FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
東濃鉄道笠原線の気動車
笠原駅の記念碑に移っている笠原線の気動車たち。
今回はボギー車、片ボギー車のみで単車のキハ1、2は別の機会に紹介できるかな?
キハ12以外は1971(昭和46)年6月13日の旅客営業休止まで使われていました。
tono-dc23.gif  tono-dcs1.gif
キハ23+キハ12
どちらも元駄知鉄道の日本車輌製ガソリンカーでエンジンはアメリカのウォーケシャ(Waukesha)6-SRL。
キハ12は1931(昭和6)年8月製の片ボギー車でボギー側前面に荷物用バケットを装備。
キハ23は1933(昭和8)年9月製のボギー車でバケットも両側に設けられていました。
駄知線電化後笠原線へ転入してキハ12はディーゼル化されず附随車化。
キハ10形キハ12号、キハ20形キハ23号なのですが駄知鉄道では気動車の番号の下1桁を通し番号としていたためで複数同型車がいるわけではありません。
キハ23は戦時中代燃ガス発生装置を取付け木炭、ガソリンのハイブリッド化、戦後ガソリン専燃に戻り笠原線移籍後の1952(昭和27)年に三菱DB5Lを積んでディーゼル化されています。
現在動態保存されている加悦鉄道キハ101(1936(昭和11)年日車製)と同一設計の車体だそうですが加悦キハ101が片ボギーなのに対しこちらは通常のボギー台車。
DSC_3656.jpg
加悦鉄道キハ101

tono-dc501-1.gif  tono-dc501.gif
キハ501
1931(昭和6)年8月梅鉢鉄工所(後の帝国車輌→東急車輛→総合車両製作所)製の播丹鉄道レカ15→キハ500
播丹鉄道は現在の加古川線や支線となる北条線(現・北条鉄道)、廃止になった高砂線や鍛冶屋線、三木線(後の三木鉄道)で使われていました。
それまで小型の二軸レールカー(当初の形式称号レカの由来)ばかりだった播丹鉄道初のボギー式13m級ガソリンカーで車体両端にはキハ23と同じようなバケットを装備していました。
戦時買収で国鉄籍になりキハ40350に改番。1953(昭和28)年に東濃鉄道が譲受し車体延長やエンジンの日野DA57への載せ替えによるディーゼル化など大改造しています。
元の車体は両側にバケット付きでしたが車体延長で運転室を置いたようです。
台車構造もあって電車くさい外観になっています。

tono-dc502-1.gif tono-dc502.gif  tono-dc502-2.gif
キハ502
笠原線最大の17m級ディーゼルカー。
1934(昭和9)年日本車輛製の中国鉄道(現・中鉄バス)キハニ172。
前面4枚窓で国鉄キハ04系列に似ていますが幕板が広く屋根もやや深いためおデコが広く見えてやや鈍重な顔つき。
新多治見方にのみ荷物用バケットが付いており前後でやや印象が異なります。
現在の津山線、吉備線で使われこちらも戦時買収で国鉄籍となりますが戦中、戦後の燃料入手難でまともに使われることなく1949(昭和24)年に廃車。
1952(昭和27)年より山口県の防石鉄道キハ101として使われますが1964(昭和39)年7月1日に廃線。
東濃鉄道へ譲渡され翌1965(昭和40)年10月に笠原入りしています。
なお中国鉄道キハニ170形はキハニ170~172の3両がいましたがキハニ171は三岐鉄道キハ82となっており電化後も1964(昭和39)年までは四日市直通運用に使われ、使用停止後も1972(昭和47)年まで在籍、偶然にも両車とも名古屋近郊で晩年を迎えています。
なお残るキハ二170は島原鉄道キハ201になってやはり昭和40年代まで在籍していたようです。

スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

気動車 | 23:28:42 | Trackback(0) | Comments(0)
遠軽駅で
北海道旅行はほとんど林鉄中心になってましたがちょっと中休み。
なかなか良い雰囲気の遠軽駅から。

DSC_0769_20160830225546341.jpg
前泊地の北見からオホーツク2号で到着。
名寄本線無き現在では全列車が方向転換のため少なくとも数分は停車するのでターミナル駅の雰囲気があります。

DSC_0773.jpg
乗務員の前後交代の間に乗ってきた列車を見送るため外へ回ります。
編成は札幌方からキハ183-214+キロハ182-2+キハ182-39+キハ183-1554でした。
私は北海道の特急気動車と言うとこのキハ183-200番台車の前面スタイルが真っ先に頭に浮かぶ世代です。
丸瀬布に行った時は北見~遠軽でキハ183-1554、遠軽~札幌でキハ183-200番台車に乗りましたが後者は機械室から聞こえるエンジン音が常に耳に響く感じでした。
撮影するのは200番台車が良くて乗るなら1550番台車がいいかな(爆)
因みにキハ183は車内放送の前後で「アルプスの牧場」が流れます。
国鉄形急行気動車になじんだ自分にとってはもう涙物。

DSC_0776.jpg
瞰望岩の下を札幌へ向け走り去って行きました。
見晴らしの良い瞰望岩を指したアイヌ語の「インカルシ」に漢字をあてた結果「遠軽」になったというので正に遠軽を象徴する岩山です。

DSC_0778_20160830225549801.jpg
市街地から一段高いところにある駅舎。見上げるととても高い建物に見えます。
構内は残念ながらキオスクも撤退して寂しくなってます。

DSC_1137_20160830225551e0f.jpg
丸瀬布から戻ってくると構内にはキハ40が2両。
薄暮のローカルターミナル駅構内に発車待ちの車両と駅の明かりが灯るというのはなかなか好みの風景。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

気動車 | 23:43:11 | Trackback(0) | Comments(0)
2015年末いすみ鉄道~その2~
あけましておめでとうございます。
本年も変わらずアヤシゲ鉄道ネタが基本です~。

大多喜市街から徒歩で撮影地へ~。
DSC_0479_20151230222955180.jpg
急行がキハ58-2346を先頭に上総中野から折り返してきました。
簡易線規格なので急行と言っても速度はゆっくり。

DSC_0480_20151230223227f02.jpg
後打ちでキハ52-125。

DSC_0482_201512302232291c1.jpg
撮影地からは大多喜駅より小谷松駅のが近いのでそちらから乗車することにします。

DSC_0487_201512302232302ca.jpg
踏切の向こうに鳥居と大屋根の農家・・・線路の右側は何だか絵の中の風景のよう。
国鉄形気動車にはよく似合いそう。

DSC_0489_20151230223232bae.jpg
キハ20を模したといういすみ351がやって来ました。
車体が角張っているのでキハ20より古いキハ10のようです。
車内はオールロングシートですがモケットは国鉄形を意識した青になっていました。
こだわってますね~

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

気動車 | 21:45:22 | Trackback(0) | Comments(0)
2015年末いすみ鉄道~その1~
毎年恒例の年末旅行、今年は房総、北関東へ行ってきました。
見場だった東金線を回って外房線大原駅着。関東非電化私鉄巡り6以来のいすみ鉄道乗車目的ですが列車はまだ入線してません。

DSC_0456.jpg
ちょっと大原の街中を回ってから大原駅に戻ってくると到着キハ28-2346+キハ52-125が到着していました。

IMG_1147.jpg
この車両が12年前の夏に氷見線で使われていたところをたまたま高岡駅で撮影しています。
さらに前には電化前の七尾線、小浜線にいたので金沢在住で小浜線利用者だった僕にとっては馴染みの車輌です。
探せば他にも写真が出て来るかも知れません。
というわけでキハ28に乗ろうとしたらこの日は1両貸切で乗れませんでした(T T)
やむなくキハ52に乗車。こちらも越美北線、大糸線で馴染みの車輌です。

DSC_0460_20151230222952f14.jpg
国吉で停車時間中に撮影。
観光列車なのですが見たところ観光客だけでなく地元の方の利用も多かったです。
そうなると気になるのは急行料金300円のこと。
好きで乗りに来てる私らのような人間は300円だろうが1000円だろうが上乗せしても構わないのですが普段利用する人にとっては負担なのでは?かといって次の普通を待つと1時間余計に待たなければならないことになるので止む無く乗っているという気がします。
観光客、鉄道ファン向けでは急行料金値上げしても良いので地元いすみ市、大多喜町在住の人であれば優遇措置として急行料金不要とかできないものだろうか?

DSC_0463_20151230223226889.jpg
上総中野まで行っても接続の小湊鉄道は夕方までないので大多喜で下車して上総中野行を見送り。
城下町をぶらりとして津知家のもなかを買いに行くことにします。

DSC_0464_201512302229540c2.jpg
以前来た時に乗ったいすみ206。まだ在籍はしてるようですが倒木に衝突して自走不能になったと聞いた後どうなっているのか分かりません。見た感じ損傷箇所は見当たりませんが。

続きを読む >>

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

気動車 | 23:17:09 | Trackback(0) | Comments(0)
有田川鉄道公園のハイモとモーターカー
DSC_0388_2015091023490108a.jpg
ハイモ180-101。樽見鉄道出身で塗装も色使いこそ異なれど塗り分けが樽見時代を踏襲しているので、大垣が職場だった私としては馴染み深いです。ただしこちらが樽見に出かけるようになった頃にはこの車は既に有田に行った後。
車内はクロスシートで樽見に最後までいたハイモ180-201,202の200番台車とは若干異なる印象。
富士重工で製造されたのが1984(昭和59)年で樽見鉄道では1993(平成5)年に廃車、有田に転属したのが1994(平成6)年ですから樽見にいた期間よりこの地に来てからの方が遥かに長いんですね。
ハイモはこの日エンジンは掛らず静態展示されていただけ。

DSC_0391_201509102349024e0.jpg
入庫時にTMC200に牽かれて庫内へと引き上げてました。
このTMC200は近づけないので銘板が読めず詳細はわかりませんでした。
JR西日本の地元路線から有田鉄道に転属したようですが。

DSC_0393_20150910234903df2.jpg
旧・金屋口駅ホームは動態保存車乗車時のみ見学可能で、外からは入れません。
駅舎自体は比較的新しいので珍しさはありませんが・・・。

DSC_0368_2015091023490019f.jpg
信号機のリバーが車止めの上に・・・珍しいところに置いてありますね。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

気動車 | 22:48:42 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ