■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
三重交通北勢線の砂利貨物輸送~その2~

軽便鉄道博物館所蔵の戦前の絵ハガキにあった写真と国土地理院の1946(昭和21)年3月27日米軍撮影の航空写真から推定。
以前の三重交通専用線(関西本線桑名駅・三岐鉄道北勢線西桑名駅)2記事を書いた時の想定より合理的な配線でした。旧記事は訂正~こちらも更に訂正すべき事実が解ったら面白いです。
2番線、3番線は高架木橋(一部コンクリート橋だったらしい)になっており国鉄からの専用線両脇に入っています。
砂利貨物は発着時2番線を使いますが木橋上に自重12.6tの凸電が入る光景が見られたようです。
しかもそのまま機回しができるように木橋は急角度で折れて地上へと降りて本線と合流していました。
桑名からほど近い長島スパーランドにある木造コースター「ホワイトサイクロン」はこれに着想を得たわけじゃないですよね(^ ^;)

timetable.png
●矢田、星川での通票(タブレット)扱い
1948(昭和23)年9月23日改正版ダイヤグラムにはタブレットの孔形状も出ていました。
北勢線は単線なので列車同士の衝突を防止するため当時ごく一般的なタブレット閉塞を行っていました。
タブレットを持っている列車だけが交換駅間の線路に入れる通行証を駅が列車に交付するというものです。
ダイヤグラムによると貨物専用の矢田、星川でもタブレットを交換してます。
なお矢田は当初閉塞区間を西桑名~馬道としていたので、上り貨物列車が矢田に到着すると出張してきた西桑名駅の駅員さんがタブレットを受け取り駅まで自転車で運んで閉塞手続きを取り下り電車に渡していたとか。発車時はその逆手順です。
1948(昭和23)年当時旅客電車は矢田、星川で一旦停止してタブレットの授受を行っていたのでしょうか?
それとも通過授受!?
駅間距離は西桑名~矢田0.4km、矢田~馬道は0.7kmとどちらも非常に短いのでタブレット閉塞機取り扱いで駅員さんはかなり忙しそうですね(+ +)


と言うわけで上のダイヤを元に星川から到着した貨物列車をシュミレーションして見ましょう。
星川発の砂利貨物の1番列車22レを想定してますが交換列車などは他の列車も同じパターンダイヤでした。
かなり妄想入ってるのでどれくらい当たっているかは??です~(^ ^;)~


P1010271.jpg
22レはデ71+トブ821、891混成10連で近鉄名古屋線、関西線を乗り越え左急カーブしながら下り勾配を通過。
上り場内信号機進行現示を確認し慎重にブレーキを掛け矢田構内へ進入。

P1010498.jpg
2番線への分岐器を通過し機関車は平坦な高架線に進入したが後ろからは員弁川の砂利50tを満載した貨車がガンガン押し込んで来る。電車ならこんなにブレーキの利きが鈍くはないんだが・・・。

P1010494.jpg
2番線木橋上で信号所員の停止合図位置に09:55定時到着。
タブレットを渡すと信号所員はすぐに詰所へ飛んでいき西桑名駅へ連絡。下り場内信号機を緑に変えた。

P1010300.jpg
前方400m先の西桑名駅に前だけ見えていた桑名京橋発阿下喜行き955レが動きだし1分ほどですれ違う。
モニ226がトレーラー1両を牽いて来て一旦停止、信号所員からタブレットを受け取った。「通票ヨンカク!」
すぐに発車、重い貨物と違って軽快に坂を上って行く。

P1010492.jpg
今日はトブから砂利を下ろす国鉄の貨車が3番線側で待ってるのでこちらは機回しして貨車を引上げ線に引上げ、推進で3番線に入れなければならない。
推進で行き止まりの線路に貨車を入れるのだからボサッとしてると木橋の端から貨車を落としてしまう。
神経を使う作業だ。今日の操車担当は誰だっけ?


mieko-pcs2.gif

スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

私鉄貨物 | 00:11:56 | Trackback(0) | Comments(0)
三重交通北勢線の砂利貨物輸送~その1~
三岐鉄道北勢線は現在旅客輸送専門ですが近鉄時代まで貨車を保有していました。
実際に貨物輸送が盛んだったのは開業から三重交通時代の1959(昭和34)年の員弁川砂利貨物廃止まで。
北勢線の砂利貨物輸送の実態がどの程度のものだったか時刻表や残された車両の一部を元に探ってみます。

timetable.png
阿下喜駅の軽便鉄道博物館で展示されている1948(昭和23)年9月23日改正のダイヤを元に作成した北勢線貨物時刻表。
三岐鉄道になってから駅が整理されたため今となっては懐かしい駅名が並びます。
赤字の駅は信号場、貨物駅。
矢田は西桑名~馬道間に置かれた信号場だったようで国鉄桑名駅からの専用線が入っていました。
星川、畑新田は戦時中の1944(昭和19)年7月1日に休止、1969(昭和44)年5月15日廃止となっていますが休止時に止めたのは旅客扱だけだったのか戦後も貨物扱いを行っていたようです。
なお星川駅は三岐鉄道に移管された後2005(平成17)年3月26日に元の位置の200mほど西桑名寄りで旅客駅として復活してます。

●砂利貨物21~30列車
朝夕ラッシュの間の閑散時間帯に5往復も設定されており矢田~星川間はノンストップだったようです。
とは言え貨物列車なので速度は遅く現在の各駅停車より少し遅い程度。

●臨時貨物100~103列車
桑名京橋~阿下喜直通の貨物は臨時列車となっていたようです。
阿下喜からは木材や白石工業桑名工場からの袋詰め炭酸カルシウムが出荷されていたそうです。
101レは上り電車と馬道、七和、大泉東、楚原、麻生田で交換、大泉東ではさらに下り電車に追い抜かれます。
102レは下り電車と交換する駅は101レと同じ、楚原で上り電車に抜かれています。

●砂利貨物の車両
1931(昭和6)年の北勢鉄道電化時に日本車輌、三菱電機で凸型12.6t機の20形20,21号が製造されました。
戦時中に三重交通に統合されてからはデ71形71,72号になっています。
MieEL72m.jpg
はーさんの鉄道・旅・よしなし草 (別館)40年前の鉄道風景」管理人様より貴重な三重交通デ72号の写真をお貸し頂きました。
北勢線の砂利貨物が廃止になって余剰となったため三重線(湯の山、内部、八王子線)へ転属した直後の姿です。
三重線ラッシュ時には客車列車の先頭に立っていました。
近鉄となった後も内部、八王子線でデ45形デ46号として事業用に1975(昭和50)年まで活躍しました。
1961(昭和36)年2月19日 近畿日本四日市(現・近鉄四日市、あすなろう四日市)

DSC_0420_201710172225545ee.jpg
北勢線に残ったデ71号は近鉄デ45形デ45号になります。本線に出ることも無くなり北大社車庫で無車籍の入換機械として使われた後解体され台車だけが現在もクレーンの検査に使うとかで現役。
なおデ71→デ45はボンネット中央に前照灯が乗っており、オデコに前照灯が付いたデ72→デ46と異なっていました。

mie-tobu821.png
トブ821形
星川~矢田の砂利輸送用5t積みダンプ貨車。
ナベトロよりは国鉄の土運車に近いような形状。左右に傾けると煽り戸が開いて側線の国鉄貨車へ砂利を落とせるようになっています。
砂利輸送には他に2軸無蓋貨車トブ891形がいたようですがこちらは見たところダンプしない普通の無蓋車。
係員が砂利を掻き落とさねばならなかったようです。
なお砂利輸送以外の貨車はボギー車が多かったようですがダンプ貨車が配置されるまではボギー無蓋車も砂利輸送に充てられていた様子。
北勢線では1952(昭和27)年2月に附随客車11両へエアブレーキが取り付けられ、電気機関車、電車から貫通ブレーキ操作ができるようになっていましたが貨車は最後まで貫通ブレーキ化されなかったようです。

DSC_0400_20171017222552acf.jpg
ダンプ貨車トブ821形を利用したという北大社検車区の仮台車。
見たところ台枠を切り詰め軸バネを取り去った軸箱、車輪と接合したようです。
北勢線100周年記念の工場公開で知人に教えてもらったもの。

DSC_0399_2017101722255124d.jpg
仮台車には記念なのか銘板まで律儀に残されています。
「昭和十六年製造 北勢電気鉄道」とあります。
国立公文書館所蔵の鉄道省文書に北勢電気鉄道の1941(昭和16)年8月25日付けで「貨車設計変更の件」というのがあるので候補車両が絞り込めるかも?
今度上京したらついでに確認して来たいところ~。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

私鉄貨物 | 23:35:54 | Trackback(0) | Comments(0)
富山地方鉄道デキ12021のバラスト貨物入換
新潟・富山旅行の最後。
越中三郷で10020形撮影を終えて後は富山から「ひだ」で帰るだけ~と思ってたら稲荷町でホキが動いてるのが見えたので慌てて下車。
不二越線ホームに上がってデキ12021の推進運転を撮影できました。
これまでデキ12021はイベント展示後の入換を期待して待っていたらその場でパンタを降ろしただけで終わってしまったり、撮ろうとしたらそんな時に限って電車が手前に入ってきたりで散々な目に遭わされてきましたが(笑)ようやく動いてるところが見られました。

P1000580.jpg
ホキ81
1962(昭和37)年富士重工業製。JRのホキ800と同型ですが富山地鉄自社発注車。
電鉄富山方(左)のホキ82はJRの中古車で1965(昭和40)年東急・協三製ホキ1749とのこと。

P1000582.jpg
デキ12021
1958(昭和33)年東芝製30t機。
黒四建設時に関西電力私有機として登場してるので当初は地鉄と関電両社の社章が入っていたそうですがその頃の写真は見たことがありませんね。
台車上部の芯皿が無くミンデン風の独特な台車構造がよく(?)話題になりますがボンネット上の複雑な形状のベンチレータも気になりますね。
全般的に東濃鉄道駄知線ED1001、松尾鉱業鉄道ED251、252をさらに進化させたスマートな形状で太平洋戦争前後の資材難の時期につくられた武骨な東芝戦時型凸電のイメージは払拭されてます。

P1000585.jpg
普段留置されている手前の側線から工場建屋側の側線へ移動中のデキ12021+ホキ81+ホキ82。
何をしようというのかな?

P1000589.jpg
ホキ81の右にコンクリートの台座が見えます。
ダンプカーからホッパ貨車への砂利積込み用の台座のようです。
近い内に保線工事があるので砂利の積込み準備をしていたというところでしょうか?

P1000592.jpg
見ていた間では砂利積込み場所まで移動しただけでパンタを降ろしてしまいダンプカーが来る気配もありませんでした。
最後に京阪テレビカー、地鉄オリジナルモハ14722との並びを撮っておしまい~。
最後まで気の抜けない新潟・富山旅行でした(笑)

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

私鉄貨物 | 21:36:14 | Trackback(0) | Comments(0)
富山地方鉄道立山線釜ヶ淵駅の貨物遺構~その2~
富山地方鉄道立山線釜ヶ淵駅の旧配線想像図。
kamagafuchi-map_2017082623134394b.png
農協倉庫前に側線があるので肥料の到着、米など農産物の発送が主体で、貨車はワ、ワム程度の有蓋貨車を使っていたのでしょう。
側線の有効長を考えると一度に入れるのはせいぜい2、3車程度でしょうか?
航空写真で見ると1961(昭和36)年では側線に貨車らしき影が見えており、1975(昭和50)年では側線が撤去されているように見えます。

P1000555.jpg
前々回画像の再録ですが入線するモハ10025+モハ10026+クハ175左の複線分架線柱下のスペースが貨物側線跡。
今では跡地がパークアンドライド用の駐車場として利用されています。

P1000549.jpg
立山側から貨物側線の引上げ線末端を見た様子。
車止めの跡と見られるコンクリート壁が横たわっています。

P1000548.jpg
寺田側から見ると車止めの壁がよくわかります。
勾配を登って行く本線に対し側線は平坦につくられているのでスイッチバック駅のような構造。

P1000550.jpg
貨物側線から道路を挟んで向かいにあるアルプス農協釜ヶ渕農業倉庫。
奥の棟は航空写真を見ると鉄道貨物廃止後の1977(昭和52)~1981(昭和56)年辺りで建った新しい建物のようです。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

私鉄貨物 | 23:27:40 | Trackback(0) | Comments(0)
富山地方鉄道立山線釜ヶ淵駅の貨物遺構~その1~
富山地方鉄道立山線釜ヶ淵駅の貨物側線遺構など~。
釜ヶ淵駅は非電化762mmゲージの立山鉄道が1921(大正10)年3月19日に五百石~立山(現・岩峅寺)を開業したときにできた駅です。田園地帯の中にある長閑な小集落の駅ですが急行も止まります。

P1000536.jpg
釜ヶ淵駅の木造駅舎。
車寄せの柱の意匠などが富山電気鉄道が開業させた区間の駅舎と共通のものであることから立山鉄道が1931(昭和6)年4月6日に富山電気鉄道と合併した後に建てられた駅舎と思われます。
寺田駅と同じくこの駅舎も元のデザインのまま改築されています。

P1000535.jpg
駅舎内。窓口は封鎖されてますが掃除も行き届いて綺麗な状態。
地元の「釜ヶ淵駅をよくする会」の皆さんにより良い状態を保ってるようです。
改札口の向こうは冬季に一面の田んぼから吹き付ける風が吹き込まないようにホームと仕切られた構造となってます。

P1000538.jpg
寺田方から見た様子。
現在の旅客ホームは1面1線ですが元々旅客ホームは相対式2面1線だった名残りで向かいのホームも残ってます。

P1000533.jpg
架線柱の銘板にはこの路線が五百石線(寺田~岩峅寺)だった頃の名残りがあります。
かつての立山線は南富山経由の現在の不二越・上滝線を指していました。
富山から立山方面の直通列車は南富山経由で運転されていましたが徐々に線形の良い五百石線経由で運転されるようになり、1969(昭和44)年4月1日には五百石線区間を立山線に編入、入れ替わりに南富山経由の路線は不二越・上滝線に変わっています。

P1000531.jpg
対向側のホームにはプランターの花々が並んでいます。
貨物側線は右の架線柱が不自然に広い側にあったものと見られます。

P1000532.jpg
対向ホーム立山方の階段跡。
かつてはここに構内踏切があったのでしょうが現在はホームが延長されたのかこちら側のホームにそれらしい痕跡が見えません。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

私鉄貨物 | 21:57:03 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ