FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
福井鉄道ホサ1、2~その2~
P1080192.jpg
昨年のホサ1修復時のこと。
貨物鉄道博物館搬入後何度か修復、塗装が行われてきたホサ1ですが車輪はこれまで手付かずでした。
で、今回は車輪も黒を入れてみようということでけれん作業を始めたらドロ錆でえらいこっちゃ(笑)
それでも落としていると数字やアルファベットの社名らしき刻印が彫られているのが見えてきました。

P1070974.jpg
プレート車輪には楕円形の窪みが2か所見えますがこのような形で発見されました。

富田側から順に見て行くと
・第1軸
P1060742.jpg
HB HV GERMANY
Hörder Bergwerks und Hütten Verein(ヘルダー鉱業所&フッテン社)と英語でジャーマニー。
ドイツのドルトムント ヘルデにあった老舗鉄鋼メーカー。残念ながら2001(平成13)年に閉鎖されてしまったとのこと。

P1060740.jpg
1912
1912(明治45、大正元)年製造ということでしょうね。製造年がわかったものはこれが最古。

・第2軸
P1060767.jpg
RSW14
これだけでは何だかわからなかったのですがお客様より「ライン製鋼所ではないか?」というアドバイスをいただきました。
ありがとうございます(_ _)
ドイツ語だとRhein Stahlwerkかな?と調べているのですが言語の壁とそれ以上にドイツの製鉄業に関して土地勘が乏しいため該当しそうな会社を見つけられていません。

・第3軸
P1060750.jpg
BOCHUMER VEREIN D.R.P
ボーフマー社とD.R.PはDeutsches Reichspatent(ドイツ帝国特許)の略称。
ボーフマー社はドルトムントの西隣ボーフムの鉄道車輪メーカー。
こちらは現在も盛業中です。

P1060765.jpg
1913
1913(大正2)年製造。
この車輪が作られた翌1914(大正3)年6月28日サラエボでオーストリア・ハンガリー帝国の皇太子フランツ・フェルデナント夫妻がセルビア人青年に暗殺されたことをきっかけにオーストリアと同じドイツ民族国家のドイツ帝国が一緒になってセルビア王国と開戦。
ヨーロッパ全体を巻き込んだ第1次世界大戦が起き泥沼の戦争を味わった末に革命で帝国は崩壊、皇帝ヴィルヘルム2世はオランダへ逃亡しています(貨車に全財産詰め込んで逃げおおせたそうな- -;)。
少なくとも第1、3軸目はドイツ帝政時代最末期の輸出品と言ってよさそうです。

第4軸はスポーク車輪で国産の住友の井桁マークが出てきました。
どうもホサ1本来の車輪はこの第4軸のみで他は国鉄から福井鉄道に払い下げられたときか福井鉄道で交換されたものと見られます。
これらのドイツ製車輪は元々他の車両が履いていたもののお古と思われますがどんな車両から回ってきたのでしょうね。
車輪がドイツ製と言っても車体は国産で輸入した車輪を使用したものと思われます。
福井鉄道は前身の武岡軽便鉄道が1914(大正3)年1月29日に後の南越線に当たる新武生(後の社武生)~五分市を開業させていますがこの時は762mm軌間なのでこの車輪を使っていたことは無いはず。
やはり国鉄由来でしょうかね。

情報提供:Eisenbahnmuseum Bochum(ボーフム鉄道博物館)

スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

保存車 | 22:36:10 | Trackback(0) | Comments(0)
福井鉄道ホサ1、2~その1~
コロナウイルスの影響で4月5日(日)は貨物鉄道博物館も臨時閉館となります。
ご自宅でも見ていただけるよう代わりにちょっとバーチャル開館?

P1080192.jpg
昨年春に修復作業を終えたホサ1。
1930(昭和5)年浅野造船所製の23t積みホッパ車です。
最初は車掌室付きのホサフでしたが今は車掌室が無くなってバラスト散布時に側扉を開閉するためのハンドルが付いたデッキになっています。
当初は浅野セメントの私有貨車で武蔵野鉄道(現西武池袋線)吾野駅や奥多摩方面から浜川崎への石灰石輸送に使われていたもの。同系列でも車籍が武蔵野鉄道にあるもの、青梅電気鉄道にあるものとわかれていたものの後に南武鉄道に移され1944(昭和19)年4月1日に路線ごと国有化され国鉄籍になっています。

fukui-hosa2-011020.jpg
1966(昭和41)年に国鉄で廃車になり福井鉄道へ譲渡され線路バラスト散布に使用され廃車になった直後の様子。
福井新(現赤十字前)駅で踏切から撮影していたら中に車を止めていた福鉄の社員さんが手招き~「本線に入らなければ中から撮ってくれていいよ」というわけで有難く撮影させていただきました。
福井県の県民性は大らかと言われますが京福→えちぜん鉄道、福井鉄道とも出かけたときによくこういう親切に巡り逢いました。
手前は今は亡きホサ2ですがこちらは今貨鉄博にあるホサ1がプレート車輪なのと違ってスポーク車輪でしたがどうやらこちらが新製時の原型に近いようです。
2001(平成13)年11月20日 福井鉄道福武線福井新

fkui-hoki1642-011020.jpg
横には後任の元JR西日本ホキ800形ホキ1641、1642もいました。
2001(平成13)年11月20日 福井鉄道福武線福井新

P1060407.jpg
修復作業中に撮影したホサ1の内部~。長年働いた粉塵が溜まっておりここでブロアーを吹いたら大変なことになるのは必至。

P1060749.jpg
アーチバー台車~
当初は車輪の泥まで落としていなかったのですが車体に対してヨレヨレに見えるのはちょっと見栄えが悪いかな~と泥を落とし始めたらこの作業が地獄を招くことに~ただの泥ではなく日干しレンガのようになっていたのです(- -;)
「まずい作業に手を付けちゃったかな」と思いつつもついつい続けたくなってしまうのは仕事と違うところ~(爆)

保存車 | 22:51:47 | Trackback(0) | Comments(0)
京都鉄道博物館のワム7055
梅小路短絡線や中央倉庫梅小路営業所専用線と一緒に京都鉄道博物館に行ってます。

P1120343.jpg
1月までクハ489-1が白山色で展示されていたので元金沢市民としては見に行かねばと用事を作って出かけました。
ラッピングで再現したものだそうですが金沢駅でよく見掛けたものです。
この塗装は1988(昭和63)年から2002(平成14)年まで白山や急行能登で使われ、その後は↓のように国鉄色へ戻されていました。
IMG_1627.jpg
金沢運転所配置車なので白山、能登の運用以外にイレギュラーでスーパー雷鳥や北越などにも使われ関東だけでなく近畿方面にも来ていました。
スーパー雷鳥編成の検査の都合かスーパー雷鳥色+白山色+国鉄色という混色編成に乗ったこともありました。

P1120373.jpg
貨鉄博スタッフとしてはやはり気になるのが貨車。
コンテナ特急たから号のヨ5000形ヨ5008。
たから号はおろか車掌車が定期貨物に連結されていた時代を見てないのですが長いこと宇都宮貨物ターミナルの片隅、東北新幹線の高架下に置かれていたので見覚えのある姿。

P1120364.jpg
ワム3500形ワム7055
1917(大正6)~1925(大正14)年にかけて10000両以上製作されたワム32000形が前身。
製造所も国鉄工場から民間メーカーまで多岐に渡りますがこの車は日車製らしいです。
貨鉄博で蒲原ワ11の塗り直しを行っているためこういうものを見るとどうしても比べてしまいます(笑)がやはり屋内保存でプロが仕事をしているので状態の良さが際立ちますね。

P1120362.jpg
カーリターダーの上に載せて保存されており同館のミュージアムショップでもNゲージのワム7055がカーリターダーーと組み合わせて販売されています。
突放した貨車を減速させるカーリターダーは現在では京葉臨海鉄道千葉貨物駅で使われているようですがこちらはもっと目立たない簡素なもので、京都で展示されているものの方がメカメカしいと言うか古典的な機械らしい風情があります。

P1070193.jpg
ワム7055の標記。この車は京都鉄道博物館以前はJR西日本の研修センターの教材になって生き延びていたものですがこの標記は現役末期のものを再現したのでしょうか。
1958(昭和33)年10月に米子の後藤工場で全般検査を受け1961(昭和36)年6月に小樽築港で重要部検査を受けたのでしょうか?
1961(昭和36)年10月で検査期限が切れているようですがその頃に現役を退いたのでしょうか。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

保存車 | 23:07:44 | Trackback(0) | Comments(0)
京都スイッチャー蒸機めぐり~加悦鉄道C-160
京都市北区の大宮交通公園に保存されている貴重な1942(昭和17)年6月本江機械製作所製の自重15.5tのCタンク機。
戦前から終戦直後の一時期に産業用蒸気機関車を大量に製造していた富山のメーカーで戦時中に立山重工業に改名しています。
大江山ニッケル鉱山から岩滝の精錬所まで加悦鉄道、日本冶金専用線を直通して運転されたそうですが重い鉱石列車に空制、貫通制動無しのスイッチャー同然の機関車を使うのはかなり恐ろしい気がします・・・(・◇・)
戦後は一時旅客列車にも使用されたものの1957(昭和32)年までは小浜線若狭和田分岐の若狭鉱山専用線に貸し出されていた時期が長かったようです。
加悦に戻った後は丹後山田(現・与謝)~岩滝工場で原料のニッケル鉱石搬入、半製品のニッケルルッペ搬出に使用され1966(昭和41)年3月に廃車。
暫らく加悦で保管された後1969(昭和44)年3月に京都市へ譲渡されたとのことなのでこの記事を書いている頃に京都市譲渡50周年を迎えたことになります。

P1070143.jpg
ヨ6720を従えた状態で保存されています。

P1070139.jpg
15t標準型らしく名鉄最後の蒸機(三興製紙私有機)C351も同タイプの機関車でした。
横には京都市電のN電がいますがベスチビュールが付いた末期の姿なのに無理矢理茶色塗装にしてます。
グリーンとクリームの昭和30年代塗装なら食指が動きますが後で見直したら碌に撮ってなかった(^ ^;)
以前は京都市電1860号もいましたがこちらは平安神宮の方に移ったそうな。

P1070136.jpg
空制非装備なのでエアホースなどは一切なしのスッキリした端梁。

P1070137.jpg
末期は専ら岩滝専用線内での使用でしたが朝夕は加悦の機関庫に入出庫するため丹後山田~加悦の加悦鉄本線上を旅客列車に続行して走行。
動輪3軸はかなり中央に寄ってオーバーハングが大きいので走行時の乗り心地どころか安定性がかなり悪そう。
実際ピッチングが激しかったと聞いています。

P1070140.jpg
サイドタンク容量確保のためか腰高な印象で窓も小さく鈍重なイメージ。

P1070135.jpg
中央に集まった小径動輪・・・何だか丸瀬布の21号を思わせますがこちらは第二動輪もフランジレスではありません。

P1070133.jpg
形式はC15なんですね。メーカー形式なのか加悦鉄の型式なのかいまいちよく分かりません。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

保存車 | 23:11:59 | Trackback(0) | Comments(0)
京都鉄道博物館展示車の現役時
京都鉄道博物館所蔵の車輌で現役時の写真が見付かったもの。
金沢育ちで大学も滋賀だったのでJR西日本の車両は馴染みのあるものが多いです。
他にも何となく覚えはあるけど写真に移っているのが同一番号車か特定できないというものがいくらかあります(爆)

P1070272.jpg
EF81 103
1974(昭和49)年日立製作所水戸工場製・・・常磐線勝田駅向かいの生まれです。

P1070274.jpg
トワイライトエクスプレス色のEF81は敦賀運転派出(敦賀第二機関区と言った方が馴染みが・・・)配置なのでまず間違いなく現役時代を見てるはずですが。

IMG_0596.jpg
すぐ傍の京都駅構内で撮った写真がありました。
2003(平成15)年3月24日 京都

IMG_8307.jpg
敦賀駅でも撮っています。
トワイライトエクスプレスを牽引し遠路はるばるやっと敦賀へ帰って来たところ。
トワイラ運用のEF81は敦賀~大阪~青森~敦賀と言う行路で運転され次の機関車と交代。
敦賀駅では機関車交換作業が見られるので人気を集めていました。
2005(平成17)年6月19日 敦賀

P1070198.jpg
クハ489-1
1971(昭和46)年東急車輛製。
金沢運転所配置の直江津方先頭車。
子供の頃乗った北陸特急は直江津方先頭車が自由席禁煙車だったので何度もお世話になった車です。

P1070197.jpg
北陸の極寒、ジメジメ酷暑の厳しい環境下(^ ^;)を走り回っている姿ばかり見ていたので冷暖房完備の屋内でカーペット上に鎮座している姿に当時とのギャップを感じます。

IMG_1627.jpg
当時米原~金沢の特急加越には通常6両編成の非ボンネット車が使われ、しらさぎもリニューアル車に変わっていたのでボンネット車を米原で見掛けることは無くなっていました。
この日大学の授業の合間に米原の電留線へ行くと珍しく両端ボンネット7連クハ489-1、現在小松で保存されているクハ489-501を含む編成が留置されており既に撮影者がちらほら。
これは夕方の便で出るな・・・と授業が終わってから坂田駅まで撮影に行ったもの。
485、489系ボンネット車の現役走行を撮影したのは夕暮れの近江路を行くこの1枚が最後となりました。
2003(平成15)年5月28日 米原~坂田

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

保存車 | 23:10:04 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ