FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
静岡鉄道秋葉線森町駅跡
静岡鉄道秋葉線通称「石松電車」の終点。
秋葉馬車鉄道が東海道本線袋井駅前の新袋井~森町12.1kmで開通したのが1902(明治35)年12月28日。
当時は762mmゲージの馬鉄でした。
静岡清水地区で電気軌道を運営していた駿遠電気と1923(大正12)年に合併して静岡電気鉄道となり1925(大正14)年には1067mmへの改軌、直流600V電化を成し遂げています。
専用軌道と未舗装道路の併用軌道が入り混じり、同じ袋井から出てた軽便駿遠線に勝るとも劣らないローカルムードの強い電車で駿遠線より一足早く1962(昭和37)年9月19日に廃止されました。
名前が秋葉神社に由来してますが当の神社は山越えをした春野町にあります。
この神社があったのは気多(気田)森林鉄道の起点付近に当たりますがそこまで線路を敷設するつもりは無かったのか終始森町止まりでした。

森町駅周辺図
morimachi-map.png
構内は2面3線で川側のホームは貨物ホームだった様子。

P1020578.jpg
①森町駅直前の太田川を渡っていた橋梁跡。
対岸(新袋井側)白いサギの後ろに見える葉に覆われたコンクリート壁が石松電車の橋台です。
電車時代末期の写真を見ると鉄橋ではなくコンクリート桁橋になっていました。スパンの短いコンクリート桁をいくつも連ねた姿は独特でした。
かつては木橋だったのをさすがに今更木橋は・・・と架け替えたのでしょうか。

P1020575.jpg
②太田川橋梁を渡り静岡県道58号線を越え北へ90度方向を変えるともう森町駅構内。
右の車庫裏付近には転車台もあったそうです。
車輪の片減り防止のためたまに電車を方転させていたのでしょうか。
県道はかつての信州街道で秋葉神社参詣客はここから山越えをして秋葉神社へ向かうわけですが現代秋葉神社へ行こうと思えば浜松から西鹿島、天竜二俣を経て国道152号線で天竜川、支流の気田川をを遡って行くか、国道362号線で二俣川を遡り峠越えで行くかであり森町経由の方がマイナーな道になってしまいます。

P1020572_20180805212744063.jpg
③森町の駅前から構内を見た様子。
駅跡には今でも静岡鉄道系列の秋葉バスサービスの本社、車庫、バスターミナルが入っています。
かつては電車の駅舎がそのまま流用されていたそうですが今は建て替わってます。

P1020573_201808052127469a1.jpg
④構内拡大~
後ろの三島神社の丘の雰囲気は電車時代と変化してない様子。
右列のバスが本線跡で後ろのバス辺りで左にカーブして太田川橋梁へ続いていたのでしょう。

秋葉線電車イラスト
かつては小さな何とも愛らしい電車が走っていました。
akiba-mcs1.gif
モハ7+ハ3
モハ7は1926(大正15)年日車製の木造単車ですが単台車のブリル21Eを自社でボギー台車に改造、ポール→Yゲル→Yゲルを接合したパンタグラフ設置と荒業を駆使しています。
静鉄技術陣は電車を自作してしまう程なのでこれくらいは朝飯前だったのでしょうか。
ハ3も元は下のハ2と同型のモニタルーフ、オープンデッキだったのが大改造されてシングルルーフ、ドア付きの新車体に変わっています。
モハ7は車体だけが保管されているらしく、かつて東山動植物園で保存されていた名古屋市電貨2号のブリル21Eと組み合わせるべく台車を譲り受けたと聞きましたが今はどうなってるのでしょうね?

akiba-mcs2.gif
モハ1+ハ2
モハ1は1925(大正14)年鶴見木工所製の静岡、清水市内線など都市部で使われていた電車。
1942(昭和17)年8月の秋葉線転属に当たり東横車輛でで車体改造を受けてるそうです。
この車両は集電装置がYゲル化(末期は屋根もダブルルーフからシングルに改造された様子)されてますが最後まで単車のままでした。
ハ2も静岡市内線から転属したようで1920(大正9)年天野工場製。
古典的なモニタルーフでかつてはベスチビュールもなく寧ろ馬車鉄道の客車っぽい雰囲気でした。

スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

廃線跡(一般鉄道) | 23:08:34 | Trackback(0) | Comments(0)
夕暮れの静岡鉄道駿遠線五十岡駅
静岡鉄道駿遠線の駅跡で寄って見たかった五十岡(いごおか)駅跡。
1914(大正3)年1月12日に開通していた中遠鉄道新袋井~新横須賀10.3kmの新岡崎~浅名の途中駅として新設され1915(大正4)年5月11日に開業。
元々ホーム1面1線の停留所でした。

P1000261.jpg
廃線跡のサイクリングロードに面した部分は元々のプラットホームのコンクリート擁壁が残存。

P1000263.jpg
新袋井方には弁財天川橋梁がそのままサイクリングロードに利用されて残っています。
手前の水面に見える4つのチョボは道路橋旧橋の橋脚跡でしょうか?

P1000264.jpg
ホームなのでやはり上でちょっと来ない列車を待ってみることに。
新三俣・藤枝方を望みます。

P1000266.jpg
再現駅銘板の裏には駿遠線と五十岡駅の詳細が書かれています。
最近設置されるこのような説明板は本当に質が高いなと思います。

P1000267.jpg
黄昏時で電灯が灯りなかなか良い雰囲気。
現役時代は周囲は田畑しかなかったようですが現在は住宅も増え、ホーム裏手には交通量の多い静岡県道41号線が通っています。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

廃線跡(一般鉄道) | 23:54:05 | Trackback(0) | Comments(0)
新鵜沼短絡線(名鉄犬山線新鵜沼駅~JR高山本線鵜沼駅)~その1~
高山線新鵜沼駅と名鉄犬山線新鵜沼駅の短絡線。
本業は貨物連絡用の側線のはずですが2001(平成13)年9月30日に特急北アルプスが廃止されるまで毎日列車が通っていたので覚えている方が多いと思います。
戦前も名岐鉄道が高山線直通列車を走らせており押切町(新名古屋地下線開業前の名古屋側終点)~鵜沼に自社の電車牽引で国鉄客車を走らせ鵜沼から富山まで直通させたり、モ750形や元尾西鉄道のモ250形を柳橋~鵜沼は自走、高山本線の列車に併結して下呂まで乗り入れるなど華やかな歴史を持っています。

P1020574.jpg
名鉄側の短絡線分岐跡。線形そのままに道路化されてます。
連絡線現役時も何度も来てますが隣の犬山橋併用橋の方ばかりでこちらで列車を撮ったことは一度も無し(爆)
沿線が建て込んで列車との間隔もないためあまり走行写真向けでは無かったこともありますが1枚くらい撮っとけよな(笑)

P1020576.jpg
名鉄名古屋方。
この先すぐに犬山橋で2000(平成12)年3月までは県道(かつては国道41号)との併用橋になってたためここらから列車はタイホーン、ミュージックホーン鳴らしまくりで徐行してましたがそれも今では昔話。
2駅先で分岐する広見線、小牧線が600V電化だった時代、1500Vの犬山線も直通するため蒸機1000形、電気式ディーゼル機DED8500形牽引の貨物列車もあり併用軌道に乗り入れてたそうです。

P1020629.jpg
住宅街に突っ込む短絡線。
かつては田んぼの中だったようですが後に住宅に埋もれてしまった様子。
連絡線廃止後駅出入口がこちらにもできて便利になったためか最近は新しい住宅が増えています。


P1010009.jpg
2002(平成14)年8月25日撮影
毎日この線路を走っていた特急「北アルプス」が廃止されて1年ほど経っているため既にレールは錆びついています。
周囲の住宅の形状から推定して1つ前の写真の中央奥に見えるカーブミラーの辺りから振り返って撮影したものでしょう。



P1020631.jpg
右カーブがきつくなるところで道路は短絡線跡から分かれています。
短絡線は奥の住宅の場所を通っていました。
この住宅になっている辺りで前回の名鉄各務原線新鵜沼駅旧ホーム跡への側線が分岐していました。

P1010010.jpg
2002(平成14)年8月25日撮影
上の写真とほぼ同じ位置から見た様子です。周囲の住宅やアパートの形状が一致するので同定できますね。



P1020635.jpg
高山本線山﨑街道踏切から富山方を見た様子。
以前は前方の用水路にガーダー橋が架かっていましたが撤去済み。

DSC_0096_20171215224549c7f.jpg
ガーダー橋、安全側線、短絡線分岐器が残っていた頃の同一地点。
2012(平成24)年5月5日撮影

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

廃線跡(一般鉄道) | 22:54:42 | Trackback(0) | Comments(0)
新潟交通電車線月潟駅と白根駅付近
西長岡付近の渋滞で意外と時間を取られレンタカー返却時間のこともあり旧新潟交通月潟駅再訪の見学はほんの数分だけ。
前回行った時の様子は↓
新潟交通月潟駅の「電鉄」~その1~
新潟交通月潟駅の「電鉄」~その2~
新潟交通月潟駅の「電鉄」~その3~

IMG_20170716_162405.jpg
モハ11
現役時のような雰囲気は今回も維持されていました。

IMG_20170716_162334.jpg
モワ51
こちらも状態は変わりありません。

IMG_20170716_162119.jpg
キ116
前面ガラスが割れてしまったようです。
これは割られたのか、老朽化で割れたのか?
旋回窓付きなので修復は大変そうです。

IMG_20170716_164943.jpg
中ノ口川堤防下の白根駅跡。元の駅前売店は公園前売店となっています。
駅構内は左の拡張された堤防で埋められています。新潟交通電車線の主要駅だったのですがそんな面影は有りません。

IMG_20170716_164318.jpg
千日~白根の廃線跡。
枕木の柵と一本だけとなった木製架線柱が残ってます。
この架線柱だけ残ったのは街路灯が取り付けられているためでしょう。
この架線柱と線路を挟んだ反対側の木柱には4灯式の白根駅上り場内信号機が取り付けられていました。

IMG_20170716_164517.jpg
千日~白根の廃線跡。
風雨で大荒れになった直後で暗い天気だったため暑いはずなのにどこか寒々とした光景に。
木造の小さな鉄工所に灯る裸電球だけが温もりを感じさせます。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

廃線跡(一般鉄道) | 21:16:03 | Trackback(0) | Comments(0)
越後交通長岡線深沢駅
今度は来迎寺から逆に海側へ分かれていた越後交通長岡線。
来迎寺~寺泊39.2kmの電気鉄道でした。
通常のローカル線は貨物が先に無くなった後に旅客列車も廃止と言う例が多いですがここでは1975(昭和50)年4月1日の旅客営業廃止後も来迎寺~西長岡~越後関原の貨物営業が続けられ部分廃止はあったものの最終的に1995(平成7)年4月1日まで残っていたのが特徴です。
なお来迎寺~西長岡は他区間より貨主客従の強い区間で旅客営業は1972(昭和47)年4月16日に一足早く止めていました。
西長岡~寺泊はちゃんと電車が使われてましたがこの区間では木造二軸客車やモーターを外した電車を貨車の後ろにつなげた貨客混合列車が走っていました。
しかもここでの貨物は有蓋、無蓋車のような一般貨車だけでなく高圧ガス、化成品タンク車に客車が連結されるわけですから何とも異様です。

IMG_20170716_141716.jpg
来迎寺駅を出てすぐ信越本線と分かれて渋海川橋梁へ至る築堤。この区間には水路を渡るガーダー橋も残ってます。
小学生の頃(1992(平成4)年)に家族旅行で新潟へ行くとき「西長岡駅に行きたい!」と希望を出したところ速攻却下(爆)
特急「北越」の車内からこの何ともそそるカーブ築堤(当時はもち現役線路!)と来迎寺駅構内留置の越後交通社車のワラ1だけ見て終わりでした(T T)
四半世紀を経てようやくこの先の区間を見ることに。

IMG_20170716_142852.jpg
渋海川を渡って北東へカーブする場所が1つ目の深沢駅。
奥が来迎寺方。プラットホームや農業倉庫が残ります。
最後の1995(平成7)年4月1日廃止区間ですが末期は全く駅としての機能を果たして無かったようです。
1面2線で左から本線、側線、プラットホーム。
本線側には元々ホームが無かったようで停車列車だけがホームに面した側線へ入っていたということでしょうか。

IMG_20170716_142940.jpg
プラットホームレールと木組みで土盛りを囲った簡素なホーム。

IMG_20170716_143110.jpg
それでもホーム上は舗装されてます。一応肥料などの到着貨物があったらしくホーム上に倉庫も建っていたようです。

IMG_20170716_143106.jpg
架線柱の台座と架線柱を囲っていたガードのアングルが残ってます。
作業中の車が架線柱に引っ掛けて破損、倒壊してしまうのを防ぐために設置したのでしょう。
かつてはトラックなどがホームに横付けして荷物を積み替えることが多かったのでしょうか。

IMG_20170716_143045.jpg
元の駅前は広場や床屋さんがあって意外と駅前らしい風情が感じられます。

IMG_20170716_143136.jpg
もうぼろぼろですが農業倉庫も。

IMG_20170716_142901.jpg
西長岡方の踏切に残っていた標示板。
錆びの濃さの違いから「ふみきりちゅうい」と書いてあったのではないかと推定。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

廃線跡(一般鉄道) | 00:12:15 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ