■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
魚梁瀬にいる特殊軽量機関車
魚梁瀬には地元だけでなく鳥取や静岡の林鉄機関車もいます。

DSC_0698_20170106231456fa8.jpg
岩手富士産業K-22D形特殊軽量機関車。
自重はバラストで調整することができ1.9~2.5tの間で変更することができます。
この機関車は大阪営林局1953(昭和28)年購入の局番21号機で当初は新宮営林署大塔林道(和歌山県)で使われたようですが間もなく鳥取営林署畑ケ平林道へ転属。
こちらでは1956(昭和31)年度で直営生産事業(営林署が直営の伐採事業)が中止となると運材を請け負う木材業者に払い下げられます。
国有林、林道は営林署が持ち、伐採や造林、運材列車の運転は業者任せになったということでしょうか。
その後残っていた畑ケ平林道霧ヶ滝線の軌道運材が1964(昭和39)年に廃止されてからも長く保管され1994(平成6)年に魚梁瀬入り、動態復活しています。

DSC_0706_201701062314575a4.jpg
自重や運転装置は機関車と言うよりモーターカーに近いです。
それでも小さいなりに両運転台構造になっており、林鉄の一般的なL字型車体の片運転台機関車のように後進時に運転士さんが体を無理に捩じって運転する必要はありません。

DSC_0679_2017010623145565a.jpg
運転台構造。
中央のブレーキレバーはオリジナルでしょうがスロットルなどは垣内で動態復元した際にオリジナルとはちょっと違う形になったようです。
メーカーカタログによるとK-22D型は自動遠心クラッチ装備。
自動遠心クラッチ装備の小型モーターカーはシフトチェンジの操作が不要ですがこの機関車にはクラッチペダルが付いてました。
スーパーカブは自動遠心クラッチ装備でもシフトチェンジ操作が必要なのでそれと同じなのでしょうか?

参考文献
林鉄の軌跡―大阪営林局管内の森林鉄道と機関車調査報告書(伊藤 誠一・著/ないねん出版)
林業機械(三品忠男 著/林野共済会)


スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(大阪営林局) | 08:45:38 | Trackback(0) | Comments(2)
大阪営林局尾鷲営林署相賀森林鉄道(相賀林道)二ノ俣線~その3~
去年の相賀林鉄二ノ俣線再訪。
銚子川第2発電所の少し奥で二ノ俣線は白倉林道と分かれて銚子川を左岸へと渡って行きます。

DSC_0598.jpg
こんな山奥でも新線、旧線、旧旧線など周囲は廃線跡だらけなようで。
このコンクリートラーメン橋は昭和20年代に新設されたものということ。
この時代の鉄道橋としてはあまり多くないラーメン橋であり欄干もあるので一見道路橋のようです。

DSC_0602_20160619202442394.jpg
谷の奥の方から見るとこんな様子。
養分も少なそうな路盤から木が育ってます。

DSC_0604_20160619202443d3a.jpg
対岸の橋梁取り付け部は派手に崩壊、渡ったところでどこにも行けないことに(- -;)
因みにこちら側(右岸)も落石地帯で林道にはガードレールが吹き飛ばされた個所や降り積もった落石をブルでごそっとどけたような跡があります。

DSC_0614.jpg
季節が季節のため茂っていて橋のこちら側半分がよく見えませんが透かして見ると橋上には線路のバラストや枕木が1本見えました。

大阪営林局尾鷲営林署相賀森林鉄道(相賀林道)二ノ俣線~その1~
大阪営林局尾鷲営林署相賀森林鉄道(相賀林道)二ノ俣線~その2~


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(大阪営林局) | 20:38:15 | Trackback(0) | Comments(0)
大阪営林局敦賀営林署 黒河森林軌道~5~
芦谷支線林道分岐手前で黒河川を渡る箇所。
DSC_0123.jpg
これまで見た橋で何も林鉄の遺構が残ってなかったのであまり期待せずに橋の下を覗くと・・・
何か楕円形のコンクリートが転がってます。
ひっくり返った橋脚の根元のようです。

DSC_0128.jpg
橋上から腕を伸ばして撮影。事故の元なのでくれぐれも身は乗り出さないように・・・(^ ^;)
中身はコンクリート、流れに直接当たる外側は布積み。黒河森林軌道の橋脚と見て良さそうですね。
恐らく根元だけコンクリート&石造りにして上部は方杖橋かティンバートレッスルとしていたのではないでしょうか。
旧・帝室林野局系の林鉄は角張った橋脚が多く丸い橋脚はあまり見掛けませんが旧・農林省営林局系では円形、長円形の橋脚を見掛けます。

DSC_0139_20151206225633d10.jpg
芦谷林道分岐からは滋賀への県境越えで勾配がかなり急になります。
むしろ左に分かれている芦谷支線の方が平坦なくらいです。

DSC_0130_2015120622183951b.jpg
芦谷支線は専用林道なのでゲートがあります。
しかもゲート目の前ですっぽりと路盤の底が抜けてる様子(^ ^;)
左上にもう一本細い平場が続いているのですが時折見える石積みはこれまでと違う谷積み・・・あまり林鉄路盤っぽい積み方ではないですが果たして牛馬道跡か林鉄跡か?

大阪営林局敦賀営林署 黒河森林軌道~1~
大阪営林局敦賀営林署 黒河森林軌道~2~
大阪営林局敦賀営林署 黒河森林軌道~3~
大阪営林局敦賀営林署 黒河森林軌道~4~

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(大阪営林局) | 22:00:43 | Trackback(0) | Comments(0)
大阪営林局敦賀営林署 黒河森林軌道~4~
昨年林道工事のため触り程度だった敦賀の森林鉄道続きです。

DSC_0103_20151206221803dbd.jpg
車両通行止めになっていないので敦賀営林署黒河製品事業所跡を過ぎ、旧・粟野発電所取水口の眼鏡橋へ。
前回は逆光で真っ黒だったのが今回はどん曇りのおかげで綺麗に真正面から撮影できました。
すぐ左上が旧軌道跡と思われる黒河林道です。

DSC_0106.jpg
その林道上に一直線に並ぶ石の列。軌道敷の石積みが現在の路面に顔を出しているのではないかと思いますが如何に?

DSC_0109.jpg
昨年工事していた通行止め箇所を過ぎると土留めの石積みが何箇所も姿を現します。

DSC_0114_20151206221807e73.jpg
黒河林道菩提谷支線分岐点。
右が黒河林道本線、左が菩提谷支線です。
製板場があったという「瀧谷」と言う場所が現在不明であり、果たして軌道がどちらに延びていたか・・・あるいはどちらにも敷かれていたかはわかりません。
菩提谷支線はさらにワコ谷支線、後谷支線を分岐する結構長めの支線林道です。

DSC_0119_20151206221834f1a.jpg
菩提谷支線分岐直後にある黒河川屈曲部の「岬」を貫く切通し、よく見ると岬に忠実に沿う軌道敷らしき平場が右へ分岐。

DSC_0116_20151206221809a86.jpg
そして切通し先で合流して来るところには石積み路盤も。幅員は自動車道路にしては狭過ぎ、人道としては広過ぎ。
牛馬道か軌道の幅に見えますね。
橋梁銘板によると現・黒河林道は昭和30年台後半から昭和40年頃にかけて自動車道として整備されたようですがそれ以前は軌道敷をそのまま利用していたのかな?

他の廃線跡では橋梁下にはかなりの確率で残っているはずの橋台(ピヤー)が全然見当たらず本当に軌道跡なのかいまいちよく分からないまま先へ~。

大阪営林局敦賀営林署 黒河森林軌道~1~
大阪営林局敦賀営林署 黒河森林軌道~2~
大阪営林局敦賀営林署 黒河森林軌道~3~

大阪営林局敦賀営林署 黒河森林軌道~5~

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(大阪営林局) | 22:37:39 | Trackback(0) | Comments(2)
大阪営林局尾鷲営林署相賀森林鉄道(相賀林道)二ノ俣線~その2~
大阪営林局尾鷲営林署相賀森林鉄道(相賀林道)二ノ俣線の続き。

DSC_0497_201507152202239fc.jpg
銚子川第一発電所を埋めた砂防ダムから。砂防ダムとしては珍しいアーチ式ダムです。
それにしても対岸の絶壁が凄まじい。

DSC_0495_20150715220222b1b.jpg
砂防ダムで埋まっていなかったなら川面から100m以上切り立っていそうです。

DSC_0489_20150715220220f12.jpg
軌道跡の林道は間もなく中部電力の銚子川第二発電所入口に到着。
資材輸送用のモノレールが続いてますが当然関係者以外立ち入り禁止。
かつては中部電力所有のモーターカーがおり、林鉄の線路を相賀からここまで走っていたようです。
湘南フェイスもどき(?)の前面スタイルでメーカー不詳(見掛けは松岡産業製っぽい?)のモーターカーで、中央に中部電力の旧社章が燦然と輝いている写真を見たことがあります。

発電所より先には二ノ俣線のコンクリートラーメン橋が残っているのですがそこは次回の課題として、途中対岸に見えた怪しげな路盤が気になったのでそちらへ~。

DSC_0503.jpg
銚子川を挟んで対岸(左岸)に石積みが続いています。

DSC_0501_20150715220224895.jpg
しかも橋台まで出てきた~これは林鉄関係?

DSC_0510_20150715222355b0e.jpg
対岸に渡る吊り橋で謎の路盤にアクセスできました。そこには練り石積みの奇妙な橋脚が。
天辺の構造物からすると鉄管水路橋・・・つまり銚子川第一発電所関係の施設だったようです。

DSC_0507.jpg
しかしこの程度のスパンの水管橋ならば橋台に橋桁を設置するためのパラペットは不要なはず。
建設時には資材輸送のため軌道が通っていたのかも?

林鉄からはかなり脱線しましたが何やら謎めいたものが多く楽しめるところでした。

大阪営林局尾鷲営林署相賀森林鉄道(相賀林道)二ノ俣線~その1~
大阪営林局尾鷲営林署相賀森林鉄道(相賀林道)二ノ俣線~その3~


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(大阪営林局) | 20:13:40 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ