■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
旧・荘川営林署庁舎のレール
水没した荘川営林署尾上郷、森茂・六厩川森林鉄道のレールですが荘川から離れた場所で今も使われています。

1960(昭和35)年の御母衣ダム完成後1962(昭和37)年に荘川営林署は庁舎を荘川村(現・高山市荘川町)から白鳥町(現・郡上市白鳥町)へ引っ越しました。
尾上郷林鉄、森茂・六厩川林鉄は大部分の区間が水没するため撤去、電源開発の保障による道路林道への付替えがなされたものの一部の区間がまだ残っていたようです。ただし1961(昭和36)年度を最後に林鉄車輌の配置が無くなっているので実質廃止状態だったのでしょう。
村の多くの地域が水没し人口の流出した荘川村にとって村民の大口雇用先である営林署に出て行かれては堪りません。
引き止めましたが荘川営林署としてはダムに管轄区域が分断され、特に森茂、六厩川国有林へのアクセスが非常に不便になったことから管轄区域の再編を考えてのことでした。
後に岐阜営林署の管轄区域を一部所管替えされ、森茂、六厩川国有林は1964(昭和39)年に飛騨古川の古川営林署に引き継がれ、残っていた森茂・六厩川林鉄六厩川線も引き継がれてます(古川営林署への機関車、運材貨車、モーターカーの配置は無くこちらも列車の運転は無かった様子)。
営林署管轄区域自体が大きく南へオフセットしたことになります。

さて引越し先の荘川営林署新庁舎・・・当時署内の路線撤去で発生した林鉄用6~9kgレールも資材として持って行ったようで・・・。

DSC_0837_20170312212208a50.jpg
長良川鉄道美濃白鳥駅のすぐ傍にある旧・荘川営林署庁舎。
横を通って行くのは美濃白鳥を発車した北濃行ナガラ306。
この敷地には元々省営→国鉄バスの営業所があり、その移転した跡を譲り受けて庁舎と貯木場をつくったとか。

DSC_0838.jpg
現在は中部森林管理局岐阜森林管理署(元の小坂営林署)の白鳥森林事務所となり、隣に木造庁舎を建てて再移転したようです。
尾上郷国有林も今では高山の飛騨森林管理署の管轄となり、元々荘川署の地盤だった地域とは関係が無くなってしまいました。

DSC_0839_20170312212211fe8.jpg
その裏手、貯木場の跡には郡上市立図書館が建っており、駐車場の柵に林鉄のものと思しきレールが使われています。
長良川鉄道の前身・国鉄越美南線が貨物営業を行っていた頃は側線もあってここから木材が貨車積みされていたようです。

DSC_0841_2017031221221221e.jpg
か細い6kgレールの向こうに見えるのはそれよりはるかに太い長良川鉄道のレール。

荘川村に営林署があった頃は国鉄線も通っておらず名古屋営林局管内で最も不便な地にあるとして同署への転勤は敬遠されたとか。
荘川以外から転勤して来た署員には町場の白鳥への庁舎移転は歓迎されたようです。(- -;)
飛騨の田舎で「こんな町もう嫌や」と言ってたら町の大部分が水没(原因は違うけど)して移転・・・ってそんな映画が去年ありましたね。
飛騨古川も山越えて隣ですし・・・。

参考文献:
白き山を守り継ぐ 荘川営林署開設100周年・白鳥町移転30周年記念誌(荘川営林署記念誌編集委員会 編)
荘川村史 下巻(荘川村)

スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(名古屋営林局) | 21:55:02 | Trackback(0) | Comments(0)
名古屋営林局荘川営林署尾上郷森林鉄道~尾上郷(海上)貯木場2~
引き続きダム底から現れる荘川営林署尾上郷貯木場~。

DSC_0786.jpg
林鉄関係の施設は尾上郷川上流側(右)に固まっていました。

DSC_0786-1.jpg
尾上郷貯木場平面図を元に線路(赤線)と林鉄関係の施設を書き込み。
製材工場へ引き込まれていた線路は直角で描かれています。転車台で山トロを1台ずつ90度方向転換して手押しで建屋内に押し込んでいたのでしょうか?
砂焼場では機関車の滑り止めの砂を焼いていたものと思われます。

DSC_0778_201703082318212fb.jpg
尾神橋上から上流側を見た様子。森林鉄道尾上郷幹線の路盤は見出せません。
上の方には電源開発の手で森林鉄道から付け替えた道路林道の日照岳林道の橋が見えています。
この林道は入口にゲートがあり車輌での進入は不可です。

●尾上郷森林鉄道の車両
shokawa-data1.png
以前の再録ですが荘川営林署の各年度別車両は図の通り、この内で尾上郷所属がどれだけかは不明。
北飛騨の森林鉄道は大阪営林局の手で運営されていたためか帝室林野系が主体の名古屋営林局の他の林鉄とは毛色が違います。
機関車を取って見てもホイットカムや松岡産業機など近畿、中国地方の林鉄機関車に近いです。

ogamigo-kato1-2.png
イラストは加藤製作所の代燃ガソリン併用機関車。重量は4~5tクラスでしょう。
モノクロ写真しかなく塗色は不明なので取り敢えず林鉄に多いグリーンにしてます。
屋根上には水タンクが載ってます。札幌営林局大夕張営林署9号機の水タンクをさらに大きくしたような感じです。
水タンクからパイプが動輪上に引き込まれてますが急カーブの多い尾上郷林鉄では常時動輪に散水して横方向の摩擦を軽減していたようです。
また急勾配区間で砂を撒き粘着力を得たい場合、動輪上によく焼いて乾燥させた砂と水を撒くことで踏面に砂を付着させ滑り止め効果を高めるという工夫を凝らしていました。
通常のレール面へ砂を撒く方法では6kgレールは細過ぎて動輪通過前に振動で砂が落ちてしまい滑り止めの効果が薄かったとか。
運材貨車は最後まで木製の山トロが中心で堀田式ブレーキ付き、自動ブレーキ付き、ブレーキ無しなどの種類があった様子。
森茂の写真ではボギー運材貨車もあったようですが尾上郷にいたかは不明。
モーターカーは尾上郷貯木場車庫に富士重工業製T3らしき車が入庫してる写真を見たことがあります。

●運材列車
列車は機関車+山トロ10両程度を牽き、孕車(木材を積んだ列車)も乗り下げではなく機関車が牽引しました。
尾上郷では中間に自署製の自動ブレーキ付き山トロ、最後尾から2両目に堀田式ブレーキ付き山トロをつなぎ最後尾に制動手が乗務し堀田式ブレーキを操りました。

DSC_0813_201703082318241f5.jpg
尾上郷貯木場の南側から秋町方面を見た様子。
尾上郷川を挟んでこちら側は高山市荘川町(旧・荘川村)、向こう側は白川村です。
白川村側で正面の山の裏側には荘川署もう一つの林鉄森茂・六厩川森林鉄道の起点となっていた秋町貯木場がありましたがそちらはダムサイトに近いせいか水をもっと抜かない限り水面上に出てくることはないようです。

参考文献:
白き山を守り継ぐ 荘川営林署開設100周年・白鳥町移転30周年記念誌(荘川営林署記念誌編集委員会 編)
直営生産研究報告集 昭和27年度(名古屋営林局作業課)
  トロリー自動制動機に対する一考案(荘川営林署農林技官 檜坂 正男)
  内燃機関車マグネットに関する一考案外(荘川営林署林業手 谷川 一一)
   Ⅰマグネットに関する一考案
   Ⅱトロリーの堀田式制動と自動制動の併用について
名古屋営林局統計書(名古屋営林局)

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(名古屋営林局) | 22:48:31 | Trackback(0) | Comments(0)
名古屋営林局荘川営林署尾上郷森林鉄道~尾上郷(海上)貯木場1~
1957(昭和32)年に着工した電源開発(現J POWER)御母衣ダム。
1960(昭和35)年に完成し荘川村(現在は高山市荘川町)は中野、岩瀬、尾神地区など村の3分の1、白川村の秋町、福島地区などの合掌造り集落のほか荘川営林署の森林鉄道2路線も湖底に沈みました。
尾上郷森林鉄道の拠点となっていた尾上郷貯木場・・・地区名から海上(かいしょう)貯木場とも呼ばれました。
普段は見ることができませんが雪解け水の流入に備えて水が抜かれる冬場にその姿を甦らせます。

尾上郷森林鉄道は1935(昭和10)年に開業してますがその翌1936(昭和11)年に尾上郷貯木場が開設されています。
当時は大阪営林局荘川営林署でしたが1947(昭和22)年4月の林政統一時に名古屋営林局に編入されています。
閉鎖されたのは御母衣ダム建設中の1958(昭和33)年です。

DSC_0784.jpg
国道156号線上から見た荘川営林署尾上郷貯木場全景。
手前を流れるのが尾上郷川で奥が庄川の本流です。

DSC_0789.jpg
最も目立つのは学校のプールのような2つの水中貯木場。
荘川署の木材の主役ブナ材は腐り易いため虫が付いたりしないように水中に浮かべて保管していました。
森林鉄道はこの水中貯木場を取り囲むように敷設されていました。
山トロに載せられてきたブナ材はここに投入されます。
ヒノキやスギなどは逆に良く乾かさなければならないので地上に積み上げられます。

DSC_0794.jpg
貯木場の横には工場、製材工場の跡があります。
左(北側)が工場、右が製材工場。モルダーや鋸など大型機械の据え付け跡でしょうか。
右奥には事務所や木炭倉庫が並んでいた様子。
工場や倉庫へは当然林鉄の側線が引き込まれていました。

DSC_0798_2017030623593470a.jpg
北の角には国道156号線旧道のカーブが見えます。高台の貯木場から尾上郷川へ降りて先代の尾神橋で渡ってました。
既に水位が上がっており橋の取り付け部などは水没してます。
ここをかつては国鉄バス白城線(美濃白鳥~鳩ヶ谷・・・後に名古屋~金沢に延伸され名金線)も通っていました。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(名古屋営林局) | 23:00:55 | Trackback(0) | Comments(0)
奥三河の木馬道
林鉄の作業軌道跡を探して林道を走っていたら突如出くわした光景。
カーブを曲がると突然目の前に枕木の列とレールのようなものが~

DSC_0692_201603122228340a8.jpg
線路ではないですが森林鉄道やナロー軌道好きならぞくっと来るものがあるのでは?
木馬(きんま)道というもので、木材搬出用に使われる道です。
木馬道では車輪の付いたトロではなく木馬(ソリ)に木材を載せて人力または畜力で手近の道路や森林軌道まで運びます。
実際に木馬を使っている様子は林野庁/映像アーカイブで公開されている「木曽御料林」(制作:帝室林野局)の木馬、機関車 冒頭部分で見ることができます。

DSC_0693.jpg
映像のものと比べるとごく小規模なもので、林道に接続する末端部分には盤台もありません。
木材を載せた木馬が到着するとそのままトラックの荷台に押し込んでしまうのでしょう。
木馬は明治時代に今の神奈川県相模原市(津久井湖の辺りかな?)の運材で使われたのが始まりだそうですが今となってはほとんど存在せず、鉄道と違って情報も出ないので見付けることができたのは幸運だと思います。

DSC_0697.jpg
枕木だけでなく転落防止用に縦方向にも材が置かれていますがこれを遠くから見ると枕木にレールが敷設されているように見えます。
木馬道や木馬は資料館や博物館で置かれているものやイベントの「きんまレース」を見たことはありますがやはり実務に即して森に敷かれたこの風格は堪りません。

DSC_0703_20160312222905ffb.jpg
木馬道はすぐに小さい沢を渡っていますがそこには一本足橋脚の木橋~。

DSC_0700.jpg
その奥には谷の奥へ上って行く桟道が続きます。
本当に作業軌道のように見えますが、ものすごい起伏があるため鉄の軌道で同じ線形は難しいでしょう。
本当に今は2016年なのか?と疑いそうになるほどの夢のような光景。

DSC_0650_20160312222833f22.jpg
木漏れ日の木馬道~。
軌道かと思って近づいたら軌道でなくてガッカリ・・・でなくさらにテンションが上がるという状態でした。
「林鉄ファン」からさらに拡がって「運材ファン」になってるかも~(^ ^;)~
そう言えば最近は林鉄跡の道で運材トラックを見ただけでもつい反応してしまいます(爆)

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(名古屋営林局) | 23:36:31 | Trackback(0) | Comments(0)
名古屋営林局金木戸森林鉄道(一級線)~6~
金木戸森林鉄道一級線最終回~。

DSC_0923_201510251637142b4.jpg
大岩橋梁で中ノ俣川右岸に移った線路は当時のままの姿をとどめた上路トラス橋乙女橋梁で再度左岸へと渡り、引き続き金木戸川上流を目指す金木戸森林鉄道二級線と中ノ俣川を遡る中ノ俣支線(二級線)に分かれます。

DSC_0928_2015102516371579e.jpg
乙女橋梁上はレールが踏板の固定用に再利用されています。
しかも枕木や踏板は最近交換されたばかりのようで真新しいヒバの香りが漂っていました。
因みに軌間は本来の762mmから815mmに拡大しています。
手すりが片方しかないので注意。下を見ると逆巻く流れで平衡感覚が狂うのでお勧めしません。

DSC_0939_20151025163718d0d.jpg
左の青い三角屋根の方が金木戸森林鉄道一級線でこのトンネル内T字路が一級線終点かつ同二級線、中ノ俣支線(二級線)の起点。
トンネルに突っ込んだところでどちらも直角分岐という凄まじい線路選定です。
手前方向が金木戸二級線で奥が中ノ俣支線。

DSC_0942_20151025163719f34.jpg
金木戸林鉄二級線上から見た乙女橋梁。

DSC_0943_201510251651095ab.jpg
二級線に入って二つ目のトンネルで線路は左へ分岐。
右は現在の林道で金木戸製品事業所へ降りる道です。

二級線までは辿る時間がなかったのでこれで金木戸森林鉄道探訪は終了です。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(名古屋営林局) | 16:54:24 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ