■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
別府鉄道キハ2修復プロジェクト
クラウドファンディングで別府鉄道キハ2の修復資金募集を行っています。
日本最古の機械式気動車 旧別府鉄道車両キハ2号を永久保存へ!!
元・三岐鉄道のキハということもあり応援の意味を込めて臨時UPします~。
募集期限は2017(平成29)年6月28日23:00までとなるので応援してもいいよと言う方はよろしくお願いします。

代燃車になったり、戦車のエンジンを載せたりと昭和史を体現した貴重な生き証人。残したいものです。

img059.jpg
別府鉄道野口線円長寺駅跡付近に保存のキハ2。
この写真を撮った13年前はまだ大部分の窓枠が原形をとどめていたが・・・
2004(平成16)年8月19日撮影

●三岐鉄道キハ5→別府鉄道キハ2
三岐鉄道が1931(昭和6)年の開業に向けて日本車輌で新製したガソリンカー5両キハ1~5の末っ子キハ5でした。
戦時中の燃料統制下では代燃装置を積んでガソリン代燃併用車となります。
キハ2のチャームポイントともいえる前後の荷物バケットは代燃ガス発生装置を搭載するためのスペースでもあったようです。
1951(昭和26)年には終戦で不要となっていた旧陸軍の戦車用ディーゼルエンジン相模N-80を搭載してディーゼルカーに変わっています。エンジンはさらに日野DA-55へ交換されます。

sangi-dc5.gif
三岐鉄道キハ5

三岐鉄道が直流電化された後も当時非電化の関西本線乗り入れ四日市駅直通列車に使われていましたがこの乗入運転が1964(昭和39)年5月に廃止されると不要になり翌1965(昭和40)年1月廃車、別府鉄道に譲渡されキハ2(二代目)となり1984(昭和59)年2月1日の同鉄道廃止まで野口線で使用されました。

befu-dc2.png
別府鉄道キハ2



スポンサーサイト
廃線跡(一般鉄道) | 22:47:37 | Trackback(0) | Comments(0)
那珂川の岩崎レール工業モーターカー
国道19号のガソリンスタンド前にいたモーターカー。
現役時どこの営林署にいたのかも分からず、現役時代の林鉄の写真でも全く見かけません。

長野営林局?営林署 番号不明
製造:岩崎レール工業
購入年:不明
自 重:不明
局型式:不明

DSC_1365_201705212238041ee.jpg
赤沢自然休養林のNo.64や王滝の松原運動公園にいるNo.65と基本的に同型ですが、側面に扉がある点が異なります。
この扉は下半分はオリジナル、上半分は改造で付け足したものではないかと思われます。
東京局千頭署の千頭森林鉄道では扉上部が防水シート張りになっている同型車の写真が見られます。

DSC_1366_20170521223806fd9.jpg
窓が開けられないようですが夏場はドアを取っ払って他のモーターカーと同じような開放状態で使ったのでしょうか?
そう言えば王滝署モーターカーNo.74もHゴム固定で窓が一切開きませんでしたね。

DSC_3804.jpg
野尻で保存されていた頃。国道19号線沿いに保存されていたので見覚えのある方も多いのでは?

DSC_3806.jpg
後ろには上松運輸営林署の制動車の制6号がいました。
制動車としては最も現役時代に近い塗装で雨ざらしの割にさほど荒れてもいなかったのですがこちらは解体してしまったとのこと。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(長野営林局) | 19:46:02 | Trackback(0) | Comments(0)
那珂川の秋田営林局能代営林署番号不明機
秋田営林局能代営林署所属機だったとのことから旧・仁鮒森林鉄道の機関車と思われます。
秋田営林局はディーゼル機関車はD~、ガソリン機関車はG~というように付番されていましたがこの機関車がD何号かは不明。

秋田営林局能代営林署D?
製造:酒井工作所
購入年:1960(昭和35)年 ※那珂川清流鉄道保存会公式ページでは1958(昭和33)年製造となっている。
自 重:4.8t

DSC_1418.jpg
正面3枚窓は本来Hゴム押さえですが那珂川では黒縁のアクリル板?で似せた様子。
秋田局の運材貨車は貫通エアーブレーキでなく自動ブレーキを使用していたため機関車にもエアコンプレッサを覆うカバーの出っ張りがありません。
秋田時代の塗装の緑一色としたようですが現役時はもっと暗いダークグリーンだった様子。

DSC_1421.jpg
前部の点検カバー下部手前側に見える穴は排気口。
大概の場合L字型機関車の排気口はフード上部に立ち上がっていますが秋田営林局では下から排気させるのを好んだようです。
排気筒を上に向けると雨水が侵入してエンジンを痛めるためその対策と思われます。
真室川の元・仁別森林鉄道D40も鋳物台枠側面に穴をあけて排気口を設けていました。
鋳物台枠は長野営林局王滝営林署No.76と同タイプ。

DSC_0087.jpg
真室川梅里苑で動態保存の秋田営林局秋田営林署仁別森林鉄道D40。前輪の軸受左に見える穴が排気口。

DSC_1422.jpg
背面はサイズが合う窓が無かったためかやたらとサイズが小さくなっています。
ヘッドライトは角型になってますがこれは秋田で保存されていた頃から四角いものになっていたのを踏襲したものと思われます。
そう言えば最近専用線のスイッチャーで前照灯がこのような角型ライトに変わる例が多いですね。

能代営林署と言うと秋田市の仁別森林博物館で保存されているD29(1955(昭和30)年 酒井工作所製8t機)の僚車だったのでしょう。
DSC_0124_20170520233013e26.jpg
仁別森林博物館で静態保存されている秋田営林局能代営林署D29


林野庁映像アーカイブスで仁鮒森林鉄道の酒井4.8~5t機が写っている箇所があります。
本機かどうかはわかりませんが秋田局の林鉄動画は貴重ですね。

●枕木のうた(秋田営林局1970(昭和45)年3月製作)

仁鮒森林鉄道廃止を記念して製作されたようです。
酒井のほか蒸機や仁鮒オリジナル加藤が各所で出てきます。
一方で木曽の映像がかなり混入しており誤解を招きそうな箇所も・・・。
・酒井機(01:09~02:18、10:19~12:07、12:57~13:51、14:58~15:03)
・加藤機(19:58~22:46 1969(昭和44)年11月29日最終運材列車)
・協三機(14:41~14:49 保線さんの後ろをちょっとかすめるだけ)
その他林鉄車両の映像、静止画像多数。
※混入してる木曽の映像~これはこれで貴重。他にもあるかも~
・王滝・小川森林鉄道(07:57~08:09、08:44~08:49、09:00~09:05 ボールドウィンなど、上松貯木場で撮影か?)
・阿寺、柿其森林鉄道運材貨車(09:09~09:22 野尻式自動連結器を装備した貨車)
・王滝・小川森林鉄道(09:23~09:31 ボールドウィン蒸機など)
・王滝・小川森林鉄道(15:07~15:11 No.98 or 99、試作箱型5t機No.108など、上松の機関庫で撮影)

●能代の筏(秋田営林局製作)

1964(昭和39)年度を最後に廃止された米代川の流送のカラー映像という超貴重記録。
流送の筏が主題ですが、密接に関係していた仁鮒森林鉄道がちょいちょい登場します。
酒井の後には仁鮒林鉄→米代川流送への水陸連絡の風景が余すところなく写されており林鉄・林業ファン必見です。
仁鮒オリジナル改造の加藤が牽く運材列車も見逃せません。
・酒井機(01:38~01:56 仁鮒貯木場)
・加藤機(11:53~12:49)


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(青森、秋田営林局) | 00:03:19 | Trackback(0) | Comments(0)
東野鉄道箒川橋梁跡
那珂川清流鉄道~番外編 最寄りの鉄道跡~
那珂川清流鉄道保存会の最寄り駅は烏山ですが、それより近い駅がありました。
東野鉄道那須小川駅(現在の那珂川町立小川中学校の位置)です。

東野鉄道は1918(大正7)年に西那須野~黒羽13.1kmが開業、常陸大子を目指し延伸を進め1924(大正13)年黒羽~那須小川11.3kmを延伸しています。
間には那珂川の支流箒川を跨ぐ長大橋梁がありました。
那須小川より先の工事は進まず黒羽~那須小川の区間は存在意義が薄れてしまい、箒川橋梁も1938(昭和13)年夏の水害で破損、何とか復旧させたものの1939(昭和14)年6月1日に廃止されています。

DSC_1565 (37)
那須小川駅から延びる廃線跡の道を北へ進むと国道294号線バイパスができておりそのまま箒川を渡ります。
新箒橋 橋長179.5m、幅14.5m5連桁の橋で今年2月26日に開通したそうな。
廃線跡は一足間に合わず潰されてしまったのか?(・ ・;)

DSC_1565 (38)
反対側は箒川の広い河川敷に山科の大カーブのような巨大築堤。

DSC_1565 (40)
すぐ横に那須小川方(右岸)橋台が残ってました!
右岸は切り立った崖になっており両岸の高低差が大きいです。
鉄道現役時は那須小川方に掘割区間を設け橋高を抑えていたようですが今は畑になって埋められています。
それにしても橋台の幅が広く2車線道路の橋梁跡かと思えそうなほど。
架かっていたのはトラス桁だったのでしょうか。
ごつい橋梁ですが2軸ガソリンカーか蒸機の貨客混合列車程度しか走ってないはず。

DSC_1565 (39)
箒川の流れの中に残る橋脚基部。

DSC_1565 (42)
西那須野方(左岸)の橋台・・・ひょっとすると左岸河川敷区間は築堤になっていてこの橋台は架道橋の橋台に過ぎないのかも知れませんが。

DSC_1565 (46)
橋台の下まで行って見ました。
こちらは標準的な単線鉄道幅、載せられる桁の厚みを考えるとIビーム桁が架かっていたのか。

DSC_1565 (43)
箒川橋梁跡から箒川沿いに那須の山々へ延びる高圧線鉄塔の列が見事だったのでつい一枚。

東野鉄道西那須野~黒羽は1968(昭和43)年12月16日廃止まで残ります。
地味な鉄道ながら蒸機は朴訥な坂東武者と言う感じのボールドウィン1,2号機(元・播但L2→山陽→国鉄200)が昭和30年代まで生き残り、非電化私鉄では有り勝ちな元国鉄キハ04のほかキハ04の側面にキハ07の前面を持つ旧・五日市鉄道のキハ501や津軽鉄道からやって来た箱型ロッド駆動ディーゼル機関車DC20などアヤシゲな車両がいました。
toya-dc501.gif
キハ501 1936(昭和11)年新潟鉄工所製 五日市キハ501→南武→国鉄→東野

toya-dc201.gif
DC201 1952(昭和27)年新潟鐵工所製20t機 津軽DC201→東野

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

廃線跡(一般鉄道) | 22:12:58 | Trackback(0) | Comments(0)
那珂川の長野営林局上松運輸営林署No.133
一般で目にすることができる唯一の動態の酒井C4。
今回は動いてるところは見られませんでしたがまた見に行きたいところですね。

長野営林局上松運輸営林署No.133
製造:酒井工作所
購入年:1961(昭和36)年
自 重:10t
局形式:DBT10

王滝、小川森林鉄道1級線で活躍した最大級の10tディーゼル機関車。
トルクコンバータ装備なので局型式は国鉄形式と同じDBにTが付加されてます。
局形式よりは酒井工作所のメーカー形式C4の方が知られています。

DSC_1404_201705182148348de.jpg
キャブフォワード型なので前位(上松方)は湘南フェイスのこちら側。
運転席もこちらを向いています。
現在の塗装はC4現役時に近いですが本来は端梁が真っ黒なのでライトなイメージに。
なお現役末期のNo.133はクリーム部分をグレーに塗って異彩を放っていました。

DSC_1407.jpg
那珂川では向かって左一灯だった尾灯がなぜか右側にも増設されています。
No.133は1975(昭和50)年5月30日の王滝森林鉄道「さようなら林鉄」記念式典でボールドウィン1号機と重連でB客3両を牽いて上松~田島を往復。最後に鬼淵鉄橋を渡り上松構内へ入線するときはボールドウィンを先頭にして王滝本線の最後を飾りました。
なお廃車時期は王滝本線廃止時なのか翌年の鯎川線廃止時なのかは分かりません。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(長野営林局) | 22:29:26 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ