■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
住友セメント富山SS専用線、日本アルコール販売富山保管庫専用線(高山本線西富山駅)
<住友セメント富山SS専用線>
1964(昭和39)年には製鉄所専用線から本線を挟んだ東側に住友セメントのSS(サービスステーション)が開設されています。

作業方法:私有機
作業キロ:0.4km
総延長キロ:0.6km

P1000422.jpg
2番ホーム末端から富山方を見た様子。
左は前回の報国製鉄→新報国製鉄→呉羽製鉄富山工場跡地の住宅地、右のトレインと言う文字が見えるアパートの辺りがかつての住友セメント富山SS跡。

●住友セメント富山SS専用線の機関車
こちらには日通機と別にSS用の私有機がいました。
・301
1959(昭和34)年7月川崎車輌製で製番38。
機関車表には35t機軸配置BBとあるが実際には↓の同型車302を見ての通り15t機軸配置B。
正体は編集長敬白アーカイブの以下の記事に詳細が上げられています。
住友セメント広田SSのこと。
060216.jpg
301と同時製造の302。こちらは磐越西線広田駅の住友大阪セメント広田SS専用線に転じていました。
SSがもう閉まっている時間帯で許可を得る相手も無く敷地外から後ろ姿を撮っただけです(_ _)
現存するものでは和田岬線から分かれる川崎重工兵庫工場にいるスイッチャーに似てるかな?
2006(平成18)年2月16日撮影

・D151
1969(昭和44)年6月日立製作所笠戸工場製15t機で製番13072。
住友セメント松任SSから転属してきた標準的な日立15t機。
専用線廃止後は東新湊の日本高周波鋼業構内鉄道へ移り、さらに日立製作所笠戸工場(山陽本線下松駅)に里帰りして新車の出荷に使われました。
奥野さんの↓の記事で写ってる重連の前の機関車と思われます。
下松情報
下松の機関車は北陸重機の新車に変わったので現在は引退してます。



<日本アルコール販売富山保管庫専用線>
専用線一覧表では1984(昭和59)年版になって出てくる新しい専用線。
現役時代の様子を奥野さんが撮影されてます。
西富山報告

作業方法:国鉄機
作業キロ:0.1km
総延長キロ:0.1km

P1000428.jpg
1番ホーム岐阜方の構内踏切から富山方を見た様子。
右のアパートの場所も貨物側線の跡。

P1000434.jpg
日本アルコール販売の専用線は報国製鉄→新報国製鉄→呉羽製鉄富山工場の専用線の一部を利用していたようです。
この専用線にはスイッチャーはおらず国鉄→JR機が入換を担当していました。

参考文献:
専用線一覧表(日本国有鉄道貨物局)
機関車表 フル・コンプリート版(沖田 祐作・著/ネコ・パブリッシング)

スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 21:39:41 | Trackback(0) | Comments(0)
報国製鉄→新報国製鉄→呉羽製鉄富山工場専用線(高山本線西富山駅)
富山市街の西郊。呉羽山の下にある駅です。
今では住宅街の駅ですがかつては専用線がありました。
というわけで古い順に上げていきます。

作業方法:手押、相手方機→手押→日通機
作業キロ:0.5km
総延長キロ:0.9km

報国製鉄は調査してもいつ頃出来た会社かが分かりませんでした。社名からすると戦時中の設立でしょうか。
砂鉄を原料に製鉄を行っていたようです。
敗戦で軍需が無くなると業績が悪化したようで1949(昭和24)年10月に再建のため埼玉県川越市の新三徳工業と合併し新報国製鉄を設立しています。
新報国製鉄時代に株式上場までこぎつけており当時の様子が「証券」1952(昭和27)年10月号(東京証券取引所 東京証券取引所総務部)に載っていました。
当時の生産品は低リン銑18%、低硫低銅銑19%、純鉄5%、溶接棒鋼塊54%、チタライト1%、その他3%となっています。
聞き慣れない名前ですが低リン銑、低硫低銅銑はリン、硫黄、銅などの不純物が少ない銑鉄ということらしいです。
これらはさらに炭素量を減らして鋼に加工するためさらに高炉メーカーへ送られていたようです。
製品の半分以上をを占める溶接棒鋼塊は溶接器具のあのバチバチいってる先端部分の材料で、富山工場で砂鉄を溶かしてインゴットにして川越工場へ送り溶接棒に仕上げていました。

新報国製鉄は当時国内の三大砂鉄メーカーでしたが富山工場の業績は芳しくなかったようで1955(昭和30)年に川越を存続工場として富山は分離売却。
会社自体は現在も当時の名前のまま盛業中です。
専用線一覧1957(昭和32)年版では専用線使用者名が呉羽製鉄(株)となっています。
会社が変わっても貨車輸送は続いていましたが航空写真を見ると1980(昭和55)年にはあった工場、専用線が1983(昭和58)年には宅地化されておりこの間に工場閉鎖、専用線廃止となったのでしょう。

P1000429.jpg
西富山駅の駅舎。
高山本線JR西日本区間木造駅共通の配色です。
背後の呉羽山との間に工場がありました。

P1000424.jpg
2番ホームから岐阜方を見た様子。
停車中の列車は速星から乗って来た富山行きキハ120。
右の側線、専用線跡はレールが撤去され空き地になっています。
更にその右の工場跡地は宅地化されています。
かつてはここで水力発電王国富山の安価で豊富な電力を生かした電気炉8基(1953(昭和28)年当時)が稼働する製鉄所がありました。

P1000421.jpg
富山側。特急ワイドビューひだ8号名古屋行が通過。
専用線の貨物積卸場所はこの画像左奥にあったようです。

P1000430.jpg
西富山駅岐阜方の踏切名には・・・

P1000432.jpg
1949(昭和24)年以前の報国製鉄の名前が今でも使われています。

●新報国製鉄→呉羽製鉄専用線の機関車
日通富山支店西富山営業所が入換を担当しており
専用線一覧では
1951(昭和26)年版 手押、相手方機
1953(昭和28)年版 手押
1957(昭和32)年版 日通機
1964(昭和39)年版 日通機
1970(昭和45)年版 日通機
となってました。
1953(昭和28)年版で機関車がいなくなり1957(昭和32)年版で再び導入されているのは工場の業績と関係するのでしょうか?
機関車表に載っていたものは以下の通り。

・無番機
1953(昭和28)年12月加藤製作所製10t機で製番28969。
当初は日通千頭支店に配属され大井川鉄道千頭駅構内の入換に使われた機関車。
車籍は大井川鉄道にあり番号はD1でした。
機関車表 沖田 祐作編には1969(昭和44)年9月30日西富山営業所移管とあります。
恐らく千頭駅で接続していた千頭森林鉄道が前年に廃止され入換の仕事が無くなったため転属してきたものと思われます。
senzu-d1.png
イラストは賛歌 千頭森林鉄道(谷田部 英雄・著)に掲載されていた写真を元に描いた大井川鉄道D1時代のイメージ
写真では機関車が後ろから写されているため前照灯の位置はわかっていません。

・7
1965(昭和40)年1月日立製作所笠戸工場製15t機で製番12815。
製造当初からいたのではなく富山営業所圏内のどこかの駅から転属してきたようです。
後に南福井へ転属し現在は個人蔵で保存されているそうな??
類似タイプと見られる日本冶金川崎事業所専用線日立15t機

参考文献:
証券 昭和27年10月号(東京証券取引所 東京証券取引所総務部)
新報国製鉄株式会社webサイト
専用線一覧表(日本国有鉄道貨物局)
機関車表 フル・コンプリート版(沖田 祐作・著/ネコ・パブリッシング)
賛歌 千頭森林鉄道(谷田部 英雄・著)


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 20:22:36 | Trackback(0) | Comments(0)
白鳥の歴史館で「森林鉄道資料展」開催中
2017(平成29)年7月31日(月)~8月31日(木)の間、名古屋市熱田区にある中部森林管理局名古屋事務所併設の「白鳥の歴史館」で森林鉄道資料展開催中です。
詳細は以下チラシをご覧ください。
29rintetu-1.jpg

所属する小坂森林鉄道研究会からも資料提供させて頂いてるので本日会場を見てきました。

P1000806.jpg
白鳥貯木場の南端、旧・名古屋営林支局があった場所の一角に中部森林管理局名古屋事務所併設の「白鳥の歴史館」があります。
駅は地下鉄名城線西高蔵駅か名港線日比野駅が最寄ですが多少距離があります。
また名古屋市バス「熱田巡回」神宮東門発~神宮東門行に乗り「生涯学習センター」で降りると生涯学習センターのすぐ裏(東隣)です。このバスは名鉄神宮前駅前の神宮東門バス停、JR熱田駅前の熱田西バス停、JR・名鉄・地下鉄金山駅南口の金山南口バス停から乗り継ぐことができます。

P1000807.jpg
森林鉄道資料展のコーナー。
なお常設展示にも森林鉄道や白鳥貨物線が写った写真があります。

P1000813.jpg
リンク先で研究会先輩であるくるまやさんの小坂モジュール&協三機群が牽く運材貨車が多数。

P1000895.jpg
係の方にお願いすれば小坂森林鉄道濁河線末期の伐採、運材風景の貴重なカラー映像も放映してもらえます。
こちらからも小坂森林鉄道の車両詳細解説資料を会場に置かせて頂いてるので写真展示や映像、模型の機関車、貨車の正体が気になる方はご覧ください。

ナロー、林鉄好きでお盆休み最後の1日をどうしようかと考えている方、夏休みにどこか行くところを探してる方は会場へ是非お越しください~。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(名古屋営林局) | 22:27:34 | Trackback(0) | Comments(0)
速星入換~2017夏編~
速星の入換。
以前速星のスイッチャー で紹介したときと変わってはいませんがホームの側線側に柵ができていました。

P1000381_20170814203330618.jpg
この日の入換は251が担当。

P1000385.jpg
希硝酸タンクコンテナを載せたコキ200を入換。

P1000396.jpg
富山貨~速星の牽引機は東新潟区のDE10 3505。
元は1976(昭和51)年日本車両製DE15 1523で仙台から転入してきた機関車。

P1000397.jpg
農業倉庫と一般貨物側線をバックに入換開始。

P1000388.jpg
前回の冬場と違って真夏に行ったので機関車の窓は全開。

P1000406.jpg
DE10 3505と251の一瞬の並び。

P1000416.jpg
コキ100系列のコンテナを押し込み中。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

スイッチャー | 20:58:58 | Trackback(0) | Comments(0)
速星の謎貨車
P1000363.jpg
高山本線速星駅。
駅舎は高山本線JR西日本区間標準(?)の塗り分け。
今も有人駅、JR東海区間と違ってまだ有人駅が多いですね。

P1000371.jpg
跨線橋から見た岐阜方。
右に現役の日産化学側線があるほか左には農業倉庫と一般貨物用側線が残ってます。

P1000373.jpg
富山方は橋梁架け替え中で一部仮設線になってます。
左には日産化学のスイッチャーたちが見えます。

P1000368.jpg
専用線には機関車やJRコンテナ車のほかタキのタンク体を取り払ったアヤシゲな車両とコキ50000の番号を塗りつぶしたものがいます。
中央はコキ50000で前後の車両は化成品タンク車の再利用のようです。
手前の車両は台車がTR41Dでかなり短い車体。。
後ろの車両は台車がTR213かTR225辺りか?種車はタキ10700?さすがに遠過ぎて分かりません。
右奥の方にも同じような貨車がもう1台見えてます。


速星駅常備のタンク車は現役時代僅かながら撮ってますがこの中に種車となった型式がいるかどうか?
031016.jpg
タキ4200形タキ14291
東海道本線米原 2003(平成15)年10月16日

040115.jpg
タキ10700形タキ10729
東海道本線近江長岡~柏原 2004(平成16)年1月15日

030910.jpg
タキ8100形タキ8135、8136他(左の銀タキ)
大阪環状線(浪速貨物線)浪速(貨) 2003(平成15)年9月10日

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

スイッチャー | 22:24:14 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ