FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
名古屋鉄道瀬戸線小幡駅の貨物側線~その1~
名鉄瀬戸線は名古屋と瀬戸市をつなぐ路線ですが元は瀬戸電気鉄道で現在も他の名鉄線と接続が無いため独特の雰囲気があり近隣の人には今も「せとでん」の愛称で親しまれています。
磁器が瀬戸物と言われるだけあって焼き物の産地瀬戸市から瀬戸電による陶磁器輸送が盛んでしたが途中駅からも貨物輸送が行われていました。

P1070792.jpg
小幡駅はかつて近くの竜泉寺をイメージしたという味のある丸い駅舎が名物でしたが今は典型的な大都市近郊駅。
現在は名古屋市守山区で名古屋市バスも発着しますが貨物輸送が行われていた頃は守山市という別個の市でした。

obata.png
国土地理院の1948(昭和23)年米軍撮影空中写真より小幡駅付近を見た様子。
駅の南にかつては山田タイル(現・KYタイル)守山工場が存在し原材料の搬入や製品の搬出に使われていたとのこと。
貨物側線の入換機として電動貨車や電車改造電機も配置されていました。

obata-map.png
1943(昭和18)年当時の小幡駅配線図。
名古屋鉄道車両史 上巻(清水 武、田中 義人/著 アルファベータブックス/刊)掲載の名鉄線配線図を元に作成。
昭和30年代の写真を見ても駅東側の配線は変わっていなかった様子。
戦前の瀬戸電は軌道線で電車も大型ステップ付きの路面電車タイプで、電車は単行かサや貨車を1両を牽く程度のため旅客ホームも短いものでした。

P1070774.jpg
現在の小幡駅。今では乗降客も増え全列車が4両編成。
準急尾張瀬戸行4000系が止まっている辺りかその若干手前がかつての下り(尾張瀬戸方面)旅客ホーム末端と思われます。
留置線はその手前側(尾張瀬戸側)にありました。

P1070778.jpg
橋上駅舎上から尾張瀬戸方面を見た様子。
小幡~大森金城学院前は交通量の多い瀬戸街道(愛知県道15号名古屋多治見線)や国道302号線と交差するため高架化工事が進められていますが踏切の奥に留置線が分岐していた線形が残っています。
手前の自転車置き場辺りに1960(昭和35)年まではデキ31が留置されていたのでしょう。

P1070781.jpg
留置線分岐部。
貨物側線(引上線)は踏切を挟んで向かいの線路沿いに細長く続く駐車場(跡?)になっています。

P1070780.jpg
留置線跡を尾張瀬戸寄りから見た様子。
跡地はホームの延伸スペースや駐輪場に利用されています。

mei-deki31-1.gif  mei-deki31-2.gif
かつての小幡駅のヌシだったデキ30形31。
元は名古屋電気鉄道の1912(大正元)年名古屋電車製作所製168号型193号。
番号は以下のように変遷しています。
193→526→デシ526→デワ52(?)→デキ52→デキ31 1960(昭和35)年8月廃車
竹鼻線西笠松駅の側線入換に使われたデキ32とは同形式ですがパンタが中央に設けられていたり前照灯の位置が違ったりと微妙に形態に違いが出ていました。
本線系から瀬戸線に移ってきたのは戦後だったようです。

スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

貨物側線跡 | 23:33:54 | Trackback(0) | Comments(0)
福玉精麦布袋倉庫専用線(名古屋鉄道犬山線布袋駅)~その2~
布袋駅の専用線2回目

hotei_map1.jpg
1977(昭和52)年の空中写真では貨物側線はあるものの福玉精麦専用線は既に無くなっていたようで写っていません。
1967(昭和42)~1970(昭和45)年頃に無くなったようです。

hotei-map2.png
2008(平成20)年当時の配線から専用線があった頃の姿を推定。
1番線から分岐して倉庫沿いに続いていたものと思われます。

P1070695.jpg
新鵜沼方にある図中の①の倉庫。

P1070696.jpg
①の倉庫と線路の間のフェンスに囲まれたスペース・・・ここに側線が入っていたら荷卸しできそうですが有効長から見るとワム1車は入るかどうかくらいしかありません。1961(昭和36)年の空中写真で見てもどうも線路が入っているようには見えません。

P1070693.jpg
高架化で東口が福玉精麦倉庫の敷地間に割り込み駅前広場をつくっています。

P1070692.jpg
図中の③、④の倉庫。
裏手には上り待避線が接していましたが今は高架が近接して線路側は見ることができません。

IMG_9136.jpg
高架化前の様子。下りホームから上りホーム越しに③、④の倉庫を見た様子。
2008(平成20)年7月12日撮影

IMG_9177.jpg
③、④の倉庫は名古屋方面の待避線に接しておりここで荷降ろしすれば倉庫へ貨物を運び込むことも出来ますがその間待避線に普通列車が入れません。
待避線から⑤、⑥の倉庫に沿って専用線が分岐していたものと思われますがよくわからないところも。
⑥の倉庫は新しいので⑥の倉庫の位置まで線路があったものと想像しますが。
2008(平成20)年7月12日撮影

IMG_9172.jpg
貨物側線で廃車前提留置中の7019Fと上り待避線から発車して行く現役の7000系普通。
バックは⑥の倉庫。
2008(平成20)年7月12日撮影

hotei.png
愛知県の名鉄各駅の貨物取扱量データは愛知県統計年鑑(愛知県)で1950(昭和25)~1957(昭和32)年度のものしかありませんが福玉精麦布袋倉庫と専用線が開設された1954(昭和29)年度から到着量が伸びていることがわかります。

参考文献:
愛知県統計年鑑(愛知県)
明日への礎石 ~福玉の百年~(福玉精穀倉庫)

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 22:50:15 | Trackback(0) | Comments(0)
福玉精麦布袋倉庫専用線(名古屋鉄道犬山線布袋駅)~その1~
福玉精麦は布袋駅からも程近い五条川で明治時代から水車による精麦、精米、製麺を行っていたのがルーツで1951(昭和26)年より倉庫業を始めていました。
当時は名古屋港湾地区で慢性的に倉庫が不足していました。
と言って港湾部に倉庫を新設することが難しく内陸部の布袋へ倉庫を建設することになりました。
1954(昭和29)年6月に専用側線付き一号庫が完成。
以降1962(昭和37)年4月の7号倉庫完成まで拡張が続けられています。
政府食糧保管のための倉庫で船から陸揚げされた米や麦などの食糧を名古屋港から貨車で布袋まで輸送・保管していたようです。
この専用線は専用線一覧表では1967(昭和42)年版まで存在を確認しています。

布袋駅自体は元々隣の古知野駅(現・江南駅)より貨物取扱量は少なかったのですが1958(昭和33)、1959(昭和34)年頃に布袋駅へ貨物扱いを移したのか古知野駅の貨物扱いは早々と廃止されています。
布袋駅での貨物扱いは犬山線でも最後まで残り1983(昭和58)年度に廃止されています。

作業方法:社機
作業キロ:0.1km

hotei_map1.jpg
1977(昭和52)年の布袋駅。
専用線は廃止されていますが構内には貨物ホームや黒貨車の姿が見られます。

P1070699.jpg
高架工事中の布袋駅。
2019(平成31)年4月現在上り線のみが高架化完了し、引き続き下り線の高架化工事が進められています。

IMG_9139.jpg
高架化されて貨物扱い時の面影が消えた画像を上げるよりは面影の有った頃の画像を上げます。
1912(明治45)年に名古屋電気鉄道郡部線として開業した当時の駅舎が残っていた頃。
2008(平成16)年7月12日撮影

IMG_9176.jpg
入口には旧・名古屋電気鉄道の社章が彫刻されたアーチがあり地元からは駅舎保存の要望もありましたが残念ながら解体。
一部部材が保存されており地元で公開へ向け準備中とのこと。
2008(平成20)年7月12日撮影

IMG_9134.jpg
撮影当時は旧・貨物ヤードが廃車予定の車を疎開留置するのに使われていました。
前面の逆富士形表示板が外された7000系パノラマカーが並んでいました。
右は7019Fで左の編成番号は失念
2008(平成20)年7月12日撮影

IMG_9150.jpg
7019Fの左に貨物ホームがあったそうですが案の定駐車場にされていました。
2008(平成20)年7月12日撮影

IMG_6891.jpg
2005(平成17)年1月30日撮影
前日で引退した3色の5500系が連結されて留置中。

IMG_6893.jpg
2005(平成17)年1月30日撮影
奥の方に駅舎と構内踏切が見えます。
貨物側線は改札口前の構内踏切で分岐していました。
入換をされると上下ホームとも出入りができなくなってしまう形態・・・まあ貨車入換中であれば電車も発車できないのですが。

IMG_6897.jpg
貨物側線を名古屋方から見た様子。
2005(平成17)年1月30日撮影

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 22:43:41 | Trackback(0) | Comments(0)
未成線?服部商店古知野工場専用線?(名古屋鉄道犬山線古知野駅(現・江南駅))~その2~
名鉄犬山線江南駅の謎の専用線(?)2回目~。
kochino-map.jpg
探索前に国土地理院の空中写真から未成の専用線路盤らしきものが写った箇所をおさらい。

P1070843.jpg
古知野駅改め江南駅を新鵜沼方から見た様子。
「江南」と言う地名は昭和の大合併時にできた新しい名前で木曽川の南にあるということで木曽川を中国の揚子江に見立てて江南市としたそうです。
その江南駅構内から通過電車の放送が聞こえてきたので珍しいなと思ってカメラを構えたら名古屋市交通局鶴舞線3000形が回送されて来ました。

P1070845.jpg
赤い回送幕がどことなく優等列車じみて格好いいのでアップも~。
平日朝ラッシュ時は名古屋市交車による急行も走るのですが平日土休日とも昼間は名市交車の岩倉以遠に行く運用はありません。

P1070839.jpg
江南駅を出てすぐに北上してきた犬山線が北東方向へカーブする内側に分岐の跡があります。
中央やや右に見える2階建ての茶色い住宅だけが周りの家に対し斜めっています。
線路跡(?)を利用したためこのようなつくりになったようです。

P1070862.jpg
その斜めに建った家の裏からは線路跡(?)が道路になっています。
中央の街灯の左奥に見える住宅が上の写真の斜め住宅。
その後ろに見えるのは犬山線の架線柱。

P1070851.jpg
その先は特にどうという特徴もない住宅街の裏路地。
特に山も河川もないので隧道や橋梁、開渠の類さえもなく真っ直ぐ中央公園を目指しています。
用地境界標が無いかと見たものの住宅の基礎に取り込まれて刻印の見えないものがあっただけ。

P1070856.jpg
服部商店→興亜紡績→三鷹航空工業→興和紡績古知野工場跡の中央公園から専用線(?)の古知野駅(現・江南駅)方面を見た様子。

P1070855.jpg
工場入口・・・専用線ができていれば鉄道門が設けられたであろう付近から工場内方向を見た様子。
1918(大正7)年5月に操業開始した歴史のある織布、紡績工場でしたが1977(昭和52)年7月13日に閉鎖され中央公園、江南市文化会館、江南高校がつくられて今では工場があったような面影が見当たりません。
専用線は右にカーブして進行方向を東から南へと変えます。

P1070858.jpg
江南高校に突き当たって探索可能な区間は終わり。


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 22:35:18 | Trackback(0) | Comments(0)
未成線?服部商店古知野工場専用線?(名古屋鉄道犬山線古知野駅(現・江南駅))~その1~
国土地理院の航空写真で名鉄犬山線沿いを見ていくと江南駅(当時は古知野駅)から東の工場へ専用線のようなものが分岐しているのが見えます。
kochino-map.jpg
よく見ると実際に線路が敷設されている様子はなく路盤だけがあるようにも見えます。
専用線一覧で古知野駅は一度も登場しませんし名鉄ファンの間でも布袋駅の貨物が盛んだったのは聞いても古知野駅の名前が挙がったことはありません。

現在の地図に落としてみるとこんな感じ。

江南駅犬山方で東へ分岐して中央公園、江南高校に突っ込んでいくような路線配置です。

中央公園、江南高校の位置には1977(昭和52)年まで興和紡績古知野工場が存在しました。
この工場の歴史は古く服部商店(興服産業(興和冷蔵)専用線(名鉄名古屋本線堀田駅)でも出てきました)が1918(大正7)年5月に織布工場を設置、1937(昭和12)年には綿紡績兼営工場となっています。
戦時中には社名が興亜紡績となっていましたが中島飛行機傘下に組み入れられ同系列の三鷹航空工業へ工場が貸与されました。古知野工場は戦災に遭うことなく1946(昭和21)年2月に興亜紡績から名前を変えた興和紡績へ返還され元の綿紡績織布工場へ復元されました。
専用線が敷設された、または敷設しようとしたという記述は名鉄、興和紡績側双方の記録を当ってみたものの見付けられていませんが輸出用の綿糸、綿織物製品が多かったようなので原料の原綿や工場動力の石炭搬入、製品の綿糸。綿織物搬出用に計画、建設が進められたものと思われます。
初代名古屋鉄道線内の貨物が増え1924(大正13)年にはデキ100を製造していますが専用線敷設、中止時期はそれ以降大正末から昭和初期くらいと思われます。
未成に終わったのは急激に工場の業績が悪化したか電鉄側との交渉が不調に終わったかと思いますがその頃の日本経済は確かに何度も恐慌に襲われています。

P1070865.jpg
古知野駅改め江南駅。
愛知県江南市の代表駅で普通から空港特急ミュースカイまで全旅客列車が停車します。
江南市は1954(昭和29)年6月1日に古知野町、布袋町、宮田町、草井村が合併して発足していますが古知野駅が江南駅になったのは27年も後の1981(昭和56)年11月10日。
現在は改札口が地下道内で地上は島式ホーム1面2線の素っ気ないもの。

P1070868.jpg
江南駅名古屋方。
犬山線の前後が急カーブして見通しの悪い駅です。

P1070870.jpg
ホーム名古屋寄りから新鵜沼方を見た様子。
今は渡り線もなく折り返しも出来ない配線ですがかつては相対式ホームで上り方向は待避線、下り方向には貨物側線、貨物ホームもある大きな駅だった様子。

P1070869.jpg
現在のホームから下り線を挟んでかつて相対式だった頃の下りホーム、貨物ホームの残骸が残っています。

P1070866.jpg
江南駅新鵜沼方。
5000系準急新可児行が発車。
紡績工場専用線らしきものはこの先で右へ分岐していました。

参考文献:
名古屋鉄道百年史(名古屋鉄道)
興和百年社史(興和紡績)

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 23:42:21 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ