■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
帝室林野局の森林鉄道鉄道路線名一覧~名古屋支局編2~
帝室林野局機関誌「御料林182号」(1943(昭和18)年7月)掲載の「森林鉄道名称統一」を元に作成した一覧表。
地元なのでこれまでも何度も紹介したことのある路線ばかりです。
記事のリンク集をつくれば良かったのですが時間が足らず・・・^ ^;

rintetsu-nagoya2.png
PDF版

川上森林鉄道のみ長野営林局坂下営林署管轄となりましたがほかは名古屋営林局に引き継がれています。
帝室林野局名古屋支局は元々静岡、愛知、岐阜(飛騨南部まで)、三重と管轄地域が東西に広かったのですが、林政統一後の名古屋営林局は愛知、岐阜、富山と南北に広くなっています。


iwasaki5.png
イラストは小坂森林鉄道5号機
岩崎レール商会1936(昭和11)年9月30日製作の4.5tガソリン機。
小坂営林署の昭和27年度事業概要には岩崎製とありますが車体形状からすると加藤製作所がOEM製造したもののようです。
エンジンは50馬力のブダYR425を搭載。なお燃料事情が悪い戦中、戦後の時代はこの機関車にも代燃装置とエンジンを接続するパイプが取り付けられていました。
岩崎製の機関車は台枠に製造年が西暦で陽刻されている(前輪の右上)のが特徴で大杉谷森林鉄道の岩崎機にも同様の年号陽刻が見られました。
断片的な写真で見えない部分(オーバーヒート防止のためエンジンカバー外しっぱなしの写真しか無い^^;)は類似機を参考にしています。
塗装も不明ですが帝室林野時代の写真を見ると明るい色なので土工用機関車に多かったというミントグレーで描いてます。


スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(名古屋営林局) | 23:46:41 | Trackback(0) | Comments(0)
小坂森林鉄道小黒川支線~その2~
木製架道橋に続き濁河川に架かっていた小黒川支線の濁河川橋梁、近くの道路建設に伴い2006(平成18)年頃に撤去されました。
架橋当時の橋梁の写真は2005(平成17)年5月4日撮影です。
・小黒川支線濁河川橋梁
延長40.75m、1934(昭和9)年3月起工、同年10月竣工。
設計荷重は1m当たり12t、6.5t機関車が重連で渡れるようにつくってあるそうです。

IMG_7716.jpg
Iビーム5.48m+ガーダー15.24m+Iビーム9.14m×2
←小黒川 下島方→

鉄桁の製造は宮地鉄工所、1934(昭和9)年8月4日に東京南砂町の工場から他の鈑鋼桁(ガーダー)、展圧工形桁(Iビーム)複数と共に発送されています。
路線の大島貯木場(飛騨小坂)寄りに使われた鉄桁は前年度に岩崎レール商会より購入されてました。

IMG_7719.jpg
小黒川方の一連はカーブしています。

IMG_7718.jpg
濁河川橋梁の小黒川方。
ここから33‰で上りにかかります。

P1000703.jpg
濁河川橋梁が撤去される原因となった道路。
この左奥が1枚前の画像の場所。小黒川支線は左の斜面を上っていました。

P1000695.jpg
小黒川支線はこの右下から上ってきてカーブし道路を横切っていました。

P1000696_201803302230199c5.jpg
小黒川線と接続していた小黒川線起点。
1928(昭和3)~1934(昭和9)年の間は小黒川軌道の土場があり線路が2本あったはずですが幅が狭過ぎる・・・。
下の道路に落として即荷馬車に積み込んでいたのでしょうか。
小黒川では炭焼きが盛んで山トロに炭俵を積んでくることが多かったものと思われます。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(名古屋営林局) | 22:19:11 | Trackback(0) | Comments(0)
小坂森林鉄道小黒川支線~その1~
小坂森林鉄道1級線の終点下島停車場。
椹谷線、小黒川線と接続・・・と言うと厳密には違うそうで。
小黒川線は飛騨小坂に高山本線も開業していなかった1928(昭和3)年度に間伐材輸送のため小黒川軌道として先行開業してます。
当初の動力は手押しか畜力、レールも6kgレール使用と最も貧弱なものでした。
小黒川が濁河川と合流する地点に土場、起点が置かれてましたが1934(昭和9)年に飛騨小坂駅隣接大島土場から小坂森林鉄道が建設され、濁河川対岸に終点の下島停車場が置かれることになりました。
この下島~小黒川線起点の連絡線として開業したのが小坂森林鉄道小黒川支線(延長372.24m)でした。
その先に続く路線名が「小黒川線」なので何とも紛らわしい名前です。(^ ^;)


小坂森林鉄道路線図
帝室林野局の路線平面図と現地調査を元にして作成。唐谷線など一部路線未記入(^ ^;)

小黒川支線は小坂森林鉄道1級線(緑)と小黒川線(ピンク)の結節点にちょっとだけある路線。
拡大しないと見えませんね。
P1000677.jpg
下島停車場跡。
道路と木工所になって面影は有りません。
小黒川支線は停車場構内から半径15mの急曲線で左に分岐していました。
カーブしながら木工所の中を突っ切る形になります。

P1000680.jpg
木工所を越えると濁河川を渡っていました。

P1000682.jpg
左の木工所からこの道路をオーバークロス。右の街路灯が乗った土盛りが小黒川支線の築堤の残骸です。
ここには木橋が架かっていました。
小坂森林鉄道の設計当初は踏切とする予定でしたが木材、木炭輸送の荷馬車、御嶽登山客の自動車で交通量が増えたため立体交差に改めたという経緯があります。

IMG_20170602_141559.jpg
国立公文書館つくば分館にはこの跨道橋の設計図面が所蔵されています。
小坂出張所より名古屋支局への木橋増設届は1934(昭和9)年9月25日提出、同10月18日認可。




テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(名古屋営林局) | 23:48:10 | Trackback(0) | Comments(0)
小坂森林鉄道T33BNモーターカー
名古屋営林局小坂営林署小坂森林鉄道のモーターカー。
小坂署には多い時期(1957(昭和32)~1960(昭和35)年)には3台のモーターカーがいたほどですがその実態はよくわかっていません。
唯一写真に写っているものもごく小さくしか見えませんが何とか車輌は識別できるレベルだったのでメーカーの図面からイラストを起こしてみました。
t33bn-2.png     t33bn-1.png
富士重工業 T33BN型
モノクロ写真しかなく塗装は同時期の同社国鉄、民鉄向けモーターカーの例から想像したものなので合っているかどうかわかりません。
寸法:L2,220mm×W1,460mm×H1,535mm
重量:490kg
エンジン:くろがね90V(ガソリン4サイクル2気筒)

基本はオープンカーで風防も無し。
前面窓は雨天時用の防水シートに付いており、ワイパーまで付いています。
さすがにワイパーは手動なのでしょうか?
風防までなくてはさすがに使いづらいということか返って防水シートを外して使っている写真を見たことが無いです。
全国の森林鉄道に入ったものには寒地向けなのか側面にドア付きの物も有ります。
名古屋局内では小坂のほか付知署付知森林鉄道、荘川署尾上郷森林鉄道、神岡署金木戸森林鉄道にいたのを写真で確認してます。
●小坂森林鉄道のモーターカーのエピソード
保線や治山事業、来客送迎などいろいろな目的で使われたモーターカーですが小坂では山奥の製品事業所に生活物資を運んでいた事を聞きます。
宿舎に寝泊まりし早朝から日暮れまで作業。
夜は電灯すらない宿舎もありランプの灯の元でモーターカーが運んできた雑誌を擦り切れるまで読んだとか。
娯楽の少ない山の宿舎と町を結ぶ貴重な交通機関でした。
P1030251.jpg
小坂林鉄若栃線終点付近に残る宿舎の跡。
現在は休憩所兼倉庫と見られる一部の建物だけが残っています。
表には書類倉庫、造林○○倉庫の表札が掛ってました。

また運材列車はまだしも不定期のモーターカーは電話連絡をしっかり取らずに発車させたこともあったとかで運行は危険だった(内規違反だと思いますが- -;)とのこと。
運材列車はまだ降りてこないからいいだろうということでしょうが単線区間で閉塞取らず列車を走らせたら営業鉄道なら重大事故、事案です(汗)

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(名古屋営林局) | 23:45:57 | Trackback(0) | Comments(0)
小坂森林鉄道No.7(2代目?)
名古屋営林局小坂営林署小坂森林鉄道の協三5t機 第2弾~
No7-2.png     No7-1.png
No.7(2代目)・・・この機関車は背面からの写真しか確認できてないので前面は同型機を参考にしてます。
エアブレーキ装備でNO12、13と似てますが古いモデルのため下方確認用の小窓以外は金属窓枠になってます。
小坂ではこの窓枠を白塗りして強調していました。
キャブ外板もリベット止めで林鉄車両としては比較的スマートなイメージのNO12,13と比べると武骨な感じが残りますね。
番号が「No.7」と"o"が小文字、数字との間にドットが入る点が他の機関車と異なります。
他の新製機関車が2桁番号なのに対しわざわざ古い番号を名乗っていることからすると他所からの転属機なのかも知れません。
なお「NO7(初代)」は加藤製作所製1939(昭和14)年6月購入の4.0t機で1952(昭和27)年時点ではまだ初代機がいたことがわかっています。

DSC_0986.jpg
同タイプのものは鳥取県智頭町で沖ノ山森林鉄道の協三5t機が保存されています。
小坂からも近い同じ名古屋営林局管内の付知森林鉄道から沖ノ山へ移った機関車ではないか?という話も聞きますが真相や如何に?

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(名古屋営林局) | 23:29:03 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ