FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
公民館祭2019準備作業~その2~
長野県王滝村の公民館祭(11/2(土)、3(日))で公開、運転される林鉄車両整備の準備でりんてつ倶楽部さんへお手伝い(お邪魔)に伺ったときの記録その2~。
P1100732.jpg
軽便鉄道模型祭でエッチングキットが販売された元立山砂防のNo.142はバッテリー充電中。
軽便祭では完売してましたが増産されるそうで。

P1100742.jpg
Yさんがこだわり抜いて塗装したNo.132。
私もまだ庫外に出た姿は見ていません。

P1100726.jpg
車庫裏の側線に佇む朽ちかけの木製トロ。
この枯れた雰囲気もいいのですが・・・

P1100735.jpg
朽ち果てられても困るので次なるクレオソート漬け対象に(笑)

P1100740.jpg
本線に出せる状態ではないですが車体維持のため。

スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(長野営林局) | 21:32:32 | Trackback(0) | Comments(0)
公民館祭2019準備作業~その1~
長野県王滝村の公民館祭(11/2(土)、3(日))で公開、運転される林鉄車両整備の準備でりんてつ倶楽部さんへお手伝い(お邪魔)に伺ったときの記録~。
P1100708.jpg
B型客車王営No.12には緑十字に「安全」の文字が入りました。
氷ヶ瀬所属で表記もあったはずですが「氷が瀬」「氷ケ瀬」だったのかりんてつ倶楽部さんで調査中です。
写真をお持ち、ご存知の方があれば情報よろしくお願いします。
王営No12の写真を探しています(りんてつ倶楽部)

P1100714.jpg
運材のブレーキシリンダー修理など行っていましたがこちらの仕事は木製貨車のクレオソート漬け~。
タンク車のBefore

P1100718.jpg
After
ひめしゃがの湯で保存している小坂森林鉄道の山トロにもそろそろクレオソート塗らなくちゃ(^ ^;)

P1100724.jpg
現存する林鉄車両の軸受けはボールベアリングが多いですがこの貨車は古い平軸受です。これはこれで珍しいので撮影~。
グリスの入った軸箱がばね付きの蓋で閉じられています。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(長野営林局) | 22:33:34 | Trackback(0) | Comments(0)
伊豆湯ヶ島の長野営林局運材貨車
台風19号うちの地元は大したこともなくピークを過ぎたようですが伊豆半島直撃しておりこの場所もどうなっているのやら。
台風が通過中、これから通過する地域の皆様お気を付け下さい。

天城湯ヶ島の保存車ラストは運材貨車。
B型客車は日本農林機械製の軸バネ付き台車でしたが後ろの運材もそれぞれ異なるメーカーのものが置かれ貴重なコレクションになっています。
車両の周りは立入禁止措置が取られ近付けないので番号や銘板などは未確認。

P1100657.jpg
運材貨車に積まれた木材に枯葉などが溜まって腐葉土の役割を果たしているのか列車の上に森が育ちつつある状態。

P1100665.jpg
B客側はモノコックトロを開発した富士重工業(前身の大宮富士工業時代の製造かも知れませんが)純正の貨車。

P1100664.jpg
後ろもモノコックタイプ運材貨車。
前位(右)は岩崎レール工業製で長野営林局型の軸箱を持つタイプ、後位(左)の貨車も軸箱形状が異なるものの岩崎レール工業製と見られます。

P1100663.jpg
保存車たちの後方にも何やら石碑と説明板があったので行って見ると。

P1100659.jpg
紀伊半島の尾鷲から伊豆に移り住み炭焼きの技術を伝え1787(天明7)年2月に亡くなったという炭焼き市兵衛の墓とのこと。
東北では天明の大飢饉が発生、フランスではもうすぐフランス革命が起き近代が始まる頃ですね。
従来は伏せ焼き(土の中で炭を燻す方法)だったのが石組みの炭焼き窯で燻すように変わり天城炭として幕府の御用炭となったとのこと。

P1100661.jpg
横には何の説明もありませんが炭焼き窯の跡があります。
ここで市兵衛さんが炭を焼いていたのでしょうか。

大川端キャンプ場がある天城国有林も林政統一前は飛騨と同じく江戸時代は幕府直轄の天領、1889(明治22)年には御料林に指定されています。1940(昭和15)年時点では宮内省帝室林野局東京支局天城出張所が置かれていました。
森林鉄道こそ敷かれませんでしたが御料林時代にたびたび昭和天皇が行幸した縁で「昭和の森」と名付けられました。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(長野営林局) | 22:56:02 | Trackback(0) | Comments(0)
No.118公開日情報(2019年10月13日)
No.118公開日情報 続報
P1080275.jpg
台風19号が接近していますが10月13日(日)は晴れるようなので今のところ予定通り公開するつもりです。
午前中は風が強いとのことなのでNo.118のカバーを取るのは風が収まってからになるかも知れません。

No.118公開日情報(2019年10月13日)

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(長野営林局) | 21:26:57 | Trackback(0) | Comments(0)
伊豆湯ヶ島の長野営林局上松運輸営林大型B型客車No.3
機関車次位に連結された大型B型客車(通称大B)。
基本的には石川県津幡の森林公園にある大Bと同じですが。
P1100672.jpg
車体色は現役時代の赤から淡い青系の色に変わっています。
手前側の窓4枚目まで車内に業務用の連絡員室がありその部分の外には黄帯が巻かれていました。

P1100670.jpg
連絡員室の区分は車内に残っていますが近付けないのでこれが精いっぱい。
床板に区分の段差が設けられているのが見えます。

P1100651.jpg
側面は大B標準の側窓14枚。
側板が裾まで入っており台枠が見えなくなっているのが特徴。

P1100668.jpg
台車は日本農林機械製の運材貨車で板バネが入ったタイプ。


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(長野営林局) | 22:33:39 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ