騨小坂、久々野駅に集約されるので渚駅で扱ったのは主に民材だったのでしょう。
1957(昭和32)年度の発送量9,813tからすると平均で1地日10t積み無蓋車ト3台くらいが入っていたものと思われます。

P1070548.jpg
岐阜方より構内を見た様子。

P1070549.jpg
跨線橋の銘板。1968(昭和43)年10月31日竣工。
この直前のヨンサントー(昭和43年10月ダイヤ改正)でキハ80系特急「ひだ」が走り始めており高速化を見据えて安全のため構内踏切を廃止して跨線橋を架けたというところでしょうか。

P1070540.jpg
渚駅の富山方。
岐阜から長いこと付き合ってきた木曽、飛騨川も次の久々野駅まで。
久々野~飛騨一ノ宮で宮峠を越えると今度は日本海側へ流れる宮川、神通川に沿って富山へ下ります。

nagisa.png
岐阜県統計書(岐阜県総務部統計課)より作成した渚駅の貨物取扱量グラフ。
発送主体で1957(昭和32)年度には10,000t近くあった発送量が5年後の1962(昭和37)年度にはほぼ半減しています。
合理化のため貨物扱いも飛騨小坂か久々野に集約したのでしょうか。

参考文献:
岐阜県統計書(岐阜県総務部統計課)

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

貨物側線跡 | 23:54:21 | Trackback(0) | Comments(0)
名古屋鉄道竹鼻線羽島(現・羽島市役所前)駅の貨物側線
2019(平成31)年3月現在竹鼻線で起点の笠松を除くと唯一の有人駅である羽島市役所前駅。
竹鼻駅が旧市街の中心なら羽島市役所前は新市街地の中心ということになるでしょうか。

P1070068.jpg
羽島市役所駅。
1929(昭和4)年4月1日の竹鼻鉄道大須全通時に設置されていますが竹鼻駅(2代目)として開駅。
元の竹鼻駅は予め栄町駅に改名していましたが1951(昭和26)年1月1日に竹鼻駅の名前を返して西竹鼻駅に改称。
更に羽島→羽島市役所前と改称しています。
ややこしいので年表形式で載せておきます。
1929.04.01 竹鼻(2代目)
1951.01.01 西竹鼻
1959.04.01 羽島
1965年度中 貨物取扱廃止
1982.12.11 羽島市役所前

P1070073.jpg
羽島市役所前駅を笠松方から見た様子。
竹鼻鉄道開業時の写真を見ると左に側線が分岐し貨物ホームが写っていました。
旅客ホームは今と同じ島式ですが路面で車並みの短くて狭い低床ホーム、貨物ホームの方が高床式で広く立派でした。

P1070065.jpg
ホーム上より新羽島・大須方を見た様子。
左の柵の向こうの段差はかつての貨物ホームの名残?
貨物ホーム跡向こうに見える背高な土蔵はこの地域の特徴をよく表しており水害で水が付かないように高い石垣を組んだ上に建っています。竹鼻線は木曽川、長良川に挟まれた輪中地帯の鉄道なのです。
ところでこの土蔵・・・竹鼻鉄道全通時(1929(昭和4)年)の写真には写っていないのですが存外新しいのでしょうか??

P1070066.jpg
もうちょっとホーム上を新羽島寄りへ進んだ様子。左の駐車場に末期の貨物ホームがありました。

P1070080.jpg
羽島市役所前駅を新羽島、大須方から見た様子。
右の駐車場が貨物ホームの跡。
開業時は広くて大きな貨物ホームでしたがRMライブラリ187 名鉄木造車鋼体化の系譜-3700系誕生まで-(清水 武/著 ネコ・パブリッシング/刊)扉絵の1982(昭和57)年6月撮影の写真を見ると貨物側線が無くなり旅客ホームから今3100系電車がいる1番線を挟んで貨物ホームがありました。
貨車を止めると1番線が塞がり電車同士の交換ができなくなりますがどうしていたのやら?
貨物廃止後も残っていた貨物ホームは1982(昭和57)年10月までには撤去、狭かった旅客ホームは拡幅され今の形になったようです。(国土地理院の空中写真より)

hashima.png
貨物取扱量は隣の竹鼻駅よりも少なく、内訳で見ると到着が多く発送はほとんど無いという状態。
1959(昭和34)年が特に落ち込んでいるのは伊勢湾台風の影響でしょうか?


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

貨物側線跡 | 23:18:03 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ