FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
柿其森林鉄道柿其停車場
中央本線十二兼駅から木曽川を渡り支流の柿其川を少し上ったところにある旧・柿其森林鉄道柿其停車場。
かつては野尻森林鉄道と接続して中央本線野尻駅隣接の土場まで線路が延びてました。
当初は帝室林野局木曽支局野尻出張所の管轄で周囲の御料林自体は三殿出張所の管轄とややこしいところです。
戦時中には御料林自体も野尻管轄にしたものの今度は野尻出張所が飛び抜けて広大な地域を管轄しなければならないことになってしまいました。
林政統一で出張所が営林署になった後昭和30年頃には管理地域の大きさの均一化と林鉄が道路化された後のことを鑑みて再び三殿営林署管轄に戻され柿其森林鉄道も野尻駅~柿其は野尻署、柿其~北沢~大沢は三殿署管轄となっています。
P1010717.jpg
大沢側から見た柿其停車場。
柿其川には林鉄の橋脚が残っています。
この橋は野尻署末期に森林鉄道2級線から1級線へ昇格した際に木橋からプレートガーダー橋に架け替えられた様子。
左奥に見える建物が柿其停車場の機関庫。

P1010721.jpg
林鉄地帯名物のレール利用半鐘櫓も立ってます。
なお停車場は現在も柿其森林事務所として使われています。

P1010722.jpg
現在も車庫として現役の旧柿其機関庫。
さすがに給油設備は林鉄廃止後のものでしょうね。

P1010714.jpg
中にはピットのレールも残ってるのが見えます。
ここの主だったのは機関車2台、モーターカー1台。
機関車は酒井工作所製No.39、三殿営林署自作No.106
モーターカーは富士重工業製No.49がいました。

P1010727.jpg
この石段上に機関車が並んだらなかなか格好いい風景でしょうね。

P1010715.jpg
車庫から見て下段には野尻営林署管轄の線路が入ってましたがこちらは1958(昭和33)年より撤去が進んでおり柿其森林鉄道は他の鉄路と接続が無い状態になってました。

P1010725.jpg
停車場の片隅にある「昭38.4.15作 中継土場」の文字が入った三角形の台座。
スローガン看板か何かだったようでここにも林鉄の古レールが使われてます。
柿其森林鉄道で奥地から運ばれてきた木材はここからトラックで三殿土場へ運ばれていました。
森林鉄道からトラックへ中継するための土場となっていたわけです。
この状態が1966(昭和41)年度の柿其森林鉄道による運材廃止まで続いてました。

スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(名古屋営林局) | 22:44:17 | Trackback(0) | Comments(0)
飛騨小坂の滝めぐりと小坂森林鉄道唐谷線大雨被害
九州から中部地方まで甚大な被害を出しており、昨夜は自宅でも洗車機の中のような雨が降りました。
被害はないですがよく出かけたり通ったりする身近な地域でも被害が出て亡くなった方も見えご冥福をお祈りします。
被災地域の復旧も気にかかるところです。

飛騨地方の被害もニュースになってましたが飛騨小坂では6月の豪雨で滝の遊歩道が壊滅したところにさらにこの大雨被害。
これからの観光シーズンに打撃を被ってます。
山間部で人里から離れた小坂森林鉄道廃線跡でも5月に行ったばかりの造林小屋が跡形もなく消えたり林道が土石流で通行できなくなっているという話を聞きました。
現在厳立峡には行けるそうですが奥の三つ滝、唐谷滝、あかがねとよへの遊歩道が流失。
根尾滝への遊歩道も椹谷の吊り橋が流失してるそうです。

IMG_7712.jpg
厳立峡

IMG_8471.jpg
三つ滝
この遊歩道が流失してる様子。

P1010378.jpg
唐谷線のヘアピンカーブ築堤。
ここも林道が崩れてアクセス不可。築堤自体はどうなっているのやら。
森林鉄道は建設時にセメント節約のため石積みにセメントを充填しない「空積み」で築かれている箇所が多いです。

P1010400.jpg
唐谷の事業所跡付近。林道になっている旧唐谷線の軌道敷が一望できます。
この斜面も今はどうなっているのか。



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(名古屋営林局) | 21:34:02 | Trackback(0) | Comments(0)
小坂森林鉄道7t機No.16
名古屋営林局小坂営林署小坂森林鉄道のNo.16。
小坂森林鉄道の機関車で把握できているものでは最大の7t機(運転手OBの方によると8t機もいたという話が・・・)です。
酒井工作所製で戦時中帝室林野局名古屋支局小坂出張所時代の1944(昭和19)年9月に製作(納入後の検品や手直しが済んだタイミングと思われる)。
エンジンは戦争が始まる前のストック品と思われるアメリカのブダ(Buda)L525 50馬力を搭載しており、当時の燃料入手難を反映してガソリン・木炭ガスのハイブリッド機関車でした。
1級森林鉄道の小坂線用機関車ですが貫通エアブレーキ搭載の貨車が投入された後もエアブレーキ化改造はなされていなかった様子。
戦後は線路強化された若栃線にも入っていたようです。

osaka16-2.png
キャブが角張った屋根の7t機。
前照灯は前面向かって左に取り付けられているので独特の雰囲気。

osaka16-1.png
台枠の"SAKAI.WORKS"の文字が大きいのが特徴的。
同じ1944(昭和19)年度に木曽支局へ納入された王滝小川森林鉄道No.83→No.69(上松運輸営林署で1962(昭和37)年廃車)と外観に共通点が多く酒井工作所で同時期に製作された姉妹機だったようです。
現存する酒井7t機で近いものでは王滝森林鉄道せせらぎ線で動態復活したNo.84が挙げられます。

参考文献:
昭和27年度事業概要(小坂営林署)


28日に大雨で大洞川の護岸(旧・小坂森林鉄道下島停車場付近)が一部破損したり、濁河温泉の県道が寸断され一時孤立状態となっていましたが幸い大事には至らなかったようですね。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(名古屋営林局) | 23:59:56 | Trackback(0) | Comments(0)
帝室林野局の森林鉄道鉄道路線名一覧~名古屋支局編2~
帝室林野局機関誌「御料林182号」(1943(昭和18)年7月)掲載の「森林鉄道名称統一」を元に作成した一覧表。
地元なのでこれまでも何度も紹介したことのある路線ばかりです。
記事のリンク集をつくれば良かったのですが時間が足らず・・・^ ^;

rintetsu-nagoya2.png
PDF版

川上森林鉄道のみ長野営林局坂下営林署管轄となりましたがほかは名古屋営林局に引き継がれています。
帝室林野局名古屋支局は元々静岡、愛知、岐阜(飛騨南部まで)、三重と管轄地域が東西に広かったのですが、林政統一後の名古屋営林局は愛知、岐阜、富山と南北に広くなっています。


iwasaki5.png
イラストは小坂森林鉄道5号機
岩崎レール商会1936(昭和11)年9月30日製作の4.5tガソリン機。
小坂営林署の昭和27年度事業概要には岩崎製とありますが車体形状からすると加藤製作所がOEM製造したもののようです。
エンジンは50馬力のブダYR425を搭載。なお燃料事情が悪い戦中、戦後の時代はこの機関車にも代燃装置とエンジンを接続するパイプが取り付けられていました。
岩崎製の機関車は台枠に製造年が西暦で陽刻されている(前輪の右上)のが特徴で大杉谷森林鉄道の岩崎機にも同様の年号陽刻が見られました。
断片的な写真で見えない部分(オーバーヒート防止のためエンジンカバー外しっぱなしの写真しか無い^^;)は類似機を参考にしています。
塗装も不明ですが帝室林野時代の写真を見ると明るい色なので土工用機関車に多かったというミントグレーで描いてます。


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(名古屋営林局) | 23:46:41 | Trackback(0) | Comments(0)
小坂森林鉄道小黒川支線~その2~
木製架道橋に続き濁河川に架かっていた小黒川支線の濁河川橋梁、近くの道路建設に伴い2006(平成18)年頃に撤去されました。
架橋当時の橋梁の写真は2005(平成17)年5月4日撮影です。
・小黒川支線濁河川橋梁
延長40.75m、1934(昭和9)年3月起工、同年10月竣工。
設計荷重は1m当たり12t、6.5t機関車が重連で渡れるようにつくってあるそうです。

IMG_7716.jpg
Iビーム5.48m+ガーダー15.24m+Iビーム9.14m×2
←小黒川 下島方→

鉄桁の製造は宮地鉄工所、1934(昭和9)年8月4日に東京南砂町の工場から他の鈑鋼桁(ガーダー)、展圧工形桁(Iビーム)複数と共に発送されています。
路線の大島貯木場(飛騨小坂)寄りに使われた鉄桁は前年度に岩崎レール商会より購入されてました。

IMG_7719.jpg
小黒川方の一連はカーブしています。

IMG_7718.jpg
濁河川橋梁の小黒川方。
ここから33‰で上りにかかります。

P1000703.jpg
濁河川橋梁が撤去される原因となった道路。
この左奥が1枚前の画像の場所。小黒川支線は左の斜面を上っていました。

P1000695.jpg
小黒川支線はこの右下から上ってきてカーブし道路を横切っていました。

P1000696_201803302230199c5.jpg
小黒川線と接続していた小黒川線起点。
1928(昭和3)~1934(昭和9)年の間は小黒川軌道の土場があり線路が2本あったはずですが幅が狭過ぎる・・・。
下の道路に落として即荷馬車に積み込んでいたのでしょうか。
小黒川では炭焼きが盛んで山トロに炭俵を積んでくることが多かったものと思われます。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(名古屋営林局) | 22:19:11 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ