■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
多治見貨物1653レ到着後~その2~
多治見駅北側のコンテナヤード。
かつては多治見機関区があった場所ですがコンテナヤードと北口広場になって跡形もなし。
どこかこの近所に機関区の門柱が保存されているらしいのですが。

DSC_1657.jpg
コンテナの積み降ろしの関係で編成位置を移動させるため結構こまめに移動します。
15年ほど前までは入換に協三10t半キャブが2台入換に使われていましたが撮影してません(- -;)

DSC_1650.jpg
入換作業も面白いのですがこの手際の良いリフトの積み降ろし作業も面白いですね。

DSC_1685.jpg
手早いながらもコンテナを恭しく捧げ持つような仕種。

DSC_1642.jpg
1台で降ろしたり載せたり~。

DSC_0625.jpg
貨物と関係がないですが同じ多治見駅北口ということで。
旧多治見機関区の建屋等があったと思われる付近。駅北口広場を建設しているのですが、それ以前に何か遺跡の発掘を行っている様子。
煉瓦のようなものも見えましたが多治見機関区を発掘しているとも思えませんし、いつの時代のもの?大規模で直線的なラインが並んでいるので比較的新しい時代のものでしょうかね?

スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

JR貨物 | 20:15:01 | Trackback(0) | Comments(0)
多治見貨物1653レ到着後~その1~
中央本線で名古屋市内を出てから最初に特急が停車する多治見駅。
太多線が接続しておりm名古屋方面への通勤客も多い主要駅です。
この駅は東濃地方で唯一定期貨物列車の荷扱いがある駅でもあり2015(平成27)年現在EF64-1000が牽くコンテナ貨物列車が土日も含め1日1本発着しています。

DSC_1596.jpg
庄内川(土岐川)沿いの渓谷区間にある定光寺駅を通過する1653レ。
中央本線上を行くロクヨン牽引の貨物列車ということで人気ですが今回の話題は多治見駅到着後のことが主体です。

DSC_0602_20150621211033d45.jpg
多治見駅に到着するとすぐに入換を行いコンテナ扱いをする下り4番線へ貨車を押し込む作業が見られます。
多治見駅塩尻方にある交通量の多い岐阜街道踏切を塞ぐ入換作業のため地元では所謂「開かずの踏切」扱いされてます。
踏切遮断時に歩行者は迂回できるよう設けられた跨線橋の踊り場から~。

DSC_0604_20150621211035c95.jpg
多治見盆地を出るために虎渓山へと登って行く本線を横目に平坦な引上げ線へ突っ込みます。
とは言え引上げ線末端までは突っ込まず、最後尾が分岐器を越えたところで一旦停止。
開かずの踏切緩和という観点から見るといっそのこと引上げ線末端まで突っ込んで一旦遮断機を上げた方がいいのかも。

DSC_0615_201506212110368df.jpg
入換作業の間に横の中央本線を行き交う列車の本数も多いですね。
なおこの左側は踏切に隣接して信号機のないT字路となっているためますます交通混乱を招いている気が・・・。

DSC_0621.jpg
貨車を側線に押し込んだ後で機関車を稲沢方へ付け替え。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

JR貨物 | 21:56:43 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

まとめ